専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

ビン火入れ

IMG_20170317_114457.jpg

昨日の話の続きみたいになりますが、純米大吟醸の無濾過生原酒を出荷したのはいいんですけど、生酒があるってことは火入れしたお酒もあるってことであって、生酒として出荷した以外の分は加熱殺菌して今後の販売のために貯蔵しておくってことになるわけで、その火入れ作業を2日がかりで先日行いました。

ちなみに、『無濾過生原酒』っていうは、もろみから搾ったお酒をそのまま濾過せずに、加熱殺菌せずに、加水調整せずに製品にしたっていうことを意味していて、まぁ言うなれば搾ったままのお酒っていう意味で、通常は製品としての安定性を考慮して1回または2回の加熱殺菌処理(火入れ)が施されているんです。

純米大吟醸の無濾過生原酒を商品化したのは昨年からで、おかげ様で今年も少量ですが出荷が完了しています。で、そこで出荷しなかった分は、これは例年のことになりますが、生酒の状態でビンに詰めてあるものを、『ビン火入れ』と言ってビン自体を湯煎するような方法で加熱して殺菌を行うんです。

これが結構大変な仕事で、ビン火入れ専用のラインをお持ちのお蔵さんはもう少し楽なんでしょうけど、読んで字のごとく本当に湯煎しているような長生社みたいな蔵では、皆さんかなりの労力をかけてやっておられるんだと思います。鶴は大吟醸だけがビン火入れですが、もっとたくさんやろうと思えば、とても今のシステムじゃ無理でしょうね(汗)。

ま、システムなんて言っても単純なもので、上の写真がその全てです(笑)。これも例年ご紹介していますからもうお分かりかもしれませんが、奥に見える2つの銀色の大きなタライで徐々に温度を上げて、手間のブルーの大きなコンテナで最終的な温度まで上げるっていう3段階でやってます。いきなり温度を上げるとビンが簡単に割れちゃいますから、その辺は工夫が必要です。

1升ビンと4合ビン合わせて2000本にもいかない数ですが、準備から片付けまでで2日間かかりましたね。お酒の移動が全て手作業で、以前にこの仕事の翌日にギックリ腰になった経験を持つ私は、極力重たい仕事を避けて蔵の若手にやってもらいました(笑)。商品としての出荷はずっと先になりますが、低温で貯蔵してどう熟成してくれるか楽しみです。


□□□ 65℃くらいまで温度を上げます □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

鶴チュー

IMG_20170318_224250.jpg

『鶴チュー』という言葉を生んだ元祖とも言える横浜の鶴チューS君。初めのうちは長生社に信濃鶴を買いに来るために駒ケ根まで遊びに来ていたものの、そのうちに毎週遊びに来るようになり、そのベースキャンプ地は当然の様に居酒屋『越百(こすも)』になり、もう何年も駒ケ根通いを続けています。一体どれくらいになるのかなぁ・・・。

ちなみに、『鶴チュー』という言葉を一番初めに生み出したのは仙台のサンセールさんだと思います(笑)。サンセールさん自身が鶴チューになって、仙台でフンガフンガと鼻息荒く鶴を売ってくれたのはもう10年くらい前になるはずですが、その頃から駒ケ根通いをしてるんじゃないかと思いますね。

かつて私にまだ体力があった頃には、冬の造り期間でも夜中の仕事中に蔵を抜け出して越百まで彼と飲むために出掛けたものでしたが、もうこの歳になるととてもそんな余裕はなくて(涙)、冬の間はほとんど会えなくなりました。蔵に顔を出してくれたこともあったみたいですが、私が中で仕事をしていてなかなか顔も見られません。

そんなS君が今晩遊びに来るっていう情報を女房が越百のえっちゃんから聞いて、仕込みが終わって体力回復傾向にある私も久し振りに一緒に飲もうと出かけてきました・・・と言うより、駒ケ根に着いたらその足で我が家まで迎えに来てもらって、連れ去ってもらったって感じですけどね(笑)。

今回の来駒はえっちゃんのパソコンを修理するためっていう目的らしいですが、そんなことは後回しにして、とにかく久し振りの乾杯をしました。前日に出荷を始めたばかりの鶴の大吟醸無濾過生原酒をえっちゃんが強引に飲ませて(笑)、みんなでこれまでとは少し違った鶴の純米大吟醸の味を堪能しました。

・・・っていうことで、今日のブログの一番の主旨は『信濃鶴・純米大吟醸・無濾過生原酒』が発売になったってことです(笑)。自分で毎日ブログを書いてるのに、新商品のリリース等の情報発信をほとんどしてないバカタレですが、たまにはやっておかないとこのブログのレゾンデートルが危ういぞと・・・(汗)。


□□□ そろそろ2位になるかな □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

マムシ(つづき)

IMG_20170318_081358.jpg

閲覧注意写真の2枚目です・・・昨日に引き続き、やっぱりもう遅いか(笑)。「あなた、そんな写真ブログに載っけるんじゃないでしょうね。止めときなさいよ、そんなグロいの」と女房にも言われましたが、状況を説明するのには写真を使う方が分かり易いってことで、遠慮なくいっときますが、平に平にご容赦くださいマセ。

当然、本当はもっと大きな写真なんですけど、皆さんを不快にさせるのがこのブログの目的じゃありませんから、元の写真をパソコンの画面で縮小して、更にそれを写真に写すっていう手間をかけました。この努力を買っていただいて、見て見ぬふりをしていただければ幸いです(笑)。

みっともない写真で申し訳ありませんが、私の右足首の内側です。今でこそ足首の形をしてますが、負傷直後はパンパンに腫れ上がってどこの写真か分からなかったでしょうね(笑)。翌日にはご覧の様に内出血がひどくなって紫色になってきました。これは、負傷後5日目ですが、かなり良くなってきた状態です。

仕込みも終わって時間ができたもんだから、これまでやろうと思ってできなかったことに手を付けてるんですけど、気が抜けた証拠なのか不可抗力なのか、こんなことになっちゃいました(汗)。ちょっと高い所から降りる時に、足を下す場所に迷って、踏み台にしていた箱の角にぶつかったっていう感じだったんですけどね。

でもね、見てくれよりは全然痛みはないんですよ。捻挫したってわけでもないですから、歩くのもしゃがむのも問題ありませんし、ただ打ち身として痛いっていうだけです。腫れてるうちは長靴をはくときつくて痛かったですが、そんなの数日のことで、もっと大袈裟にアピールして仕事を休んでりゃよかったと後悔してるくらい(笑)。

で、「そんな所にはマムシの焼酎を湿布すれば効くんじゃないの」っていう昨日の話につながるわけです(笑)。その晩に湿布して事なきを得ましたから、私とすると「やっぱり効果てきめんだ」と言いたいわけですが、主治医の鍼灸師E君に話したら「あんなの使っても使わなくても大して変わんないよ」とのことで、この記事に込める思いも半分しぼんでしまったような次第・・・(涙)。


□□□ 飲み助さん復活しましたね □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

マムシ

IMG_20170315_213837.jpg

今日の写真は閲覧注意です・・・って、もう遅いか(汗)。なるべくグロくならないように、ちょっと遠目から撮ってみましたが、分かる人にはすぐに分かっちゃう構図でしょう。ハチュウルイ系が苦手な読者の皆様にはまことに申し訳なく、平に平にご容赦願いたく御願い申し上げます(笑)。

で、中に入っているのがマムシです。信州の私達の周りにいるヘビとしては唯一毒があると言われているヘビですね。背中に銭形が並んでいて、見たら一発で分かるデザインだと思います。噛まれたら1時間以内に血清を打たないと死んじゃうって聞きますが、マムシに噛まれて亡くなった人の話はあまり聞いたことはありませんけどね。

そんで、この液体は何なのかっていうと、マムシを焼酎に浸けたマムシの焼酎とでも言えばいい代物ですが、これを飲むっていうわけじゃなくって、言うなれば湿布薬として使うための田舎の民間薬みたいなもんです。古いご家庭になら当たり前に置いてあると言ってもいいくらいスタンダードな常備薬なんですけどね。

若いご家庭やら、都会のご家庭ではとても信じられないゲテモノかもしれませんけど(笑)、田舎でのマムシの焼酎の信者は多くて、打ち身や捻挫にはとても高い効果があると私も信じてます。マムシの身体の何にその薬効があるのかは分かりませんが、昔から部活で足をくじいたなんていうとおふくろが湿布してくれたもんです。

効果は高いんだけど、臭いんだな、これが(汗)。何と言ったらいいのか・・・何とも言えない臭いがあるんです(笑)。そして、一度付くとなかなかとれないもんだから、それが一番の問題点かもしれません。一晩湿布しておいたら、その後24時間は臭うでしょうね。でもでも、効果はてきめんで、痛さと臭さを天秤にかけたら臭さはどーでもいーってことになるわけです。

なんでこんなもの引っ張り出してきたかってところまで話が行きませんでしたが、コイツの世話にならなきゃいけない事態が起きたってことです(汗)。麹室に入っている時期だったら使えなかったかもしれませんが、その辺の仕事がなくなっていてよかったです。私の負傷記についてはまた明日(笑)。


□□□ 久し振りに使いました □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

パッキン

IMG_20170314_084626.jpg

蔵の中ではいろんな機械が動いています。大きな物も小さなものも、複雑な物も単純な物も、ハイテクな物もローテクな物もありますが、どんな物にも小さくて細かな部品がどこかにあって、そういう部分のメンテナンスが案外大きな影響を機械全体に及ぼしている場合があるんですよね。

私も蔵に入って、お酒造りも当然勉強しましたが、機械類の扱い方やメンテナンスについても大いに勉強させられましたね。ちょっと壊れた部分くらいは自分で修理できないと困りますから、高校や大学の機械科みたいなところでもう一度勉強してみたいもんだと思うくらいに、これまでもいろいろ苦労してやってきました。

それでもまだまだよく知らないことはあるわけで、先日、タンクを洗う時に使っている洗浄機のホースのつなぎ目部分から水が漏れるってことでいろいろとやってみたんですけど、どうにも上手く止まってくれません(汗)。四苦八苦していると、蔵に一番長くいる頭(かしら)が「前はそこにパッキンが入ってたんだがなぁ」とひと言。

私とすると、そんなところにパッキンが入るとは思ってもいなかった部分なもんだから全く別の処置を試みていたわけで、急いでホームセンターまで行って頃合いの物を買ってきました。バッチリ合う物なんてありませんから、それなりにサイズと形状の近い物をゲットしたんですけど、はめてみたら実に調子良く症状は改善しました。

本当に小さなパーツですが、これまでの苦労は何だったのかと思う程にあっけない解決でした(笑)。まだまだ勉強不足だと思いつつ、こういうちょっとしたメンテを常々心掛けていれば、蔵の中の機械類の寿命も長くなるし、気持ちよく使えるようになるんだろうと感じたような次第。

ちなみに、このゴムの小さな輪っかですが、たった4つ入って180円という意外にいいお値段でした(汗)。こんな風に小分けにすること自体が手間なんでしょうが、安売りを前面に押し出しているホームセンターも、実はこういう細かな所で儲けてらっしゃるんじゃないかと勘ぐったりしてね(笑)。


□□□ 2位の飲兵衛さんが追い上げてきてます □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

FC2Ad