専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

鶴粕商談

IMG_0173.jpg

先日、県内の大手スーパーさんの営業本部まで、今年の酒粕の納入について商談に行ってきました。酒粕もかつてほどは売れなくなって、最終的に売り切れないなんていう年もあるんですけど、長生社ではとりあえずここのところそういう事態に陥らずに済んでいて、今年も何とか完売を目指して頑張っていこうと思ってます。

このスーパーさんは長生社の酒粕の最大取引相手ですから、とにかく一番最初に数量や価格等の交渉をさせていただいてますが、しばらく前から県内の店舗全体での酒粕売上げは低落傾向のようで、そんな中でここ数年は持ち直しの動きもあって、とりあえず鶴粕は前年同様には扱っていただけるようになりそうでホッとしてます。

でも、商材の仕入れ担当の方とお話をしていると、相当の店舗数に相当の量の野菜から始まる全ての商品をソツなく並べるってことは大変な仕事なんですよね。その方にとっては休日返上の命をかけた大仕事なんですけど、その苦労話を聞かせてもらっていると、失礼ですがこっちとすると面白くて仕方ないって感じです(笑)。

新聞の折り込みチラシも原案は2~3週間前には決まっているそうですが、生鮮野菜なんかはそれ以降の長雨やら気温の変動で入荷量が激減してしまうこともあるそうで、そうなるとその対応にはとても苦慮することになるとのこと。生き物相手ですから仕方のないことだとは言え、一度広告に載せてしまっているわけですから、どこかの前事務次官じゃありませんけど、なかったことにはできないわけです(笑)。

ある梅の産地と契約して、ある時期に発売をかけようと計画していたところ、気温が上がらなくて田植え作業が遅れたっていう理由で梅の収穫が全然できていなくて、首が飛ぶかと思ったなんて話もしてくれましたが、何十店舗もあるお店全てが困るわけですから、その責任たるや胃に穴が開くくらいになっちゃうんじゃないですかね。

ですから、「ハッキリ言って、酒粕の仕入れなんて片手間です」と笑い飛ばすほど、一度予定を組んでしまえば後は計画通りに間違いなく入荷する酒粕は気楽なんだそうです。こちらとすれば、かなりの量の袋詰め作業を日程内に終わらせなくっちゃなりませんから気を抜いてられませんが、仕入担当者に気苦労をかけないように仕事しなくっちゃなりませんね。


□□□ 地元にどれくらい売れるかな □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

酒粕の活用法

漬物だけじゃなくて、他に使えるように提案するか、そもそも長生社さんで別商品にして販売するっていうのも考えたほうが良いのでは?

栃木のとあるお蔵さんでは、粕漬け自体を蔵で漬けて販売している所があったりしますので、このあたりならすぐにでもできそうですし、大手さんでは化粧水や石鹸にしているところもありますし、活用方法はいろいろありそうですけどね。

あとは酒粕ジャムなんてのもありますので、レシピをおまけにつけるとか、まわりの企業さんとコラボして製造するとか夢は広がりそうですが(笑)

  • 2017/06/23(金) 08:54:03 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

優位

命がけの大仕事の苦労ばなしを面白がってて良いのでしょうか?(笑)
なんとなくですが、その仕入れ担当の方は胃に穴が開くような、
繊細さが感じられないタイプなのかな?
違ってたら、ご本人に失礼ですけど。(^^ゞ

仕入れ担当としては売れる商材は逃したくないでしょうし、
その点、鶴の酒粕は地元産の美山錦だけを使った純米の酒粕ですから、
他に比べて優位性は高いと思います。

  • 2017/06/23(金) 12:33:27 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 酒粕の活用法

別商品を作るとなると、それはそれでハードルが高いのかも・・・。
大量の漬物を漬けるのって実は大変な仕事なんじゃないかと思うんですけどね(汗)。
石鹸なんかは作った後の取り扱いは楽そうですが・・・。
それにしても、ZENさんにはいろいろとアイディアが豊富ですよねぇ(笑)。

  • 2017/06/23(金) 17:43:05 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 優位

命がけの仕事って、それはそれでドラマにあふれてるんですよねぇ(笑)。
仕入れ担当の人は繊細って感じでもありませんが、日々疲れてるって感じです(汗)。
一緒に飲んで元気付けたくなっちゃいましたよ(笑)。
仕入れた商品を想定期間内に売り切るってことがひとつの目標みたいですね。

  • 2017/06/23(金) 17:45:17 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/4052-4035ebb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad