専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

鑑評会



年に一度の大イベントである全国新酒鑑評会の技術研究会に参加して、今はもう帰りの新幹線の中です。「サヨナラ広島。また来年・・・」って、なんとも物悲しい気分ですが(笑)、これで鑑評会に関する一連のアレヤコレヤは終了ですね。結果はイマイチでしたが、少しホッとした心持ちであることも事実でしょうか。

決して悪い酒じゃなかったですよ、信濃鶴も(笑)。どういう方向に持っていこうか考えて、そうあるべきと思われる方策を採って、努力して造り上げたんですから、何も悔いはありません。原料が美山錦で純米スペックっていうことが大きな壁になっていることも事実ですが、それが地元の為の酒造りってことですから、決して負い目には感じませんね。

ただし、これまでの鶴とは多少なりとも毛色が変わった部分もありますから、「鶴らしくない?」っていう友人達の声もありましたけど、私とすれば舵の切り方がよく分かった造りでしたし、とてもいい勉強ができて、ノウハウもある程度得ることができて良かったと思ってます。その結果がどうなるのかも、今回検証できましたしね。

全国的な傾向とすると、やっぱり福島、宮城っていう東北勢が強くて、金賞のゲット率も相当に高いです。いつになったら、この風向きが変わってくるのか分かりませんが、同じ傾向は飽きられるのが世の常ですから(笑)、あまり今現在の王道ばかりを追うのも危ないかもしれませんね。気を抜かずに精進することが必要でしょう。

私としてとても嬉しいのが、純米による出品がとても多くなってきたことでしょうか。信濃鶴が純米スペックで出品を始めた頃には、ほんの数点しかなかったと思われたんですけど、今年なんか何十点て数になってきてますから、必ずや純米の流れも陽の目を見る時が来るだろうと、万感の思いで目頭が熱くなる思いです(ウソ)。

今年は、いつもより参加者が少なく感じましたね。お酒を利くラインに並んで待つ時間がもったいなくて、立ちながらブログでも書こうかと思ってたんですけど、それほど待ち時間もなくて、効率良く利き酒できましたよ。それでも、回れたのは全体の3分の2程度でしょうか。人気の県のお酒がなくなるなんてこともなかったようですが、年々体力の衰えを感じさせられる会場ではあります(笑)。


□□□ 長い時間の利き酒は疲れます □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

最近は

何年か前の仙禽さんみたいに、変わったスペックで出品するところが増えてきましたよね。
流石に生もととか樽仕込みってのは無さそうですけど(笑)

以前は「飲んで美味しい大吟醸はダメ」みたいな風潮がありましたが、最近ではそういうことも無いとか?
まぁ、一介の飲み手とすれば、飲んで美味しいお酒が評価されないというのは不思議でしょうがなかったんで、それが本当なら良いことなんじゃないかな、と思います(笑)

  • 2017/05/26(金) 08:47:14 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

全国新酒鑑評会

≪原料が美山錦で純米スペックっていうことが大きな壁になっていることも事実ですが≫
同じ品種の米を原料として、同じタイプの酒(鑑評会の場合は飲んで美味いというよりも、香りがよくてクセ(個性・特徴など)がない酒が選ばれる傾向は変わっていないようですね。
最近の市場では、すでにアル添の吟醸酒は減少傾向で、純米吟醸酒は着実に増えています。
全国新酒鑑評会という、日本酒業界にとっては一大イヴェントのはずの催しが、日本酒を本来の姿(アルコール添加酒 ⇒ 純米酒)に戻そうとする業界の努力(消費者もそれを望んでいる)の足を引っ張るという、異様な姿ではないでしょうか。
主催者の酒類総合研究所とすれば、対外的には最大で、固定収入源ともなっているこの催しを簡単には止められないのでしょうが、少なくとも日本酒業界の足を引っ張ることは、いい加減に止めるべきだと思っています。

  • 2017/05/26(金) 10:02:39 |
  • URL |
  • 酒ひろし #-
  • [ 編集 ]

頼もしい

金賞は逃しましたけど、
「何も悔いはありません」という岳志さんの言葉は頼もしく感じます。
新しい試みが身に付くことで、もっと良いお酒ができるのを信じて、
来年こそ【金賞】の栄冠を勝ち取ってください!
地元の米を使ったり純米にこだわる姿勢が、
もっと鑑評会で評価されるようになるといいのにと思います。

  • 2017/05/26(金) 12:25:29 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 最近は

自分の蔵らしい味を追求することが大切だと思います。
その流れの中で金賞が取れればベストなわけです。
誰が飲んでも美味しい味っていうのは難しいです。
その蔵のこだわりがいい味になってくれるのがいいんですけどね。

  • 2017/05/26(金) 14:29:50 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 全国新酒鑑評会

酒ひろしさんとしてはひと言もふた言もおっしゃりたいところがおありでしょう。
基本的には悪いところがないものの方が成績は安定しますね。
純米だと特徴というかクセというかが出やすいですから、金賞率は下がる傾向だと思います。
でも、ここ数年でドンドンと純米での出品が増えてますから、主催者側としても黙ってるわけにはいかないんじゃないかと思うんですけどねぇ・・・。

  • 2017/05/26(金) 14:32:55 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 頼もしい

今年の吟醸造りはやることはやれた気がして清々しい気分なんですよ(笑)。
思うようにはいかなかったことだってありましたが、そこも含めて満足してます。
純米化の傾向はますます強まってくるんじゃないかと思ってます。
純米吟醸の部みたいなのができると、鶴の金賞可能性も上がると思うんですけどねぇ(笑)。

  • 2017/05/26(金) 14:47:49 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/4024-6ea9c9d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad