専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

ネコ

IMG_0113.jpg

無防備なヤツである(笑)。2階の物干し場に上る階段の途中で、実に気持ち良さそうにお昼寝をしていたのである。こんなの相当接写していて、本当に目の前にいるくらいの場所で撮った写真なのに、気付いているのかいないのか、微動だにせず寝続けた、とても野良とは思えない図太いヤツである。

もしかしたら野良じゃないのかもしれませんけど、長生社の蔵の周りを歩く姿はそれほど高貴じゃありません(笑)。よく目にする数匹のうちの1匹ですが、通常それほど私達を寄せ付けることはありませんし、いつもはもうちょっと用心深いんですけどね・・・コイツの名誉のために言っておきますが。

かつて、蔵の中に過去の遺物的な道具やら布やらが散乱していた時代には、どこぞの物陰にネコがいてもおかしくなかったくらいでしたが、今では蔵の中にまで入ってくることはないですね。蔵の周りをうろついてくれるとネズミがいなくなるような気がして、私としてはいてくれて嫌な気分になる動物じゃありません(笑)。

確証はありませんけど、蔵の周りのネコの出現頻度と、蔵の中で見かけるネズミの数には相関があって、ネコがネズミをくわえているところなんて見たこともありませんが、天敵であることには変わりはないんじゃないかと思ってるんです。以前からの駆除の効果もあって、ネズミも蔵の中にはもういないんですけどね。

何が言いたいかって、不衛生にならない範囲であればネコがいてくれても一向に構わないんだけど、あんまり我が物顔していられるとチョイと腹が立つってことです(笑)。能天気もほどほどにしておかないと、野良ネコとしてのプライドを揺るがす事態にもなりかねないと思い知らせてやろうと近付いたんですけど、もしかしたら薄目を開けて起きていて反撃を食らうかもしれないと引き下がってしまって、人間としてのプライドが揺らいだ春の昼下がり・・・(涙)。


□□□ いつまで寝てたんだか □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

イギリスの

ウイスキーの各蒸溜所には「ウイスキーキャット」っていう、ちゃんと肩書が付いた猫がいますね。
最近じゃ食品衛生法の関係で、製造所内には入れられないので、広報的な意味合いが強いようですけど(笑)

長生社さんでも「サケキャット」に任命して、広報担当ってことにしてみては?(笑)

  • 2017/05/22(月) 09:38:19 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

妬ましい

爆睡中ですね。(笑)
この季節の日向ぼっこしながらの居眠りはとても気持ち良さそうです。
人間様の都合なんてお構い無しなんでしょうけど、
ネズミ避けの役目には期待したくなりますよね。
こんな風に昼間から居眠りできて羨ましいと、
少し妬ましく思ったんじゃないですか。(^^ゞ

  • 2017/05/22(月) 12:33:54 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

蔵にいた動物

今年見学した蔵にも動物がいたところがありました。
栃木県の島崎酒造さんの洞窟には蝙蝠が、茨城県の磯蔵酒造さんの事務所から蔵へ向かう土間の屋根裏にはたくさんの燕の巣があり、雛が餌を待っていました。造りの蔵内ではだめですが、周りにいる動物にはほっとさせられますね。

Re: イギリスの

ウィスキーキャットっていうのは初耳です。
どういう歴史なのか気になりますね。
猫ってアルコール臭には鈍感なのかな?
このサケキャットは絶対に鈍感だと思いますけどね(笑)。

  • 2017/05/22(月) 22:37:23 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 妬ましい

確かにどこかに妬ましい思いがあったのかもしれません(笑)。
日向ぼっこする時間なんてどこにもありませんからねぇ(涙)。
なんとも余裕のない人間のやっかみなのかも・・・。
このネコのふてぶてしさがその余裕をよけいに象徴しています(笑)。

  • 2017/05/22(月) 22:39:52 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 蔵にいた動物

衛生上問題がなければ蔵付き動物もいいでしょう(笑)。
蔵付きの酵母菌だって動物の一種みたいなもんですしね。
でも、空を飛ぶ動物たちはどこへ飛んでくか分かりませんよね(汗)。
ま、蔵の中に入らなきゃ大丈夫ですが、どこか危なっかしい気が(笑)。

  • 2017/05/22(月) 22:42:45 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/4020-1744e5d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad