専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

メッセin東京(つづき)



昨日の記事は不覚にも中途半端になっちゃいました(汗)。朝のうちに半分くらい書いて、移動中の電車の中でも書いて、後は仕上げるだけって思ってたんですけど、何となく出来上がってるような気になっちゃって、夜中にホテルに帰って来てからそれに気が付いたものの、まとめ上げるまでの頭が回らないと判断(笑)。今日にツケを残してしまいました。

酔っ払って帰って来てましたから、気が付いただけでも良かったってもんですけどね(汗)。朝になって、ブログがアップされてなくってアワを食うこともままありますが、そのことを思えば眠い目をこすりながら夜中頑張っておく方がナンボかマシです(笑)。ということで、今年のメッセin東京は凄い人出で大変だったっていうお話。

この手の話題の時には必ずと言っていいほどボヤいちゃうことですが、日本酒イベントにこんなにお客さんが入るのに、どーして日本酒全体の需要は伸びないのかっていう根本的な悩みは常に付いて回ります(涙)。イベントの時にだけ飲めば、後はそんなに手が伸びないアルコール飲料っていう位置付けだとすれば、業界としては面白くない展開ですしね。

日本酒ってもの自体は、その歴史や文化を背負って、しっかりとクールジャパンの一翼を担っていると思いますし、若い人もそれなりにクールさを感じてくれているはずです。オジさん達よりも若者の方が日本酒に興味を持ってると思わされる時もあるくらいなんですけど、底堅い需要の喚起って雰囲気はあまり感じられないのが悲しいかななんですよねぇ・・・。

まぁ、あんまりボヤいてても仕方ありませんから、とにもかくにもこんなにもお客さんが来てくれたってことを有り難く感謝しなくっちゃなりませんね。どうやったらそんなに集客できるのか、他県の酒造関係者から聞かれることもあるくらい充実したイベントに成長した長野の酒メッセですから、是非とも信州の地酒の美味しさを発信できる好機としたいもんです。


□□□ 写真は朝早く着きすぎた会場の様子 □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

イヴェント人気と現実のギャップ

≪日本酒イベントにこんなにお客さんが入るのに、どーして日本酒全体の需要は伸びないのかっていう根本的な悩みは≫
この件は全ての蔵元の悩みではないかと思います。

灘の大手さんが毎年行う酒蔵開放的なイヴェントでも、万単位の人が集まるのですから、日本酒への関心はすごい!と思ってしまいますが、現実の消費量の低落傾向は止まらないという矛盾があります。

僕自身は現場を離れて10年近くなるので、実情がよく分らず無責任な話になって仕舞いますが、以前から気になっていたことは
〇 業務店さん、特に料亭さんなどの日本酒の価格が異常に高い(中身は7~8  酌なのに1合と称していることも含めて)
〇 飲み放題など、価格が安い所では酒の銘柄名も判らない不味くて安い酒が使  われている。同じ飲み放題でもビールはビンのまま出されるから、銘柄とそ  の量がはっきりしているから安心できる。
〇 逆にこだわりの居酒屋さんなどでは、有名銘柄(最近の有名銘柄的な酒はほ  とんど吟醸酒)へのこだわりが強く、料理との相性に無理がある。
〇 イヴェントで美味しいと思っても、その酒の入手方法が分からない。

などですが、
いずれにしてもイヴェント人気と現実のギャップを、どう埋めるかが大きな課題だと思っています。
 

  • 2017/05/13(土) 10:29:39 |
  • URL |
  • 酒ひろし #-
  • [ 編集 ]

入手方法

「長野の酒メッセin東京」が大盛況だったのは何よりですが、
イベントの集客の割に日本酒消費が伸びない悩みは変わりませんね。
さすが、酒ひろしさんのご指摘は的を得ていると思いますが、
特に最後の「美味しいお酒の入手方法が分からない」は、
今日の記事を読みながらボクも思ったことです。

イベントで試飲したり、美味しいと噂を聞いても、
居酒屋のメニューに見つけることはあっても、
スーパーのお酒売り場や近所の酒屋さんでは買えません。
手を掛けた少量生産ゆえに仕方ないことでしょうけどね。

  • 2017/05/13(土) 11:31:07 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: イヴェント人気と現実のギャップ

酒ひろしさんとも毎回同じような話になっちゃいますよね(汗)。
売り上げが伸びているお蔵さんだってあるでしょうけど、それは本当に極々一部のお蔵さんでしょう。
日本酒への関心度は高いのに、それはどこか特別なお酒としての関心なんでしょうか?
日々手元に置かれる普段付き合いの飲料になってほしいと思うんですけどね。

  • 2017/05/13(土) 18:53:54 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 入手方法

日本酒消費の底上げにつながらないっていう悩みは、ずーっと以前からの悩みですね。
あまり特別なお酒は、特別なお店にしかないっていう印象になっちゃうでしょう。
普段飲みの気軽に手が届くお酒にいかになれるかは大切な条件だと思います。
イベントを重ねて忘れられないようにしておくくらいが現状でしょうか(汗)。

  • 2017/05/13(土) 18:57:02 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

食環境

初めてのコメントです。よろしくお願いします!
日本酒の消費が伸びないのは、日本酒を味わう食環境の悪化が原因じゃないかと思います。
コンビニ弁当に日本酒、スーパーのコロッケに日本酒、レトルトカレーに日本酒、マクドナルドに日本酒。絶対合わないですよね。私はスーパー勤務なんですが、例えば60才近い女性が鯖を持ってきて、どうやって食べるか聞いてきたりするような事が結構あって、うんざりします。一般家庭の食生活は日本酒が美味しく飲める環境では無くなってきていると思います。

  • 2017/05/22(月) 11:25:50 |
  • URL |
  • みぜ #-
  • [ 編集 ]

Re: 食環境

みぜさん初めまして!
私も食環境の変化は日本人の舌を大きく変えてしまっていると思います。
何を美味しいと感じるかっていう基準が、かつてとは変容してきているんじゃないですかね。
日本古来の食生活ばかりがいいとは言いませんが、何かを切り捨ててしまっている気がします。
日本食と日本酒は両輪ですから、片方が崩れると片方もおかしくなるのは道理ですしょうね。

  • 2017/05/22(月) 22:30:27 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/4011-afd5f105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad