専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

決戦直前



今回の大阪訪問のメインイベントである『長野の酒メッセin大阪』がこれから始まります。当日に大阪入りすると集合時間に間に合いませんし、準備も忙しくなっちゃいますから、前乗りしておくと楽なんですけど、そうすると今度は当日の朝が時間を持て余すっていうジレンマに陥ってもったいないんですよね(汗)。私の場合は、ブログでも書いてりゃいいんですけどね(笑)。

イベントが始まっちゃうとなかなか写真も撮れませんし、本来だったら蔵から若手も連れてきて対応するようにしたいんですけど、遠くへの出張となればお金もかかることで、いつまでひとりで四苦八苦しなくっちゃならないのか悩ましいところです(汗)。あれやこれや考えながら、イベントが始まる前の会場を眺めてるような次第。

こちらに来て何軒かの酒販店さんとお話しする中で、一昨年くらいまで東京辺りでプチブームと言われていた日本酒の勢いは、昨年辺りから少し頭打ちになっていて、ここ大阪でもそんな傾向になりつつあるなんていくつかのお店で聞きましたが、そんな状況下で、何とか長野の地酒が関西での認知を得られるように、このメッセにも大いに期待が寄せられてるんじゃないですかね。

関西圏では、基本的には灘や伏見といった大手生産地の銘柄のシェアが大きくて、味も関東に比べれば割と甘口のどっしりしたタイプが好まれてる傾向が強いような気がします。それでも、イケてる酒蔵のお酒は日本全国どこでも人気なんですから、ウケるものはどこででもウケるってことであって、その一角になんとか信濃鶴も食い込めるように今日もガンバります(笑)。

長野県にだってイケてるお蔵さんはあって、そんな方達のお話を伺うのもこういう機会ならではですから、事前の余裕時間は大切だったりします。鶴もそういうお蔵さんに倣って勢いをいただきたいわけで、先輩後輩を問わずに刺激のあるお話が聞けて楽しいですね。今も、今後の日本酒の動きについて話が盛り上がって、いい勉強ができてたりします(笑)。

会場は昨年と一緒のホテルですが、今日は天気が悪くなるっていう予報ですから、客足に響くんじゃないかと心配ですね。皆さん段々に集まって来て、徐々に会場も熱気を帯びてきました。そんじゃ、私もそろそろ支度を始めましょうかね。今年は鶴ブースは会場の入り口近くで、チョット忙しくなりそうです・・・(汗)。


□□□ 今日は誰と会えるかな? □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

関西は

粉モノ・ソース文化なので、それに負けない甘口でどっしりしたお酒が好まれるのかもしれませんね。
そう思うと、長野の中でも地元食に佃煮なんかが多い佐久のあたりのお酒なら好みに合う…のかな?

日本酒は、ブームと言われても裾野があんまり広がらなかったイメージがありますよね。
もうちょっと手に取りやすいところに手に取りやすいパッケージで販売されているといいんですが…

  • 2017/04/19(水) 09:12:18 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

得るもの

遠くまで何名も派遣するのは経費も掛かりますし、
それだけ蔵の人員が取られちゃって難しいんでしょうけど、
他の蔵や酒屋の皆さんと顔見知りになったり、
イベントにくるお酒好きの感想を直接聞けたりと得るものも多いはずです。
岳志さん一人だけではなく、もう一人蔵人が一緒に参加できると良いですね。
今回の大阪酒メッセも大勢が押しかけて賑わったでしょうし、
入り口近くに陣取ったなら鶴をたくさん呑んでもらえたんじゃないですか!

  • 2017/04/19(水) 12:27:20 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 関西は

ソースに合わせるとなるとどっしりとしたお酒になるでしょうね。
なかなか合う物もないかもしれませんが(笑)。
やっぱり東京のプチブームはもう終焉でしょうか(汗)。
いい目を見たお蔵さんはそんなになかったような気がしますねぇ。

  • 2017/04/19(水) 17:36:13 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 得るもの

そうですね、もう一人若手を連れていきたいですよね。
ま、大阪までとなるとそれだけで結構かかりますが、勉強だと思えばね。
そう思いつつも、どこのお蔵さんも大阪メッセは一人参加が多いかな(汗)。
その程度の経費が平気で出せるような蔵になりたいもんです(笑)。

  • 2017/04/19(水) 17:40:02 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

三脚

画像の中で一番気になったのは「三脚」です。何が乗せられているのははっきりわかりませんがそれを安定させる物理的な手段は「三脚」しか有りませんね。因みに「二脚」なら手品師以外には安定させられないし「四脚」以上有ったらぐらつきますね。高校生の頃授業で習った「二辺の和は他辺より多し」。なんて三角形の定理を思い出します。

  • 2017/04/19(水) 20:41:07 |
  • URL |
  • 鳥居 慶司 #-
  • [ 編集 ]

Re: 三脚

さすがに鳥居さんらしい目の付け所です(笑)。
この三脚には会場の案内図が載せられてたんですよ。
入口の正面に大きく飾るために、大きな三脚が必要だったわけです。
その独特の着眼力はどこから来るんでしょうねぇ(笑)。

  • 2017/04/20(木) 17:46:27 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3987-cf2cffc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad