専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

HBBF(おまけ)

今回のHBBF(はと・バス・美酒・フェス)で一番良かったことは、地元のアルコール飲料を通じて大いにこの地の宣伝ができたことであり、長生社とすれば多くのお客様に信濃鶴の背景と共にその味を知っていただいたことであり、お客様をお迎えするのは大変だったんですけど苦労した甲斐のあった事業でした。

それと共に、こんなツアーをお迎えするのが初めてだったっていうこともありますが、事務所で鶴をお買い上げいただいたお客様が意外と多かったのもとっても有り難いことでしたね。ゲンキンな話で申し訳ないんですけど、対応した女房達も忙しかったほどに予想外の売り上げだったみたいです(笑)。

4合ビンで20本近く売れたって言ってましたから、33人のお客様の半分以上は買ってくれたっていう計算になります。ご夫婦やカップルなどの二人一組のお客様が多かったって聞きましたから、グループ分けして考えればほとんどのグループが鶴をお土産にしてくださったっていうことで、これも感謝感謝だったわけです。

1日目のディナーでは大吟醸をメインに、2日目の蔵見学では純米無濾過生原酒をメインに試飲していただいたんですけど、その両方ともが売れたみたいで、前日の大吟醸も当日の無濾過もそれなりに好評だったのかもしれません。特に無濾過は10本も売れたそうですから、蔵で飲むお酒がいかに美味しく感じられるか分かろうってもんです(笑)。

観光蔵としてお客様にたくさん寄っていただいて、その場での店売りが総出荷量の半分以上だなんていうお蔵さんの話を聞いたことがありますが、そういう商売の仕方もありなのかもしれませんね。駒ケ根高原には観光のお客さんが多いわけですから、高原に蔵を移転でもすれば意外といけるかも(笑)。

とにかくいろいろと発見が多かった今回のHBBF。蔵の見学を定常化するっていうことはとてもできそうにありませんが、マルスウィスキーさんや南信州ビールさんや養命酒さん達と共に、地元向けばかりじゃない、県外に向けての情報発信の在り方を今後とも模索していかなくっちゃならないのかもしれませんね。


□□□ スマホが壊れて写真が撮れないわけじゃありません □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

観光蔵

ありますよね。観光地なんて特に…

やるなら徹底的にやって、大型駐車場完備・お酒だけじゃないお土産屋完備!みたいなところのほうが潔く感じますが、たまにあるどっちつかずのところは…まぁ、それなりの葛藤があるのかもしれませんが(笑)

造りのときはともかく、このはとバスツアーみたいなのを定期的にやってみるのもいいんじゃないですかね?
なんなら駒ヶ根に限らず、長野県酒造組合あたりで企画すればツアーコースもいろいろ出せそうですし、面白いと思うんですけどね。

  • 2017/02/21(火) 08:41:38 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

地域振興と宣伝

ビール工場や日本酒、ワイン蔵を巡るバスツアーは他にあっても、
ひとつの地域に集中していて、魅力的な美酒フェスタ付きのツアーですから、
それぞれの製品を売り込むためにも続けられたら良いと思います。
買い物を楽しみに参加するツアー客も多いですし、
蔵で生原酒なんて試飲しちゃったら、買わずに帰るのは無理な話。
一度でも訪ねた蔵のお酒には愛着も湧いてファンだって増えますから、
地域振興と宣伝のためにも、年に何回かは受け入れても良さそうです。

  • 2017/02/21(火) 12:38:20 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

コンセプト

この地域資源の集積を生かす、、、美酒フェス本来の姿だと思います。
パーマネントの秋開催高原の部は必要無いんじゃないかな?とも思います。
新しい顧客開拓やセルフSNS配信等も期待できる今回の企画の方が意義があると思います。

  • 2017/02/21(火) 13:03:33 |
  • URL |
  • K.HIDE #-
  • [ 編集 ]

Re: 観光蔵

観光蔵をやるなら徹底的にでしょうね(笑)。
開き直って売り込みに徹するくらいがいいでしょう。
そこで飲んだお酒が美味しければそれなりに売れちゃうでしょうしね。
はとバスツアーは、本家はとバスさんが動いてくれないとどーしよーもないんですけど、どうにかなるのかな?

  • 2017/02/21(火) 18:10:06 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 地域振興と宣伝

はとバスさん自身にもこのツアーに魅力を感じてもらわないとなりません。
儲けがなくっちゃ仕方がありませんから、次年度からの継続に関しては???
せっかく駒ケ根に来るんならロープウェイとかにも乗ってもらえばいいのにとかも思うんですけどね。
その辺も兼ねてはとバスさんに考えていただければ嬉しいですね。

  • 2017/02/21(火) 18:12:23 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: コンセプト

高原の部はもう役目を終えたかもしれませんねぇ・・・。
あんなに倍率の高いイベントもないですけど(笑)。
今回の企画は同じことやってても全然意味が違うかもしれませんよね。
今後どう発展するのか楽しみではあります。

  • 2017/02/21(火) 18:15:00 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3930-c43d56cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad