専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

裸電球

IMG_20170211_144934.jpg

蔵の中の恥ずかしいこと紹介のコーナーです(笑)。世の中は珍しく土曜日が祝日で、普通のサラリーマンの皆さんはいつもと変わらない週末の2連休でしょうけど、日曜月曜で2連休の長生社では、ナント今週は3連休ってことになって女房は大喜びです。蔵の若手は休日は関係ない出勤ですから、淡々と仕事してましたけどね。

で、何が恥ずかしいことなんでしょうか?恥ずかしいっていうか危ないことなんですけど、上の写真の太い梁に何かお気づきの点はありますか?裸電球を使ったことのある方なら、すぐにピンときますかね。LEDの時代に裸電球を愛しているのは、長生社のように歴史だけは立派な古い会社でしょうか(汗)。

この梁だって、ベラボーに太いってわけでもありませんけど、しっかりとした材が使ってあって、いまだに長生社の蔵を支えてくれているわけです。駒ケ根市の歴史的建造物としたら結構上位にいくんじゃないかと思われる我が社の蔵ですけど、耐震基準なんか満たしているはずもなく、歴史が古いってだけの代物なんですけどね(笑)。

その梁の所々に黒いシミのようなものが数か所付いているのがお分かりでしょう。木の節にも見えるかもしれませんが、これは焦げた跡なんです。そうです、この梁に裸電球をぶら下げる時、ちゃんとクリアランスが取ってないと、裸電球の熱で木が焦げちゃうんです。そんな火事の火種になりそうな焼け跡がこんなに付いてるなんて、とても恥ずかしくてお見せできるような写真じゃないんですけどね(汗)。

いまでは、そういうことのないように気をつけようってみんなで申し合わせてはいますが、ちょうどこの梁の下にタンクの口があって、中を掃除する時なんかに裸電球をひっかけると具合がいいもんだから、特にこの部分に焦げ跡が多いんです。1日中点灯していることもありませんから火が出るまではいかないかもしれませんけど、気を使わなくっちゃイカンでしょうね。

もしかしたら、今から何十年も前に付いた焦げ跡なのかもしれません。古い時代の電球は発熱しやすかったかもしれないしいろんな経緯があったんでしょうけど、危ないとは言え何となく愛着を感じてしまうのは、この蔵が我が家と化している私だからでしょう(笑)。もうちょっと危なくない形で、蔵で働いた痕跡を残しときたいもんです。


□□□ 裸電球なんて今の子供達は知らない? □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

火の用心

電球型の蛍光ランプができて、今はLEDが全盛。
裸電球とか電球の熱さを知らない子供たちが多いんでしょうね。
梁に近付けて吊るしておくと、こんなに焦げ跡が付くんだから、
本当に火事に気を付けないといけません。
逆に焦げ跡を見て熱の危険に気付いて注意を向けるから、
これまで無事に過ごしてこれたのかも知れませんよね。
駒ケ根市の歴史的建造物を失っては大変ですから、火の用心が一番です!

  • 2017/02/12(日) 09:18:38 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2017/02/12(日) 09:48:02 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

裸電球は

キケンじゃないですか?
岳志さんのおっしゃっていた梁への加熱のほかにも,万一何かに当たって割れたときに,下に醪のタンクがある訳でしょ.タンクに電球の破片が入るのは避けたいですよね.

それに,写真で見た限り電球線がビニルコードのように見えます.(ゴムコードならいいけど)高熱を発する白熱電球に熱に弱いビニルコードはご法度ですよ.

今は,LED電球も安くなってきましたから発熱の小さい,割れにくいLED電球に変えることを強くお勧めします.

  • 2017/02/12(日) 10:09:33 |
  • URL |
  • けろ #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

Re: 火の用心

LEDって熱くならないんですよねぇ・・・。
裸電球でも焦げ跡がつくまでには相当な時間がかかります。
でも、だから大丈夫だなんて言ってちゃお話になりませんけどね(汗)。
土蔵だからそんなに勢いよくは燃えないと思いますが、燃えたらすぐですかね(笑)。

  • 2017/02/12(日) 17:51:12 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 裸電球は

けろさんがおっしゃるんだからやっぱり危険なんでしょう(汗)。
ビニルコードとゴムコードの違いなんて考えたことありませんでした。
昔からこういうもんだと思ってましたからね。
照明ひとつとっても昔の会社は昔のままで・・・(汗)。

  • 2017/02/12(日) 17:59:59 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3921-0560a67b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad