専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

柏手

IMG_20161024_131817.jpg

冬になると柏手(かしわで)を打つことが多くなります。現代人ですから、あまり信心深い方ではありませんが(汗)、それでも蔵に神棚があり、自分の寝ている杜氏部屋にも小さいのがあり、正月があり、酒造りがありなんていうこの時期には、神様に向かって「パン、パン」とやる機会が自然に多くなるわけです。

『柏手』って『拍手』って書いてもいいみたいで、どっちが本当なのか分かりませんが、『拍手』だと『はくしゅ』って読んじゃいそうですから、とりあえず今日は『柏手』って書いておきますね。どうしても知りたい方がおられましたら、駒ケ根の五十鈴神社の宮司のS君に直接聞いてくださいね(笑)。

そもそも、なぜ柏手を打つのかすら知らないのに、神社では何の疑いもなく手を打っているわけですけど、何かお清め的な意味合いがあるのか、神様へのメッセージなのか、古くからの儀式のうちなんでしょう。ま、これも、今度S君に会ったらゆっくり聞くことにして、ここでは考えないことにしましょう(笑)。

私が悩む(?)のが、上手く鳴らないってことです(汗)。ハッキリ言って、S君の柏手はやっぱり神がかって聞こえます(笑)。ひとつひとつだけでもカッコ良く響かないのに、2つ続けて打つってことは、その粒が揃ってないと何となく拍子抜けする感じになるんですけど、皆さんはそんな事お考えになったことはないですかね。

私なんて、いつになったらこんな単純なことがソツなくできるようになるのか、訓練するために打ってるような面すらありますが、なかなか格好の良い柏手って打てないもんです。音が大ききゃいいってもんでもないでしょうし、どんな音が理想なのか分かりませんけど、響きが大切なんですかね・・・とにかく、お酒造りが首尾良く続くことをお願いするばかりの毎日です。


□□□ 完全なる現実逃避ブログですな(笑) □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

柏手

Wikipediaによると「音を出す理由は、神への感謝や喜びを表すため、願いをかなえるために神を呼び出すため、邪気を祓うためといわれる」そうですよ。
一説によると、元々は拍手(はくしゅ)の方から来ているそうで、プリミティブな宗教によく見られるとか。
ちなみに、普通の神社だと柏手は二回ですが、出雲大社などは二礼四拍手一礼だそうで、祀る神様によってもしきたりが違うみたいですね(^^;

  • 2017/01/11(水) 08:41:49 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

酒蔵の中に神棚があったり、杉玉の中に神社のお札を入れたりしますから、
酒造りは神頼みすることが多いんじゃないでしょうか。
神社に供えられた酒樽が並んでたりもしますよね。

社長ともなると会社の皆さんを代表してお参りすることも多いでしょうし、
柏手の音が響くと身が引き締まる思いがしますから、
ピシャッって音よりも、パァーン!と響くと気持ちが良いですよね。
両手をきっちりと合わせるよりも、
少し斜めにずらすと良い音がするように思うのですが。

  • 2017/01/11(水) 12:40:14 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 柏手

やっぱりパンパンには意味があるんですね(笑)。
柏手と拍手は同じようなモノなのかな?
神様と会話はできないけど、柏手がそこをつないてくれてるってことでしょうか。
いいお酒ができるようにお願いばかりしてます(笑)。

  • 2017/01/11(水) 23:36:27 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 音

お酒は神様が造ってくれてるっていうイメージは昔からあるかもしれません。
神事にはお酒は付き物ですしね。
柏手の音は響きよく打ちたいものだと思ってるんですけどね。
宮司さんの柏手は案外ポソポソした感じなんだけど、なんとなく有難味があるから不思議です(笑)。

  • 2017/01/11(水) 23:39:05 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3888-5a183961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad