専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

中国茶

IMG_20161111_151113.jpg

昨年末あたりから、中国とつながりのある人との接触がちょっと多くなりました。ある特定の人っていうわけではなく、数人の全く無関係な人たちですけど、いずれも中国と何らかの関係を持っていて、そんな話をよく聞くようになったんです。別に、中国向けの輸出を始めるなんていう話じゃありませんよ(笑)。

私も学生時代に中国全土をぐるっと一人旅をしたことがあって、とても親近感のある国ですが、こと日本との関係はあまり上手くいってなくて残念な思いをしています。古くからつながりが深い国同士なんですから、何とか良好な意思疎通ができるようになってほしいと願っているひとりなんですけどね。

それでも、私の持っているかつての中国っていうイメージはもうぶっ飛んでいて、上海なんて私が見て歩いた街とは全てが変わっているようですし、日本への爆買いツアーに象徴されるように世界のお金持ちにもなってますし、政治とは離れた部分でのつながりは深くなっているんでしょうね。

そんなかつての思いを蘇らせようとするかのように、先日ある人から中国茶を会社に差し入れてもらいました。ひと言でいえばジャスミン茶系なんでしょうけど、そんなにどぎつい香りじゃなくって、かなり紅茶に近い印象のとても美味しいお茶だったんです。社員の中では好き嫌いがあるようでしたが、私は喜んでお茶の時間にいただいてるんですけどね。

私が行った30年くらい前には、中国で庶民のお茶って言えばジャスミン茶であって、日本で名を馳せていたウーロン茶なんて超高級で普通の人には手が出せないって話でしたけど、今ではどうなんでしょうね。このお茶はお土産物でしょうから、きっと庶民向けのモノじゃないんだと思います。入れ物だけだって高級そうだし(笑)。

日本酒の輸出先としても有望視されている中国ですから、そのうち私がビジネスで訪れるって可能性もないではありません。ピカピカになった上海や北京の街で鶴を打って歩く自分の姿を想像しながら、今日もこのお茶をいただいてます(笑)。


□□□ きっと高級品なんじゃないかと □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

打つ

多分誰かがチエック入れると思うので私がやっておきます。「鶴打つ」姿見てみたい(笑)

  • 2017/01/09(月) 09:06:50 |
  • URL |
  • 鳥居 慶司 #-
  • [ 編集 ]

つながり

札幌の街中を歩いていても、観光地に旅行に行っても、
中国、台湾をはじめ、アジアからの観光客に遭遇しますし、
今や中国の購買力が日本経済に与える影響はとても大きいですよね。
日本の若者でも中国語を勉強する人たちが増えてますし、
国民同士のつながりは増々強くなって行くんでしょう。
政治的には情報統制とか領海侵犯など、
一筋縄ではいかない面が多くて難しいようですけど。
岳志さん、中国全土も一人旅してたんですね!

  • 2017/01/09(月) 11:39:01 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 打つ

最初何のことか分かりませんでした(汗)。
こういう誤変換もたまにはいいでしょう(笑)。
書いた後にも目は通すんですけどねぇ・・・。
中国ではこういう言い方もするとか(笑)。

  • 2017/01/09(月) 23:05:15 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: つながり

札幌なんかには海外からのお客さんも多いんでしょうね。
私達から見れば北海道は遠いですけど、海外のお客さんにとっては近間でしょうからね(笑)。
中国一人旅は私の大きな大きな思い出になっています。
約ひと月半かけてぐるっとひと回りしました。

  • 2017/01/09(月) 23:07:23 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3886-35a2a010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad