専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

屋根修理

IMG_20161225_111531.jpg

ずっと引っ張ってきた屋根の修理の話題を、年末のうちに片づけておきましょう(笑)。来年まで持ち越してもいいことはないでしょうから、とっておきの社内情報(?)ですが惜しみなく開示しておきます。まぁ、こんなこと話題にしてるようじゃ、長生社がどの程度のモノなのかバレバレでしょうけどね(汗)。

いやね、屋根を直したってだけの話なんですよ(笑)。ちょっと前に、大風で蔵の屋根がめくれちゃったってことはご報告したじゃないですか。その時に来てくれた近所の大工さんに、実はコレコレここも雨漏りだらけで困ってるんですよって話しておいたら、年末のうちに何とかしてやるって来てくれたってわけです。

今見上げているこの写真がその部分ですが、ずっとこうやって青天井だったわけじゃなくって、古いトタンを全部取り除いた後だからこうなってるんですよ(笑)。この真下にはビン詰ラインの洗ビン機の入り口あたりがあって、ビン詰めが大雨の日だと、洗ビン係はカッパでも着てないと雨漏りでビチョビチョになるっていう状態でした(汗)。

そんな仕事をさせておくような会社じゃ私としてもメンツが立ちませんし(笑)、何よりもそんな仕事に当たった社員が可哀想で、とにかく何とかしようと思いつつもなかなかふみ切れないでいたんです。当然、お金もかかることですし、全面変えなくっちゃならないだろうから、そんなに簡単に直る様子でもなくって躊躇してたんですよね(汗)。

大工さんに見積もりも出してもらって、こっちもやる気になってたもんだから、年末になろうが年始になろうがとにかくやれる時にやってくださいって話をしてました。実は、年末のビン詰めも終わっちゃってましたけど、新年を気持ちよく迎えられるように年内のうちにやってもらうようにしたってわけです。

屋根を一面はぎ取るってことは、下から見ても屋根の上から見ても、とにかくこれまでと全く違った景色になって実に新鮮でしたよ(笑)。今まで見上げたこともないアングルで空を眺めたり、逆に上から見れば屋根下がいかに汚いのか分かったり(汗)、細かい所までは掃除できませんでしたけど、会社の中にも新年にふさわしいピカピカの場所がチョットだけでもあるってことで新年の準備は万端です。


□□□ 昔はこの下が窯場だったみたい □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

初搾り

何はともあれ、懸案だった雨漏りの問題が無くなって、
晴れ晴れした気持ちで新年を迎えられますね!
下から見上げた今日の写真も天晴れな青空に見えます。

昨日、取り置きしてもらっていた初搾りを引き取ってきました。
大晦日まで我慢しようかとも思いましたけど、
お正月に呑めるだけの本数があるので、早速開けましたよ♪
前評判通り、いつもの年よりもずっとオリの量が多かったです。
シュワっとしたフレッシュな酸味が爽やかで、すいすいと呑み進んじゃいました。
いつも美味しいお酒を造っていただき感謝です!

  • 2016/12/30(金) 15:57:14 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 初搾り

どうやら今年のお酒は開封してしばらく置くとまた美味になるんだそうです。
ちょっと空気に触れた方が鶴らしくなるって越百のえっちゃんが言ってました。
とにかく新鮮さが売り物の商品ですが、時間が経っても美味しく飲めるみたいです。
今年はあと1日しかありませんけど、どんどん飲めるだけお飲みくださいね(笑)。

  • 2016/12/30(金) 17:58:46 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3876-f95c1859
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad