専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

ボイラー

IMG_20161215_021247.jpg

これは、真夜中の長生社のボイラーです。すぐ脇に白煙が舞い上がっていて、何やらモウモウとしてますがお分かりでしょうか(汗)。昨日の夜、突然にボイラーが爆発して炎上し、蔵の中は一寸先も見えないような煙が立ち込めて、私も命からがら杜氏部屋から逃げ出すのが精一杯・・・だったら、こんな冷静な写真撮ってるわきゃねーだろってオチですな(笑)。

真夜中のボイラーの写真だってところまでは本当です。このモウモウとしてるのは爆発の煙(笑)じゃなくって、単なる蒸気です。つまり、このボイラーが作ったものが噴き出しているだけで、別にどこが壊れたとか異常があったとかいうんじゃありません。至って正常な姿なんですよ。

じゃ、夜中に何かボイラーを使うような仕作業があったのかって言うと、いくら酒造りでもそんな仕事はあまりありませんし、この日だけ特別な何かがあったとかいうわけでもありません。ひと冬の間に20回くらいあるかないかの、夜中の空焚きなんです。使いもしないのにボイラーを焚いたらもったいないんですけどね。

ま、これには1日のブログネタにするくらいの理由が当然あって(笑)、凍結防止のために焚いてるっていうことなんですよね。夜中あんまり冷え込んで、翌朝に相当寒くなりそうだっていう夜には、もったいなくてもボイラーをちょっと焚いて、ボイラーやその近辺に集中している水の配管が凍らないように予防しておくわけです。

あさイチの仕事を始めようとして水回りが凍っていると、ボイラーは焚けない、洗い物もできないで大変なことになります。復旧するのに1時間かかれば、極端に言えば1日の仕事が1時間ずつ遅れることになっちゃいます。遅れるくらいならいいですけど、配管が破裂したとかいうことになると仕事にならない可能性だってあるんですよね(汗)。

そんな苦労を避けるためにも、こういう予防措置は必要になってきます。例えば、気温がマイナス5度を下回ったら自動的にほんの短時間スイッチが入るようなシステムがあってもいいんじゃないかと思うんですけど、そこまでのことはやってくれませんね。これまで何度も苦い経験をしてきましたから、この仕事だけは眠くても何でもやってるんですよ(笑)。


□□□ もう2位に転落してます □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

凍結防止なら

凍結防止帯ってのがあるんですが、流石にこれじゃ賄えないぐらいの長さなんでしょうかね?
コンセントに繋いで使う簡単なモノなので、業務用とかもありそうですが…

もし長生社さんで使えるような長さのものがあれば、夜中に起きたりしなくて済むので導入してもいいんじゃないですかね?(笑)

  • 2016/12/16(金) 08:33:54 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

凍結

爆発炎上したボイラーが、こんなに綺麗なわけがありません!
ウソを書くなら、もっと上手に!(笑)
水道管凍結の恐怖は、北海道の家庭なら何処も心配のタネです。
寒い日に一晩家を空けて戻ったら水が出ないと言う。。。
最近の家は断熱能力が高くなってますし、
我が家のようにマンションだと心配ないですけど、
子供のころの実家では、寒い夜は水落としをして寝たものです。
冬に洗車してドアの鍵穴が凍って開けられなくなったって経験も多いですが、
今はカギなんて使わなくてもボタンひとつでドアを開けられますから、
便利な世の中になったものです。

  • 2016/12/16(金) 12:35:11 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 凍結防止なら

その凍結防止帯が巻き切れないほど入り組んでるんですよね(笑)。
全ての配管に巻き切れないっていうか(汗)。
ですから、全体を温めておくって感じなんです。
ボイラーの周りが温かいだけで全てが凍結しないんですよね。

  • 2016/12/16(金) 22:24:44 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 凍結

そうですね、あまりに綺麗なボイラーですもんね(汗)。
もっとリアルに描こうと思ったんですけど、書いてる私が笑っちゃってダメでした(笑)。
北海道も同じように凍結防止には気を使わなくっちゃならないんでしょうね。
ま、今回のお話は長生社の蔵の中だけの特殊事情ですけどね(汗)。

  • 2016/12/16(金) 22:27:23 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3862-afd83351
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad