専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

師走

IMG_20161128_155406.jpg

明日から師走だなんて信じられません(汗)。今年も、もう残すところひと月になっちゃって、やらなきゃいけないこと山積みのはずなのに、蔵が始まっている上にあとひと月しかないなんて状況は、信じられないというよりも、信じたくないというか、見て見ぬふりというか、酒でも飲んで忘れちゃいたい気分です(笑)。

普通の働き方だったら、残りもうひと月だなんて頃になったら、今年の総まとめをしようとか、来年に向けての準備を始めようっていう気分になるんじゃないかと、そういう気分になれない私とすれば勝手に想像しているんですけど、案外そんなこと考える以前に年末の掃除とかに追われておしまいなのかもしれませんね(笑)。

日本酒業界とすれば、年末年始は一番のかき入れ時ですから、アルバイトを雇って、トラックを借りて、いつもの2倍も3倍も売って歩かなくっちゃいけませんが、泣き言言うようで申し訳ありませんけど、そんなのは昔の話で、現在の年末は昔に比べたら本当に静かなもんです(汗)。

かつては、ただでさえ忙しい年末に、更にリベートを多めに出したりなんかして、余計に忙しさに輪がかかったような状態になってたわけですけど、街の普通の酒販店さんにだって一度に100ケースとか200ケースとか運んだもんです。正月明けてから、何ヶ月分も在庫になってたってことでしょうね。

単にケースっていいますけど、今のような一升瓶6本入りじゃなくって10本入りの木箱でしたから、そりゃすさまじい勢いに売れてたってことですよね。そういういい時代を知っている私とすれば、あの頃に戻ってみたくもあり、そんなに忙しいのも大変だと思ったりもしてなかなかに複雑ではあります(笑)。

写真は中央アルプスのアップですが、これから配達が忙しくなる師走の間くらいは、あんまり雪が降らないように神様にお願いしたいですね。でも、これだけ見ればどこぞの有名な世界のアルプスにも匹敵する美しさだと思いませんか?・・・電信柱さえなかったらですが(笑)。


□□□ あっという間にお正月でしょう(汗) □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

古き良き時代

≪今のような一升瓶6本入りじゃなくって10本入りの木箱でしたから、そりゃすさまじい勢いに売れてた≫
僕も酒蔵に入社した昭和40年代ごろ、同じような経験をしたことがあります。
本来は製造担当で蔵の仕事で手いっぱいのところを、年末ともなると営業の配達に駆り出され、その10本入りの木箱を、トラック一杯積み込み、年末などは明け方近くまで働いたものです。僕は体を動かす仕事の方が合っているのか、全然苦労ではなく、むしろ普段お目に掛かれない酒販店さんたちとお話ができたりして、楽しく、またその後の仕事にも大いに役立ったと思っています。
古き良き時代の話になって仕舞ましたが・・・。

  • 2016/11/30(水) 09:39:34 |
  • URL |
  • 酒ひろし #-
  • [ 編集 ]

そういえば

もう12月なんですねぇ…今年も早かったなぁ(^^;

今はブームなんて言われてますが、それほどの勢いで売れてるっていう事は(一部の銘柄以外)無いですからねぇ。
そこまで復権することはなさそうですが、もうちょっと普通に飲まれるようになっても良いんじゃない?とは思いますが…


昨日の天竜政宗ですが、以前に岳志さんが「山廃に挑戦してみたい」っておっしゃってたと思うので、それができたら復活してみては?
鶴とはまた違う味わいになると思いますので、ネーミングとしてはうってつけじゃないかと思うんですが(笑)

  • 2016/11/30(水) 10:29:17 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

年末の忙しさ

昔の年末年始は、そんなにお酒が売れたんですねー。
そんな時代の再来を夢見てしまう気持ちも分かるような気がします。

札幌駅を経由して通勤しているとクリスマスの飾り付けが目に付きますし、
そろそろ、ジングルベルのBGMも賑やかになってくるでしょうから、
年末が押し迫ってきたのを感じて気ぜわしくなります。
今年は2月に嫁さんの父親が亡くなったので喪中はがきを出し終えてて、
例年と違って、この時期恒例の年賀状作りの忙しさがありませんが、
余裕があるような少し寂しいような気分で師走に突入です。

  • 2016/11/30(水) 12:35:24 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 古き良き時代

酒ひろしさんがお売りになっていた量なんて信濃鶴の比じゃありませんからね。
私の想像を絶する売り方だったんだと思います。
年末の苦労話はきっと尽きることがないんじゃないですか(笑)。
本当の古き良き時代をご存じのひろしさんだからこその思い出がたくさんおありなんでしょうね。

  • 2016/11/30(水) 23:17:10 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: そういえば

ブームっていう感じはほとんどないですよねぇ・・・。
今年は酒販店さんを回っても売り上げ的には頭打ちだって話が多かったですね。
ブームでなくてもいいから地道に伸びていきたいもんです。
例えば、天竜正宗なんていうブランドを造ったりしてね(笑)。

  • 2016/11/30(水) 23:19:26 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 年末の忙しさ

とにかく、年末の酒屋の忙しさは半端じゃなかったですね。
11、12月だけで年間販売量の3分の1くらいを売ったんじゃなかったっけ・・・。
ですから、年末に年賀状作りの忙しさとかを感じている余裕はありませんでした(笑)。
ま、今でも年賀状は女房に全部お任せですけど(汗)。

  • 2016/11/30(水) 23:21:56 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3846-64f9d25a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad