専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

創業年(つづき)

IMG_20161126_131120.jpg

数日前に、長生社の設立について記事にしたところ、創業の裏付けとなっている私のひいひい爺さんが書いた製造の帳面を見たいとまっちーさんからリクエストがありました。先日、全く関係のない資料を探していてちょうど傍にあったもんだから、ネタにしようと写真に撮っておきましたよ(笑)。

まっちーさんは見たことがないとコメントしてくれてましたが、たぶんずっと以前にこれと同じような写真をここにアップしたことがあると思います。一体いつのことだかはとんと覚えがありませんが、10年間もブログ書いてりゃいつだったか探すのも億劫で、検索とかかけてみようっていう気にはなりませんでした(笑)。

私のひいひい爺さんの名前が『北原久次郎』です。当時、『駒ケ根市』はなくって、『上伊那郡赤穂村』だったってことでしょうね。この人が酒造りなんて始めなければ私も酒造りなんてしてないでしょうから、120年以上昔に私の運命を決定づけた、正に我が家の出発点とも考えられる帳面と言ってもいいかもしれません。

『自明治拾六年』とあって、確かに明治16年の酒造りから書かれています。最初は7本のもろみを立て、17年は10本、18年は12本と増えていってます。ただ、仕込みサイズがよく分かりませんから、どのくらいの増量なのか定かではありませんが、売り上げ的には上向きだったってことでしょうかね。

途中で仕込みを休んでいる数年もあるようで、もしかしたら別の帳面があるのかもしれませんけど、灘に酒造りの修行に行ったってことが言われてますから、その時には酒造りを休んでいたのかもしれません。とにかく書いてある内容は極々単純で、見開き2ページが1年分ってくらいの情報しか書いてありませんね(笑)。

その頃は今ほど酒税法も厳しくなかったのか、もっと事細かな記載が他にあるのか分かりませんけど、とにかく明治16年には酒を造っていたっていう証拠ですから、我が社の創業年はその年ってことにしてあります。当時の銘柄は『天竜正宗』。造りを失敗してことごとく酢になっても微塵も臆することがなかったという、ひいひい爺さんの魂を今に伝えてくれています。


□□□ 全部酢になったらビビるよなぁふつー □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

帳面の写真

2006年11月10日のブログ
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/blog-entry-30.html
にありますね。ほぼ10年前です(笑)

「天竜正宗」って強そうで良いネーミングじゃないですか!
せっかくだから、鶴の別ブランドとして復刻してみてはいかがでしょうか?

  • 2016/11/29(火) 10:58:18 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

挑戦の気概

早速、写真を見せていただいてありがとうございます!
「造酒成蹟表」のタイトルで、紙質、紐での綴り方、字体のどれを見ても
長い歴史を物語っています。
ZENさんに先を越されちゃいましたけどボクも検索してみました。(笑)
ひいひいお爺さまの名前でブログ内検索したら見つかりましたよ。
岳志さんがブログを開設してひと月ほどの記事ですね。
ひいひいお爺さまが酒造りを始めたのは何歳だったのか?と思ってたら、
26歳ぐらいと書かれていました。
造った酒がことごとく酢になっても臆すことなく、
造りを休んで修行に出かけた年もあったようですから、
いろんな面で挑戦する気概にあふれた方だったのでしょう。
そして、信濃鶴の「鶴」が賀茂鶴からもらった一字だったとは!

  • 2016/11/29(火) 12:40:45 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 帳面の写真

よくそんな記事見つかりましたねぇ(笑)。
なんか、本当に初期の頃の記事だったんですね。
会社の紹介的な内容だったのかな?
天竜正宗復活は結構かっこいいとは思ってますけど、中味をどーするのか・・・。

  • 2016/11/29(火) 23:07:20 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 挑戦の気概

たまたま写真が撮れるチャンスがあったもんだから、ちょうど良かったんですよ(笑)。
かなり古い帳面で結構ボロボロですが昔の紙は長持ちする感じです。
鶴の由来をまっちーさんがご存じないとは・・・。
これは、改めて基本的な所から説明をし直さないといけないってことですかねぇ(笑)。

  • 2016/11/29(火) 23:10:37 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3845-cb09b0f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad