専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

活性化研修会

お酒の小売店さん達の組合っていうのも世の中には当然のごとく存在して、小売りの免許を持っている長生社も他のお蔵さん達も加盟しているんですけど、今日はその組合の活性化事業ってことで、地元の酒蔵の話を聞こうっていう勉強会が開催されたんです。これは、税務署さんからの補助も出ている事業のようで、ちょっと真面目な会だったんですけどね。

私達の住む伊那谷には8つの蔵があって、今回はそのうちの7蔵がお話しさせていただく機会を得ました。時間的には10分程度ですから、それほど大したお話が出きるわけでもありませんでしたが、相手は酒販店さんですから変な事言って鶴のイメージダウンになっちゃ困りますから、それなりに考えながらお話してきましたよ(笑)。

この歳になったからってわけでもないでしょうけど、自分の蔵が一番とか、他とは違うんだとか、うちはこんなにすごいんだなんていう話はする気にはならなくて、粛々と鶴の考え方をお話しして、どっちかって言うと他のお蔵さんの話を興味深く聞かせていただきましたね。いつも一緒に活動もしてますけど、改めてそんな話をすることもありませんしね。

どこのお蔵さんもそれぞれに特徴があって、みんな頑張ってるなぁって思っちゃいましたね。どういう考え方で、何を大切にして、どんな酒を造っているのか、どのお蔵さんにも耳を傾けるべきものがあるんですよね。上伊那地域のお蔵さんが特に自己主張が強いとも思いませんが、もしかしたら割と個性的なお蔵が揃っているのかもしれません(笑)。

お互いに切磋琢磨して、この地域としてのお酒のあり方を確立して、みんなで伊那谷のお酒をアピールできたら強いかもしれませんね。地元産のお米もたくさん使ってますし、ほとんど同じ水系の水を仕込みに使ってるんですから、どこか似ていてどこか違うお酒なんだと思います。アクの強い連中の酒の飲み比べも面白いでしょう(笑)。

蔵の仕事もありましたから、最後の懇親会には出られませんでしたが、実は明日は明日で造りの方の勉強会が予定されてますから、イヤでもまたみんなとは顔を合わせることになります(笑)。他のお蔵さんから勉強できることはさせてもらって、今期の造りの方向付けもそろそろハッキリさせていかなくっちゃなりませんねぇ。


□□□ 帰ってきてからブログ書くのは大変(汗) □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

そういえば

伊那谷の酒蔵さんって、わりと東京にも進出しているところが多いですし、それぞれ特徴的なお酒を造ってらっしゃいますよね。

そういえば、今期こそ「ひやおろし」を造りませんか?
アイテム数が増えれば、それだけ売上が伸びそうな気がするんですが…(笑)

  • 2016/11/09(水) 09:47:57 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

一心同体

酒屋さんと酒造は一心同体で、
日本酒を売るために一緒に頑張らないといけない仲間ですよね。
そのつながりを強めるためにも集まりや勉強会があるんでしょう。
造り手にも売り手にも戦略や意気込みがあって、
それを共有することが将来につながって行くと思います。
酒造と酒屋のどちらも苦しい時代を生き抜いてるんですから、
自分たちの思いを語りだしたら止まらなくなるんじゃないですか!(笑)

  • 2016/11/09(水) 12:38:12 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: そういえば

東京でお目にかかることも多くなってるかもしれませんね。
伊那谷のお酒がみんなで隆盛になると嬉しいんですけどね。
ひやおろしはそれ専用に造らなくても製品はいくらでも作れますよね。
売り上げを伸ばすためには少しは冒険もしなくっちゃですかねぇ・・・。

  • 2016/11/09(水) 12:51:37 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 一心同体

案外地元の酒屋さんでも知らないお店ってあったりするんですよね。
こういう機会にお互いを知り合えたらいいことだと思います。
同じ業界と言ってもいいんですから、もっと意思疎通を図ってウィンウィンっていう関係になれればいいですよね。
その熱心さがお客さんに伝われば、地元での復活もありうるのかもしれません。

  • 2016/11/09(水) 12:55:04 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

今年の

純駒はひやおろしだと思ってましたが違いましたっけ?
磨きも60%と例年と変わってたし,少しは柔軟なストーンヘッドになってきたかなと(笑)

  • 2016/11/09(水) 20:58:31 |
  • URL |
  • けろ #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

Re: 今年の

ひやおろしは一応生詰めが原則です。
純駒は生貯蔵ですが火入れビン詰めなんですよね。
ですから秋上がりっていうことで売ってます。
かなり柔軟なストーンヘッドでしょ?(笑)

  • 2016/11/10(木) 18:59:30 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3825-98710f93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad