専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

原料米

IMG_20161017_160137.jpg

造りが始まろうとしているこの時期の私の一番の心配事は、原料となる酒米の入荷状況だってことは、常連読者の皆さんならよくご存じの事かと思います。きっと、毎年同じような内容の記事を書いてるはずですが、皆さんに飽きられようが何されようが、私にとっては気になって気になって仕方がないことなんですよね(笑)。

お酒造りの工程にその理由があると言ってもいいんですけど、お酒って造り始めたらとにかく立ち止まることができないんですよね。どういう意味かって言うと、造り始めてからお酒としてもろみを搾り終わるまで、長いもので2ヶ月近くかかるんですけど、何本も立てなくっちゃならないもろみの仕込みのスケジューリングっていうのがキッチリと決められているからなんです。

まずは、造り始めに間に合うかっていうのが最初の問題になりますが、それ以降も安定して供給してもらえるかどうかも大きな関心事です。いったん造りを開始したはいいんだけど、一度始まっちゃったらスケジュールを変更することがなかなかできなくなってきますから、とにかく日々の仕込みに必要な分の酒米が入荷していないと大変なことになっちゃうわけです。

特に、上伊那産の美山錦については、他のJAさんに比べて圧倒的に出荷が遅くなる傾向があって、これは美山錦の生産量が多いからこその状況ではあるんですけど、地元産にこだわる信濃鶴としては、何とかしてスタートに必要な量を間に合わせてほしいっていうことばかりじゃなくって、そのあとも続けて供給してもらえる道筋がつかないと安心できないわけです。

美山錦の動きについては、逐次地元JAの担当者さんと連絡を取るんですけど、今年は長雨の影響で刈り取りが遅れちゃってて、ただでさえ遅いところに更に輪をかけたような状況になってはいるものの、とにかく間に合わせたいっていうこちらの熱意を買ってくれて、特別の早出しを計画してくれているようです。

JAの担当Mさんも、忙しいところを面倒臭い仕事をやってくれて感謝感謝ですし、地元の関係者すべてで頑張って、美味しい地元のお酒を造るっていう心意気をみんなで共有して、伊那谷の日本酒を元気にしていきたいもんです。さてさて、原料米の入荷まで秒読みですが、間に合ってくれるかどうか、ドキドキしながら待つことにしましょう(笑)。


□□□ 写真は酒米の田んぼではありません □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

こうなると

初回だけでもJAを通さずに、直接農家とやり取りできるようになると楽かもしれませんね。
せっかくなので、先日売り込みにいらっしゃった生産者の方と繋がれたら…なんて思ったりして(笑)

なんにせよ、お天道さまのご機嫌次第の仕事は大変ですよねぇ…

  • 2016/10/20(木) 08:32:37 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

凄い!

それはブログ読者としてもドキドキする状況ですが、
JAの担当者さんが特別の計らいで頑張ってくれてるようなので、
それに期待することにしましょう!

今日の記事写真をクリックで大きくして見ましたが、何だか凄い写真です。
どう凄いって、上手く表現できないんですけど、
田んぼと向こうの山と雲がパノラマ撮影のように見えて、とにかく凄いです!

  • 2016/10/20(木) 12:24:43 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: こうなると

初回だけでもJAを通さないっていうのは私も考えてるんですけどね(笑)。
後々のことを考えると、ずっと同じ方法がいいんですけど・・・。
直接の買い付けも農家さんの顔が見えていいんですよね。
いろいろと悩み多きこの頃です(笑)。

  • 2016/10/20(木) 18:33:34 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 凄い!

今の予定だと、たぶん間に合いそうな感じなんですけどね。
いずれにしてもギリギリでしょうから、ドキドキしながら待ってる状況です(笑)。
この写真はかなり標高の高い場所で写してますから、遠景を俯瞰しているような感じなんですよね。
ま、こんな山の中に住んでるってことです(笑)。

  • 2016/10/20(木) 18:35:39 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3804-1a43d76b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad