専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

じいさん(おわり)

ここまで書いてきたように、私にとっても信濃鶴にとっても大きな存在だったじいさんでしたし、現在の酒造りの基礎もじいさんによってもたらされてきたものであることに疑いの余地はありませんが、それでも酒造りから離れて早19年が経って、当時のままの感度で現在の酒造りが続いてきたってわけでもありません。

じいさんがいなくなって19年ってことは、私が杜氏役をやるようになって19年ってことですから、私自身だってもうそんなに時が過ぎたのか驚くくらいですが、今から考えると蔵に入って下働きで働いていた最初の8年間の方が、その後の19年間よりも長かったような気がしますね。それだけ得るものも多かったってことなのかもしれません。

その間に、仕込み設備は変わり、蔵人も変わり、何よりも純米しか造らないようになり、考えようによっては大変革を遂げてきて、酒造りの細かい部分はそれなりに進化してきているわけですけど、だけどその精神の部分と言うか、酒造りに対する姿勢は全く変わっていないと思ってるんですよね。

今の普通純米酒に通じる商品も、じいさんが造ったものの中にあったりなんかします。純米規格なんだけどアルコール度数を落として飲みやすくして、値段は普通酒と同じっていう商品がかつての鶴のラインナップの中にありました。たくさん売れる商品でもありませんでしたが、しっかりとした固定客もついて、私の純米蔵の発想の一部をなしてましたね。

かつてよりは圧倒的に蔵人の数は少なくなって、機械で補っている部分がおおいにありますから、今の若い者にどうやってその精神を伝えていくのか、それはもう、今度は私の背中を見てもらうしかありませんが、今自分たちがやっている仕事は過去の偉人の肩の上に乗ったものだってことはしっかりと教えていきたいもんです。

じいさんの話は尽きませんが、あとはその面影を胸に、新しい時代に向かって行くだけです。次なる展開はどうなるのか。何をどう考えるべきなのか。新しい展開に翻弄されることもあるかもしれませんが、命がけで天国への階段を上る後姿を、私は忘れることはないでしょう。


□□□ じいさんシリーズ終了です □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

大仕事

写真無しブログが5日間続いたのは新記録なのでは?
書ききれないほどに岳志さんの前杜氏への思いがあったんでしょうね。

岳志さんが杜氏を受け継いで一番の変革は、純米蔵に変わったことでしょう。
これは蔵元杜氏だからこそ成しえたことかも知れません。
これからは岳志さんの酒造りの情熱と身につけた技術を、
しっかりと次の世代に引き継いで行くのが大仕事になりますね!

  • 2016/09/25(日) 10:33:50 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 大仕事

写真なしブログの新記録とは思いませんでした(笑)。
どんな写真使ったらいいのか分からなかったですし(汗)。
確かに、それほどの思い入れがあるのも事実でしょう。
それをどう次世代につないでいくかは考えなくっちゃイカンでしょうね。

  • 2016/09/26(月) 09:05:50 |
  • URL |
  • 岳志 #GMs.CvUw
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3779-10601608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad