専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

じいさん

じいさんが死んだ!・・・分かっちゃいたとは言え、知らせをうけた時にはちょっとした虚脱感だったかな。もう病を患って20年くらいが経って、そんなに病状も良くないことは知ってたから驚きはしなかったものの、大切な人がいなくなった悲しみはやっぱり大きかったな。ちょうどこっちが県の品評会の表彰式に出なくちゃならない日に葬式だなんて、最期の最期までお酒に絡んだ人生だったね。

自分で杜氏役をやる前に、長生社で40年以上にわたって杜氏を勤めてくれていたN杜氏。会社で『じいさん』と言えば彼のこと。新潟の越路町から10月末になるとやってきて、4月の帰郷まで1度も里帰りすることなく、信濃鶴のもろみを守り続けてくれた、実直という言葉がそのまま歩いているような名杜氏だった。御歳90才だから、しっかりと生きられた方かな。

全国金賞6年連続もやった、関東信越国税局の2位も、長野県の主席も取った。もっと昔の、今とは格段に入賞率の低い時代の金賞も受賞してて、伊那谷の他の蔵の経営者達に『歩く金賞』とまで言われたそうな。そんな杜氏も病魔には勝てず、それでも最期はほとんど苦しまずにあっさりとあっちへ旅立ったみたいだね。楽に逝けて良かったな。

悲しいんだけどさ、案外さみしくは感じないな。今の信濃鶴はじいさんの情熱と技術を基本にして造られているけど、技術的な小手先のこともさることながら、じいさんの酒造りにかける情熱を受け継いだのはこのオレしかいないかもしれないよ。その志が今の蔵にも生きているんだとしたら、あんまりうるさいのもかなわんけど、いつまででもそこにいてくれ。台風来てんだぜ。その中を駒ヶ根と長岡の日帰りはキツいけど、ちゃんと会いに行くからな。


□□□ 無事に帰ってきました □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

旅立ち

40年以上も長生社で杜氏を勤めたってことですから、
今の信濃鶴の礎を築いた方だったんですね。
酒造りの技術だけじゃなく、岳志さんの石頭もこの方から譲り受けたのかも。
90才なら思い残すことも無いんじゃないですか。
信濃鶴の今も、ちゃんと見届けての旅立ちですから。
台風の中の日帰りになっても、会いに行かないわけにはいきませんね。

  • 2016/09/21(水) 12:27:16 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 旅立ち

今の信濃鶴の基礎はすべてじいさんから受け継いだものです。
絶対に妥協しない情熱は最初は私にはよく分からないくらいのものでしたね。
何よりも大切な酒造りへの思いを私は彼から学びました。
もしかしたら、この石頭も譲り受けたのかもしれません(笑)。

  • 2016/09/21(水) 17:23:29 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

お悔み

心よりお悔やみ申し上げます。私の母親は大正13年生まれの92歳ですが要支援1で一人住まいをしています。視力が衰えている以外は普通に自活できていますが近所に食料品店が無いので週二回は私が買い物に、一回は母と一緒に買い物に行っていますがまだまだ元気です。本日届いた「鶴」はおじい様の「魂」が入っていると思って大事に飲みます。

  • 2016/09/21(水) 19:36:36 |
  • URL |
  • 鳥居 慶司 #-
  • [ 編集 ]

Re: お悔み

92才で一人暮らしってのもすごいですねぇ!
さすが、鳥居さんのお母様ですね(笑)。
でも、ちょっと心配でもあるんじゃないですか?
きっと皆さんで気にかけてらっしゃるから、ご本人も安心しておられるんでしょうけどね。

  • 2016/09/22(木) 13:18:17 |
  • URL |
  • 岳志 #GMs.CvUw
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3775-32ea5148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad