専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

木桶



何か酒屋ネタはないものか探そうと思って外に出ると、目の前にこの木桶が転がっているじゃありませんか(笑)。ご覧の様に、もう使うことはできない代物ですが、長生社に残っている木桶はこれだけです。いつか壊さなくっちゃならないと思ってはいるものの、最後の1本だとか思っちゃうとなかなか手が下せなかったりします(汗)。

私が蔵に入った27年前には、5本くらいは現役で使ってたんですよね。現役って言っても、仕込みやお酒の貯蔵に使ったりしてたわけじゃなくって、酒粕を入れてたんですけどね。冬の間に粕を詰め込んで貯めておいて、夏になったらそこから掘り出して漬物用の酒粕として袋詰めしてましたね。掘り出すのが大変だったなぁ(笑)。

いつごろから切り替わったのか分かりませんが、かつては木桶しかなかったのが、金属製のホーロー引きのタンクに取って代わられて、今では大きな木桶を作れる職人もほとんどいないっていう状況だそうです。長生社の蔵の中のタンクを見ると、昭和30年代には金属製になっていたようなんですけどね。

衛生的な観点や、貯蔵しておくと多少なりとも漏れ出て欠減になるその特性や、手入れの大変さからだんだんと廃れていったんでしょうけど、今では復古的な造りを目指す一部のお蔵さんが新しい木桶仕込みに挑戦なさっておられますね。香味の特徴づけや、現代の日本酒造りが忘れてしまった何かを求めた、ロマンあふれる取り組みなんじゃないですかね。

この木桶(の残骸)もかつて酒粕が詰められていた時には、下からいろいろ漏れ出して夏には大変な様相になっていたのを思い出しますが、不思議と中身まで汚れちゃうようなことはなくって、微生物の活動やら空気や水の出入りでひとつのバランスを取っていたんじゃないかと思ったりしたんですけどね。

ここまで雨ざらしになってたんですから、壊してしまえば薪くらいにしかならないでしょうけど、いつまでもこうしておくわけにもいきませんから、そろそろ年貢の納め時でしょうか。酒蔵の古き良き時代を知る木桶でしょうから永久保存したいのは山々ですけど、どこかで踏ん切りを付けなくっちゃ新しい時代も迎えられないのかもしれませんねぇ。


□□□ 材木としては使えんでしょうなぁ □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

おはようございます

長生社さんの敷地の片隅で見た記憶がありますね~
こういう物を見ると、もったいないとか貴重品って思うのは、商売柄ってだけでなく歳を取ったって事も有るのかと・・・笑

ヤフオクとかのオークションサイトを見ると、えっ?こんな物が?ってな物にもけっこう需要があるようで、それなりの値段が付いてたりします。
何時までも置いといても邪魔なだけなんでしょうけれど、なんだかやっぱりもったいないような・・・笑

追伸
こないだ岳志さんのブログを読んだら、もううなぎが食べたく成っちゃって、早速連休中に食べてきちゃいました・・・久しぶりのうなぎは美味しかったです

  • 2016/07/21(木) 06:32:13 |
  • URL |
  • タッキー #-
  • [ 編集 ]

木桶

どれくらい野ざらしになっていたかわかりませんが、私が伺った時には既にあったので、少なくとも10年ぐらいは雨ざらしになっているんですよねぇ?
それでもこれだけの腐食で済んでいるというのは、本当に頑丈に作られたものなんですねぇ。

せっかくここまでとってあったんですから、どこか無事な材を使って、記念品的な物は作れませんかね?(笑)

もし捨ててしまうんでしたら、むしろ材料として欲しいぐらいです(笑)

  • 2016/07/21(木) 09:00:50 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

再生利用

ボクが伺う酒蔵では木桶を解体して玄関の床材に再生したり、
底板を丸テーブルの天板にしたりと活用してましたけど、
それも難しいくらいの傷み具合ですかね。
酒蔵で使っていた道具は雰囲気も由緒もありますから、
酒屋さんや居酒屋さんのオブジェにしても喜ばれそうです。
折角のものですから何かの役に立てたいですよね!

  • 2016/07/21(木) 12:30:20 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: おはようございます

そうですそうです、タッキーさんが長生社で見かけた木桶がこれです。
確かに貴重品であることは確かなんですけど・・・。
ヤフオクで売れるような代物じゃありませんしねぇ(汗)。
タッキーさんのうなぎブログは拝見してましたが、私を真似たってことだったんですね(笑)。

  • 2016/07/22(金) 07:33:59 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 木桶

ZENさんだったら、いろんな活用方法を思いつきそうです(笑)。
でも、あまりに長く雨ざらしになってましたからとても材料として使うことはできないかと(汗)。
10年なんてもんじゃなくって20年くらいこのままだったんじゃないかな。
状態のいい最後の1個だったとは思うんですけどね。

  • 2016/07/22(金) 07:36:23 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 再生利用

底板くらいは何とか使える・・・かも(汗)。
こういう物を別の物に作り変えるだけでもかなりの手間がかかると思うんですけどね。
タンクの蓋はまだ状態のいいのが残ってますから、テーブルなんかには使えそうです。
この木桶だけは何ともならないと思ってるんですけどねぇ・・・。

  • 2016/07/22(金) 07:38:42 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3708-bf0feca4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad