専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

トックリ蜂



ただ今、長野市に向かうバスの中でこの記事を書いてます。そういう役割なもんだから仕方のないことですが、先週は麹の製造実習のために4日間も工業センターに寝泊まりしてたのに、今週は今週でまたまた長野市入りです。会社にいて、やりたいことが山のようにありますが、これも長野県の酒造りのためにと思って頑張るんですけどね(汗)。

酒造組合の中で製造技術委員っていう肩書になっている私は、いろいろな場面でお仕事が割り振られて、その度に酒造組合と食品工業センターがある長野市まで出向かなくっちゃならないってわけです。今日のお役目は『長野県清酒研究会』の審査員ってことなんですけど、これについてはまた後日ちゃんと書きますね。

ってことで、バスで事故でもない限り道中のことを記事にはできなさそうですから(笑)、ちょっと昨日の続きで、昆虫ばなしを続けてみましょうか。スマホの中にこんな写真が残ってましたから、その流れで皆さんにご覧いただきましょう。トックリ蜂の巣なんですけど、この蜂って日本中に生息してるんですかね?

蜂の巣ってひと口に言っても、六角形が規則正しく並んだどこでも見かけるものから、このトックリ蜂のように奇妙な形のもの、スズメ蜂の馬鹿でかい球形タイプ、地蜂は土の中に棚みたいな感じに作るし、いろんな構造があって、蜂ってとっても器用な昆虫だと思います。どれもそれなりに芸術的ですしね(笑)。

刺して人間に害を与えないんであれば、これと言って目の敵になんかならないんでしょうけど、皆さんもご経験がおありのように、刺されたらかなり痛いですし、スズメ蜂クラスになると命も危険になることがありますもんね。私も、草刈りをしていて地蜂の巣を踏んでえらい目にあった時には、心の底から憎いヤツらだと思いました(笑)。

トックリ蜂がどうしてこんな形の巣を作るのか分かりませんが、ここに卵を産みつけて次世代に命をつなぐための大切な場所なんでしょうから、人間を喜ばせるためにこんな形にしているんじゃないのは確かでしょう(笑)。でも、こうやって私達を多少なりとも楽しませてくれますし、彼らは人間を刺すことはしないんじゃないかと思いますから、トックリ蜂はかわいいヤツだと思ってるんですけどね。


□□□ 本当に刺さないのかな? □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

徳利蜂の巣

ガキの頃、雑木林の古木の洞や、河原の石の下や、家の軒先にある蜂の巣を見つけてはいたずらをし、しょっちゅう刺されていたことを思い出しました。ということで、いろいろな形の蜂の巣を見てきましたが、写真のような徳利の形は初めて見ましたが、なんとも酒蔵にふさわしい見事な徳利に感心しました。

  • 2016/07/16(土) 09:49:43 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

Re: 徳利蜂の巣

確かに、言われてみれば酒蔵にふさわしいハチの巣だったんですね(笑)。
ご覧になったことがないということですが、我が家ではよく見るんですよね。
それだけ周りに自然が多いってことなのか・・・?
それとも、こういう巣を作るのに必要な何かの植物が多いとか???

  • 2016/07/16(土) 17:42:31 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

お見事!

酒造の建物にトックリ蜂の巣なんて、
お酒が売れる前兆のような縁起を感じますが、その気配は無いですか?
それにしても見事に綺麗な形に作るものです。
こんな形の蜂の巣を初めて見ましたし、
そもそも蜂の巣の実物にお目にかかったことが無いような。
蜂は見ますけどね。

  • 2016/07/16(土) 17:42:58 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: お見事!

お酒が売れる前兆は・・・ねーんですけどねぇ・・・(涙)。
でも、トックリ蜂が巣を作るなんて酒蔵にとっては縁起がいいことではありますよね!
信州は山国だから蜂が生活環境のそばに多いんですかねぇ?
もしかしたら、私が常識だと思っている蜂感は、すげー田舎者の感度なのかもしれません(汗)。

  • 2016/07/16(土) 17:59:41 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3702-601812e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad