専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

製麹実習(つづき)



今回の実習は麹を造るまでなんですけど、その目玉となるのはあるベテラン杜氏さんの指導にあります。長野県の岡谷市にある高天酒造の大杜氏であるIさんが講師として参加して下さるっていうことで、私としても後輩の指導もさることながら、その熟練の技が多少なりとも拝見できるまたとないチャンスだと、この役得に大いにほくそ笑んでいるところです(笑)。

長野県内で最もご高齢な部類に入られる杜氏さんですが、最近まで県の杜氏会の会長をなさっておられたくらいにお元気で、高天酒造さんの酒造りや若手の育成にもご尽力なさっておられます。各種の品評会には常に上位入賞しておられて、その技術は誰もが認めるところ。酒造関係者のほとんどが県内ナンバーワン杜氏だと口を揃えるであろう大杜氏です。

今回は、Iさんの後を継いだ高天酒造の女性杜氏Mさんと一緒に参加してくれていて、Mさんが私と同じ製造技術委員だったからの幸運なわけですけど、これは研修生の皆さんにとっても超ラッキーだと言っていいでしょう。私もできる限りのことは若い蔵人達に伝えるつもりですが、超ベテランの経験から出てくる教えには到底かなうもんじゃありませんから、素直に生徒に徹するつもりです(笑)。

前回の研修は箱麹法っていうオーソドックスな手作り方法のみで行いましたが、今回はI杜氏さんがおられるおかげで、蓋麹法と呼ばれるもう少し盛り量の小さな、でも高品質な麹造りが可能と言われている、でも手が掛かって技術の必要なやり方も平行して体験できることになりました。私も蓋麹法は実際にやったのは1回のみで、全く未経験と言ってもいい方法ですから、本当に楽しみにしてきたんですよね。

I杜氏さんとお話ししていると、技術的なことばかりじゃなくって、多少の精神論も伺うことができて実に有意義です。この歳になってようやく分かることもあるわけで、そこを後押ししてくれるようなお話は、私もそれほど間違っちゃいないと自信が持てたりもしてます(笑)。まだまだお元気な様子は、こっちも負けてられないと思わされてますね。

今一番困っているのがブログ用の時間が取れないことですかね(笑)。麹の手入れ等のない時間、受講生達は座学があって忙しいんですが、私達も準備やら何やらで遊んでいる間がありません(汗)。前回よりも夜の仕事が増えるのかもしれませんから余計にうかうかしてられませんけど、これも経験のうちですから受講生達と一緒に頑張りますよ(笑)。


□□□ もう既に睡眠不足です □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

麹造り

長生社さんとは入ってる機械も違うでしょうから大変そうですよねぇ。
それでいて上手く造らなきゃいけないって、なかなかのプレッシャーで…(^^;

高天酒造さんって、失礼ながら長野の酒メッセではあんまりイメージが無かったんですが、結構コアなファンもいらっしゃるようですね。
次回の長野の酒メッセのときは、もっとじっくりと味わってみよっと。

  • 2016/07/07(木) 10:29:35 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

我が社の受講生は。。。

キチンと授業受けてますか?迷惑かけてないですか?お世話になりましてありがとうございます!北原さんの製麹に触れられるだけでも贅沢なのに、まさかのI杜氏の蓋麹に触れられるなんて、むしろ私が受けたいくらいですね。

  • 2016/07/07(木) 11:44:17 |
  • URL |
  • naoko@kisoji #JkPZIk6.
  • [ 編集 ]

得るもの

麹造りの実習は一人の杜氏さんが教えるのかと思ったら違うんですね。
研修生にとっては、あれもこれもで大変なところがあっても、
自分の蔵では学べないことも実習で経験できて得るものが多いんでしょう。
講師として参加してる岳志さんにとっても勉強になる実習のようですが、
ブログを書く時間も取れなくて、睡眠不足にもなるなら、
本物の造りの時期と変わりませんね!(笑)

  • 2016/07/07(木) 12:45:19 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 麹造り

これといった特別な機械もないんですけど・・・。
やっぱり普段と違う環境での麹造りは簡単じゃありません(汗)。
高天さんは地元中心に根強いファンがいらっしゃるお蔵さんですね。
その味は保証済みですから、ぜひ一度飲んでみてください!!!

  • 2016/07/07(木) 17:36:58 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 我が社の受講生は。。。

2人ともまじめに授業を受ける優等生でしたよ!
私の製麹なんてまだまだ青二才でお恥ずかしい限り(汗)。
でも、Iさんの技術に触れられるのはとても貴重な経験だったと思います。
私もいろいろとお聞きしてとても勉強になりましたね。

  • 2016/07/07(木) 17:39:41 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 得るもの

いろいろな杜氏の教えを受けられるなんてとても幸せなことだと思います。
私の技術なんてたかが知れてますが、I杜氏に教わるなんてめったにできないことです。
夜はうかうか寝てられませんでしたから大変でした。
本物の造りの時期より生活するのは苦しかったりして(汗)。

  • 2016/07/07(木) 17:43:15 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3693-94a4b6fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad