専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

製麹実習



えーっと、チト大変です・・・。昨年のブログにも登場しましたが、長野県の工業技術総合センター食品技術部門(長ったらしい名前ですが)に新たに設置された、清酒醸造用のミニプラントを使った実習のために長野市まで来ています。今年も、製造技術実習の生徒達に麹造りを教えるための講師的な役割ですが、3泊4日という長丁場ですから、まずこれに参加すること自体が大変です(汗)。

加えて、長生社からも蔵の若手ひとりをこの講習に参加させてますから、会社から2人同時に抜けることになって、今粕詰めに人手が必要な長生社としては大わらわです。若手にはしっかりと成長してもらわなくっちゃなりませんから、多少の犠牲は覚悟しなくっちゃなりませんけど、私も一緒にいなくなる事態は想定してませんでしたね(汗)。

ここは長生社の明るい未来に思いを馳せて頑張りますが(笑)、講師の立場は意外に大変で、つまりは冬の仕込みの時期の麹造りと全く同じことをするわけですから、造る量はたかが知れてるとは言え、暑い部屋での仕事になりますし、夜中の仕事はあるし、何よりも生徒達の教材にしなくっちゃなりませんから、失敗が許されません(汗)。

昨年の実績がありますから、分からないことはないですし、足りない資材等もありませんし、麹室の様子も大体分かってはいますが、そもそも気が抜けないのが麹造りですから、夜中の見回りはしっかりやらなくっちゃなりません。昼間は人がいますから誰かが面倒を見てくれますが、夜のうちに思わぬ方向に麹が転がり落ちないように見張る役割は重要です。

技術的な話をすれば、お米の量が少ない麹造りっていうのはやりづらいんです。今回は別に仕込みに使うってわけじゃないもんだから、実験的に少量しか造りません。っていうことは、麹菌の数も少ないわけで、理想的な温度経過に導くことが難しい面が出てきます。発熱量が少なくて、なかなか麹の品温が上がってこなかったりするんですよね(汗)。

私はこの酒造技能士養成講座の麹担当で、他のパートはまた他の方達がやってくれますから、とにかくこの4日間は信濃鶴の麹を造るのと同じ熱意で取り組んでます。やらされてる感が強いとイヤにもなるでしょうけど、やっぱりこういうことは体に染み着いていて楽しいんでしょうね。生徒達と一緒に自分も何か得られるんじゃないかとワクワクしてたりします(笑)。


□□□ いい勉強させてもらってます □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

最近じゃ

自動製麹機を使ったり、そもそも麹を自社で造らずに買ってきたりするお蔵さんもありますよね。
とあるお蔵さんが「それで酒造りを語るんじゃねぇ!」って怒ったって話もありますが(笑)

何はともあれ生き物相手のことですから、ご機嫌を伺うというか、相対する方法ってのを知るのは大事ですよね。

  • 2016/07/06(水) 08:40:32 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

ワクワク感

泊りがけでどこかに出かけてるんだろうとは思ってましたが、
技術実習の講師の仕事でしたか。
3泊4日とは通常の仕事ではなかなか無い長いお出かけです。
ほとんどが20代の若い人たちが相手でしょうから、
自分も若くなった気持ちに引き込まれてたんじゃないですか?!(笑)
若さ=その“ワクワク感”なのかも。

  • 2016/07/06(水) 12:20:46 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 最近じゃ

麹造りはお酒造りの原点ですからね。
これを知らずにお酒造りは語れませんが、今は色々な方法があるってことで(笑)。
講習生にも麹造りの大切さが分かってもらえればうれしいんですけどね。
ま、自分でやって初めて分かるのが現実社会ですけど・・・(笑)。

  • 2016/07/06(水) 16:41:37 |
  • URL |
  • 岳志 #GMs.CvUw
  • [ 編集 ]

Re: ワクワク感

3泊4日っていうのは営業回りでもないのに、大変な長旅です(笑)。
実質会社を空けるのは3日間なんですけど、どっちにしても大変です(汗)。
若い連中からも色々学ぶことはあると思いますから、私も生徒のつもりで頑張りますが・・・。
私の娘の世代の若者達ですから、もうジェネレーションギャップがスゴくて(涙)。

  • 2016/07/06(水) 16:46:56 |
  • URL |
  • 岳志 #GMs.CvUw
  • [ 編集 ]

リボンシトロン

リボンシトロンのプラケ-スに他のプラケ-ス重ねて高さ調節良いですね。これで一番上の金属の容器の色がが「青」だったら信号機ですね。

  • 2016/07/06(水) 20:12:33 |
  • URL |
  • 鳥居 慶司 #-
  • [ 編集 ]

Re: リボンシトロン

鳥居さんは目の付け所が全く違いますね(汗)。
私にとっても新たな発見でしたよ(笑)。
これはリボンシトロンのケースじゃないと思いますけど・・・。
でも、リボンシトロンなんて若い人は知らないんでしょうねぇ・・・(汗)。

  • 2016/07/07(木) 17:30:29 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3692-c7f9a6f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad