専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

鶴粕始動(つづき)

IMG_20160618_172509~2

粕詰めの話題を書く時には、いつも詰めるっていう作業の方ばかりを説明しちゃうんですけど、この一連の仕事の中であまり記事にしたことのない、地味なんだけどこれなしには作業が続けられない重要な工程があるんです。工程っていうか、詰める前にやっておくべき準備って言った方がいいでしょうね。

それは、袋折りなんです。酒粕は半固体みたいな性状で、粕によってはかなり柔らかいものもありますから、パッケージとなるビニール袋に入れるってことが一番面倒臭い仕事になるんですけど、ご想像いただければお分かりのように、ペローンとしたビニール袋にベチョッとした半固体を押し込んでいくのは至難の業です。

入れようとすれば、口の部分にも酒粕が付いてみっともなくなるでしょうし、袋の奥まで手を突っ込むのも大変です。余分な空気を抜きながら徐々に詰めていかなくっちゃなりませんから、粕を押し込みながら入れてきますが、そういった作業がとてもやり難くなるだろうことは自明でしょう。

っていうことで、どういう事前準備が必要になるかっていうと、ビニール袋の口をある程度まで折り曲げて、袋の底にすぐアクセスできるくらいの丈にしておくんです。そうすることで、まず最初のひと固まりを簡単に底の部分に広げられて、その後の仕事もやり易くなるんですよね。

中に入れた酒粕が増えてきて縁を越えそうになってきたら、巻き取った部分を少しずつ戻してビニール袋を深くしていくようにしていきながら最後まで詰め込んでいくっていう感じです。ですから、袋を折るって言っても一重じゃなくって短い折り幅で何重かにしておかないと作業上都合が良くないんです。

そんなわけで、仕事がし易い形状にするように、酒粕を入れるビニール袋は全て全段階の準備として口を何重かに折り曲げておきます。それがやってないと仕事が始まらないわけですから、身体を使って大変っていう作業じゃありませんけど、誰かがどこかで内職的に仕事をしてます。私もヒマさえあるなら、いくらでも積極的に折り折りしたいんですけどね(笑)。


□□□ きっと以前にも書いてる話しかと(汗) □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

おはようございます

昨日はありがとうございました。

さて、酒粕詰めの日記を読むたびに、いつも効率化ができないもんかと思うんですけれど、こんなのは使えないですかね・・・
モルタル(砂とセメントを混ぜた物で砂利の入っていないコンクリートみたいなものです。)

モルタルポンプとか、モルタルガンなんて道具で、金物屋さん的なお店なら普通に置いてあるはずです

リンクを貼ってみますね
https://www.monotaro.com/g/00200577/

  • 2016/06/19(日) 06:48:49 |
  • URL |
  • タッキー #-
  • [ 編集 ]

準備作業

酒粕販売が本業なら、
専用のラインで自動で詰める装置でなんてこともありうるでしょうけど、
そこまでの投資はとてもできませんよね。(^^ゞ
ビニール袋の口を幾重にか折りたたんでおけば粕を詰めやすいことは、
普段の経験からも容易に想像できます。
詰める作業のやりづらさを考えると、この準備作業は大切ですね!

  • 2016/06/19(日) 11:03:48 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

我が家での酒粕利用法

柔らかい吟醸酒粕が手に入った場合、大きめのジップロックに酒粕と同量の味噌を加えてよく混ぜます。
その中に鳥の胸肉を入れてよくもんで冷蔵庫で保管します。
一日一回よくもんで一週間後に味噌を落としてまずレンジでチン。その後表面に焦げ目がつくまで焼き、一口大にカットしていただきます。淡泊な胸肉が酒粕の香りと味噌の塩味がついて絶品料理になります。
4日目から食べられますが、一週間つけるのがより美味しくなると思います。

Re: おはようございます

我が事として私のブログをお読みいただいてありがとうございます(笑)。
着眼点はとてもいい商品だと思います。
問題は、この機械に入れられる酒粕の量が少なすぎるんじゃないかってことですね。
その度に酒粕を入れないとならないようだと効率が悪いと思うんですよね。

  • 2016/06/20(月) 09:03:16 |
  • URL |
  • 岳志 #GMs.CvUw
  • [ 編集 ]

Re: 準備作業

想像していただければ、この作業の雰囲気はお分かりになると思います。
何がやりづらいのかも、何となくご想像いただけるでしょう。
まぁ、どんな仕事にも準備は必要ですよね。
この準備なく粕詰めができるような機械があれば、それなりの投資も考えちゃいますけどね(笑)。

  • 2016/06/20(月) 09:05:21 |
  • URL |
  • 岳志 #GMs.CvUw
  • [ 編集 ]

Re: 我が家での酒粕利用法

何だかそーとーにおいしそうな料理ですよね(笑)。
是非女房にもこのレシピを見せて造ってもらおうと思います。
塩麹もそうですが、昔からの発酵物っていうのは食品をとても美味しくしてくれる力がありますよね。
そういう着眼があれば、酒粕も売れ残ったりしないハズなんですけどねぇ(汗)。

  • 2016/06/20(月) 09:07:43 |
  • URL |
  • 岳志 #GMs.CvUw
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2016/06/20(月) 17:09:57 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3675-975cfa79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad