専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

破損



こういう悲しい写真は皆さんにはお見せしたくないんですけど、まぁ、こんなこともあるってことでご紹介してみましょう。ガラスの破片がたくさん入ってますし、一升ビンの口も見て取れますから、お酒の入った一升ビンが輸送の途中かどこかで割れちゃった図だってことはすぐにお分かりでしょう。

先日発売した特純の無濾過生原酒は、6本入れのダンボール箱で発送させてもらってるんです。これは、かつて記事にしたように、宅配業者さんで冷蔵発送が実質的にできなくなっちゃったもんだから、苦肉の策として撥水性の段ボールを使って中に保冷材を入れるっていう方法を採っているためなんですけどね。

ただ、この段ボールは水に強い材質になっているもんだから、何と言えばいいか硬くて滑り易いんですよね(汗)。ツルツルしてるって程じゃないんだけど、持ち方が悪いと滑り落ちる可能性は高い気がします。確かに、水にはかなり強くて、こんなに丈夫じゃなくてもいいんじゃないかと思う程なんですけど(笑)。

で、無濾過の出荷なんて相当数の段ボールが発送されるわけで、時としてどこかで事故になる場合もあるんです(汗)。これはこの段ボール箱の滑り易さのせいばかりじゃなくって、いろんな原因で中味が割れることがあるって話なんですけど、せっかくのお酒が無駄になっちゃいますから至極残念なんですよね(涙)。

宅配業者さんだって丁寧に扱ってくれてますし、破損の原因はいろいろあるとは言え、まぁ普通なら壊れても2本くらいなんですけど、今回6本中の5本が割れたってことだったもんだから、そんなことも珍しいと思って記念撮影しておきました(笑)。少し高い所から落ちたりしたのかもしれません。

保険はかけてありますから、保証はしてもらえます。でも、もったいないことに変わりはありませんから、何とか事故にならないように祈るばかりですが、こういうことが起きると、かつて6本入れのプラ箱を冷蔵で送ることができた時代が本当に良かったと思っちゃいますね。何とかあのサービスを復活させてもらえませんかねぇ・・・。


□□□ えらくポイントが低い? □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

見るも無残!

うぅ~っ! これは見るも無残です。
保険でお金が戻ってはきても、
造り手の思いを込めたお酒が人の口に入らぬままに無駄になるんだから。
お金ではあがなえませんよね。
ダンボールに沁みたお酒を絞って呑むわけにも行きませんし。(涙)

全国の酒造組合が連帯して宅配業者に申し入れたとしても、
プラ箱の冷蔵発送復活は無理なんでしょうかね。

  • 2016/06/15(水) 12:38:19 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

いちおう

西濃運輸ならP箱のまま冷蔵で送れるサービスがありますね。(3辺合計120cm以内・重さ30kg以内)

ネックとすれば価格とサービスですかね。
以前に通販で使おうかと思って営業さんを呼んだんですが、アポイントを2回すっぽかされたことが…
同業の人に聞いたら「あぁ…西濃運輸のあそこの営業所はダメですよねぇ」みたいなことを言ってましたが(笑)

  • 2016/06/15(水) 13:24:48 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

Re: 見るも無残!

こんなにたくさん壊れることは珍しいですね。
大抵は1本か2本程度で済んで、残りは救済できるのが普通なんですけどね。
ZENさんも書いてますが、一応送ることはできるんですよね、他の業者さんで。
でも、どえりゃー高くつくんで、そこが完全なるネックになるっていうわけです(汗)。

  • 2016/06/15(水) 17:39:16 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: いちおう

同じ様な冷蔵サービスはどこにでもあるんですよね、一応・・・。
でも、金額かかつてのヤマトさんの比でなく高いんです(汗)。
ウチもいろいろと見積もりを取って検討したんですけど無理ってことになりました。
あんときゃ良かったって、いまだに残念です・・・。

  • 2016/06/15(水) 17:41:51 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3671-562c7b9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad