専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

酒米研究会



とにかく忙しい日々が続いています(汗)。社外に出る日があまりに多すぎて、毎日どこかに遠距離運転をしているような感じです。自動車の遠乗りはそんなに得意じゃないもんだからちょっとお疲れ気味なんですけどね(涙)。記事にする順番が前後入れ替わりましたが、これは先週の金曜日のお話。この日も、長野市に日帰り往復でした。

『長野県酒米研究会』につていは、過去にもここに書いたことがあったと思いますが、「山田錦を越える未来の長野県産の酒米を開発しよう」っていう心意気で始まった研究会で、定期総会が4回目ですから、発足から既に3年が経ったってことになるんでしょうか。いやぁ、月日が流れるのは早いもんです(汗)。

酒米の開発なんていうことは酒造メーカーだけでできることじゃありませんから、長野県の農事試験場さんと共同で行っている事業になるんですけど、いずれにしても数年のスパンでできるなんていう話じゃなくって、何年もかけて交配・育種をして、更に何年もかけて実栽培をしたお米を使って酒造適性を確かめるっていう気の長い作業になるわけです。

今のところ、有力候補として『信交545』と『信交549』っていう2系統が選抜されていて、実際の試験醸造も行われてきています。私も詳しいことは分かりませんが、県の品種登録ってことがされないと公に酒米だとは言うことはできなくて、とりあえずは545の方が登録には近いってお話しでしたね。そこまで行くと『○○錦』とかいう通称も付けてもらえるようになるんじゃないですかね。

ただ、この品種がベストっていうことじゃありませんから、これらの下にはピラミッドの構成図のように、更に多くの好適米予備品種が育種されていて、そのうちのどれかが選抜されてくることは大いにあります。本来なら、もっともっと長い年月をかけて見出されていくべき過程のはずですが、そこをどれくらい短縮できるのか頑張っているわけで、どこに宝物が隠されているか探り当てるのは簡単じゃないでしょうね。

そう考えると、山田錦は歴史が造り上げてきた部分も大きい王様品種だってつくづく思っちゃいますし、これを越えることがいかに難しいか実感するんですけど、気候の変化、嗜好の変化、技術の変化等々、状況は常に動いているわけですから、どこで何にぶつかるか、数多くの試行錯誤を行う価値はあるはずです。どのくらい先にあるのか分からないのが夢ですから、一歩一歩進んでいくしかないんでしょうねぇ。


□□□ 1位が長いですなぁ □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

日本一のお酒造り

北海道で作られている酒造好適米は「吟風」「彗星」「きたしずく」の3種。
以前は「初雫」と言う酒米もありましたが、
より酒造りに向く好適米が生み出されたので生産されなくなったようです。
どれも、山田錦に勝るなどと大きな心意気で作られたかは分かりませんが、
北海道には道産の酒造好適米だけを使って酒造りする蔵もあります。
その土地で生まれた米で日本一のお酒を造りたいと言うのは、
全国何処の酒蔵もが目標にしてるのかもしれません。

さて、これから広島に向けて旅立ちます。
LCCの乗り継ぎが悪くて成田空港で4時間を過ごさなければならず、
広島到着は夜になってしまいます。
岳志さんが教えてくれたお好み焼きのお店はどれも有名店で、
どのお店で食べても間違いないようです。
今夜は美味しいお好み焼きを食べまっせ~♪

  • 2016/06/08(水) 08:33:51 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

新しい酒米が

造られるたびに「山田錦より~」という言葉が使われますけど、やっぱり山田錦を超えられないのが実情ですよね。作付的にも酒造り的にも…

また、個性で選ばれる酒米も、雄町だったり愛山だったり、果ては酒米ですら無い亀の尾だったりするわけで、いかに歴史が証明してきた品種を代替するのが難しいかわかりますね(^^;

  • 2016/06/08(水) 11:54:52 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

新幹線 高速道路

長野市に日帰りで往復ってのが凄いですね。静岡県は新幹線の駅が 熱海 三島 新富士 静岡 掛川 浜松と六駅あり、高速道路のインタ-チエンジもスマ-トインタ-カウントすると37有ります。もちろん空港は民間自衛隊合わせると複数有ります。環境に恵まれている分静岡県人は生ぬるいと言われる理由の一つかも?

  • 2016/06/08(水) 21:02:52 |
  • URL |
  • 鳥居 慶司 #-
  • [ 編集 ]

お疲れさまです

伊那谷からだと、長野市ってやっぱり遠いですよね・・・
自分等が若い頃は、長野道なんて無かったので、長野市に行くって事は一日仕事でしたよね・・・

それが今はホントに気楽に行ってこれるようになりましたね。
自分も最近長野市が近くなって、先月行ったときは、岳志さんのブログにも何度か登場する工業試験場でしたっけ?の前を通りましたよ・・・
今月も来週末辺りに行くことになりそうです

  • 2016/06/08(水) 22:42:24 |
  • URL |
  • タッキー #-
  • [ 編集 ]

Re: 日本一のお酒造り

自分の土地で採れるお米でお酒を造るっていうのは基本中の基本でしょう。
それが一番手間がかからない方法ということもできますね。
ただ、よりよいお米があるってことになると遠くから輸送することもいとわないって話にもなりますね。
広島は十分に楽しんで帰ってきてくださいねー!!!

  • 2016/06/10(金) 08:11:14 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 新しい酒米が

山田錦がそれだけ素晴らしいお米ってことでしょうね。
全国鑑評会等での成績もそれを完全に裏付けてるってことですもんね。
歴史の保証付きのお米の素晴らしさは論を待たないところでしょう。
一朝一夕に品種なんて作りだせないのも通りです(汗)。

  • 2016/06/10(金) 08:14:21 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 新幹線 高速道路

長野県は広いですから、長野市までって案外遠いんですよ(汗)。
静岡は確かに交通の便はとても優れているんですね。
だから静岡県人は生ぬるいとは言えないと思いますけどね(笑)。
それだけ日本の産業の大動脈に位置しているってことなんでしょうね。

  • 2016/06/10(金) 08:16:21 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: お疲れさまです

タッキーさんは後しばらくは長野に行く機会が多くなりそうですね。
車で片道2時間っていうのは慣れた人にとっては短距離なのかもしれませんけど(汗)。
私は長距離運転は苦手で、どちらかと言えばバスで行く方が気が楽です(笑)。
でも、いろいろ荷物を運ぶことを考えればやっぱり自動車が便利かなぁ・・・。

  • 2016/06/10(金) 08:18:54 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3664-c053b6e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad