専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

お酒の会



今日は、小海町の酒販店『清水屋』さんのお酒の会に参加するために佐久市まで来ています。今は開場前の時間で、お客さんが入ってこられるまでにはまだ余裕があるもんだから、どこまで書けるか分かりませんけど、本日分の記事を打ち込んでみますね。ひとりだけでいるならドンドン書けるんですけど、いろんな人に声をかけてもらうと、思うようにはいきません(笑)。

今日大変だったのは、昨日ケンカして女房が実家に帰っちゃった・・・はウソで(笑)、娘の学祭を見に名古屋まで遊びに行っちゃったもんだから、昨日の夜から食事やらお風呂やらいつもやらない事を全部自分でやらざるを得なくて、アタフタと落ち着かない中で出て来なくちゃならなくて、モタモタしてたら出発は遅れたりして、あわただしい朝でした(汗)。

そんな事はさて置いて、一軒のお店が開催する試飲会としてはかなり大きな規模となる清水屋さんのお酒の会ですが、東京や仙台みたいな大都市圏ならいざ知らず、信州の片田舎・・・駒ヶ根より全然大きいですけど(笑)・・・でも、努力すれば都会と遜色ないイベントが開催できるって事を証明なさっておられる気がしますね。

例年、入場されるお客さんがトータルでどれくらいになるかは分かりませんが、この場所でこれだけのお客さんが呼べるって事に対しては、まだ日本酒の需要開発はやりようもあるんじゃないかと思えますね。長野の酒メッセのように巨大なイベントにしなくても、各個店ができることはまだまだありそうな気にさせてもらえます。

・・・やっぱり、大して記事は書けませんでしたが、そろそろ他のお蔵さんも到着してきて、準備も本格化してきましたから、今日のところはここまでにしておきます。結果のご報告は明日する事にしましょう。佐久まで片道2時間はかかりますから、帰りも遅くなって、家にたどり着いてからブログを書くわけにもいきません(汗)。とりあえず、現場からのリポートはここまで!


□□□ 一日中忙しくなりそうです □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

某お蔵さんでは

甘酒だけで5万石も造られるそうですから、長生社でも酒粕を元に甘酒を造って売ってみてはいかがでしょうか?

純米酒だけを使って…と言えば、他のところと差別化もできそうですし、おみやげ品としての需要はありそうですが(笑)

  • 2016/06/06(月) 10:37:30 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

ありがたみ

写真を見ると25蔵ほどが集まるんでしょうか?
かなりの規模の試飲会ですよね。

お酒の会はともかく、(笑)
こんなイベントに出かける前日に奥様がいないんじゃ、
そりゃあ大変だったでしょ!
いつもは必要の無い目覚ましも、しっかりセットしたりして。(^^ゞ
奥様のありがたみが身にしみたでしょうかね!

  • 2016/06/06(月) 12:22:01 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 某お蔵さんでは

あのお蔵さんの甘酒は麹だけから造られているそうですね。
相当に麹の量が必要でしょう。
でも、工程的にはその方が楽になるのかもしれませんが・・・。
今、造り酒屋の甘酒は売れるみたいですけど、今から始めたんじゃ出遅れかもしれませんねぇ(汗)。

  • 2016/06/07(火) 07:35:13 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: ありがたみ

参加蔵元は20もなかったと思います。
お酒ばかりじゃなくて酒器のブースとかもあったようですから、机の数は多いのかもしれません。
イベント当日に女房がいないっていうのは、いろいろと不都合が多いもんです(汗)。
いなけりゃいないで清々するんですけど、なにせパンツがどこに入っているかも分かりませんからねぇ(笑)。

  • 2016/06/07(火) 07:37:34 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3662-a3cfa351
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad