専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

酒メッセin大阪



1泊2日で大阪から帰ってきちゃいましたが、せっかく遠くまで行ったのに大して営業回りもできなくてチトもったいなかったですね(汗)。まだもろみもありますし、私としても心の準備(笑)ができてませんでしたから今回はこれで良しとしますが、それでもいろんなお客さんや酒販店さんとお話しができて、信州のお酒の関西売り込みへのきっかけを実感できる2日間となりました。

写真は、酒メッセの会場で毎年お会いしている、既に顔馴染みとなったお客さんと撮った物ですが、そんなお客さんも徐々に増えて、鶴を扱っていただいている酒販店さんともしっかりお話しができましたから、今回も密度の濃いイベントだったと言えるでしょう。ちなみに、このお客さん達は、この冬に長生社まで来ていただいたんだそうで、私が蔵にいてお会いできなかったみたいで申し訳ないことをしちゃいました(汗)。

相変わらず鶴のブースは2種類のみが並ぶやる気の無さでしたが(笑)、それでも分かって下さるお客様も多くて、熱心に味を利いて「美味しい」と言っていただきました。私の作戦としては「こんなにいろいろ造ってます」っていう方向じゃなくって、「これが信濃鶴の味です」っていうあたりに的を搾って、ひとつの味として飲んでいただければと思ってるんですけどね。

昨年は、生酒よりも火入したお酒の方が受けが良かった印象があって、関西は関東よりも昔風の味のあるお酒が好まれているんじゃないかと思ったんですけど、今回は生酒の方がお客さんの反応が良かった気がしましたね。関西と関東と嗜好の違いはあるのは事実でしょうけど、特に若い人達の好みにはそれほどの差はないのかもしれません。

ご来場いただいたお客さんの総数は聞いてきませんでしたけど、まずまず昨年同様ってところだったんじゃないですかね。大阪での開催は今回で3回目ってことになります。最初の年はとにかく酒販店さんが多くて名刺交換が大変でしたが(笑)、今年あたりは一般のお客さんがメインになってるっていう感じでした。

こういうイベントは続けることで徐々にすそ野が広がっていくっていうのが、私達がこれまでで得た教訓ですが、プロばかりでなくて普通の方達にも知ってもらえるようになれば、大阪メッセの意義もより大きな物になるんじゃないですかね。ご来場いただいた皆さん、本当にありがとうございました。また来年も頑張りますから、この会場でお会いしまよーねー!!!


□□□ 翌日は一生懸命に営業回りでした □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

営業回り

1日目の酒メッセと2日目の営業回りと、
新幹線料金もかかってますから元を取ろうと頑張った様子が伝わってきて、
なんとも涙ぐましいです。(笑)
当然のように1日目の夜は立ち呑み屋さんなどを回って、
大阪の夜を満喫...いや夜の営業回りも頑張ったんじゃないですか?!

  • 2016/04/21(木) 12:29:53 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 営業回り

元を取るっていう表現があっているのかどうか・・・(笑)。
お金かかってんだからできるだけ頑張ろうって思うんですけど、疲れましたね(汗)。
1日目の夜はもう疲れちゃって、そんなに飲めませんでした(汗)。
夜の営業回りもしたかったんですけどねぇ・・・。

  • 2016/04/22(金) 18:45:44 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3615-147c38c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad