専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

納豆解禁



イヤー、どれほどこの日を待ち望んだことか!!!ようやく、朝ご飯に納豆が並べられるようになりました。去年の10月中旬に納豆断ちをして以来、ほぼ半年ぶりに口にする納豆の味は、本当に本当に本当に本当に美味しいものでしたよ。たぶん、この感激するほどの美味しさ加減は最初の1回だけだとは思うんですけどね(笑)。

納豆菌が麹菌の生育を邪魔してしまうのは、酒通の皆さんご承知の通り。生育条件が似通っているがために、麹菌のためにいい環境にすればするほど納豆菌の環境も整ってしまうことになって、一度でも麹室が汚染されてしまうと、どんなに掃除をしてもなかなか退治することはできないんだそうで、酒造メーカーの最も恐れる菌のうちのひとつですね。

絶対にそうならないようにするためには、手指や器具の消毒もさることながら、とにかく蔵の中に持ち込まないってことが大切であって、私達酒造りに従事する人間は、酒造り期間中には納豆を食べないようにするっていうのが業界の常識ではあります。食べてる方もたくさんおられるみたいですけどね(笑)。

納豆が嫌いならいいんですよ、嫌いならね(汗)。ところが、納豆好きにとってはこの半年は、地獄のような試練の日々であって、中毒症状が出始めると、寝ても覚めても納豆の幻覚が目の前をチラついて、仕事も手に付かなくなってくるという恐ろしい状態に陥る・・・っていうのはウソですけど(笑)。

長生社でも、麹室の準備が始まってから、全ての麹を造り終えて、麹室の掃除が完了するまでは納豆厳禁にしています。麹造りがなくなったからっていっても、納豆菌の付いた手で掃除したんじゃどこにそれが残っちゃうか分かりませんからね。まぁ、水分のないような場所では半年間も生きてないとは思うんですけどね。

とにかく、今日から納豆は解禁ってことで、私にとっては別の意味での春の到来ではあります(笑)。どんなに高級な食材でもいつでも口にすることができるなんていう贅沢はできませんけど、納豆くらい食べたい時に食べられる贅沢があってもいいでしょう。それが贅沢と思える鍛錬を半年間してきたってことになるのかもしれません。


□□□ 我が家は玄米ご飯です □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

羨ましい?

好きなときに食べられる身としては、
納豆を食べられる幸せを感じることなんて無いですからね。
特別な手作り納豆とか高級納豆なら別でしょうけど、
我が家は3パックいくらのお安いのですから、
特別な感慨も無く食べてるわけです。
そこを考えると半年間の納豆厳禁生活を続けた後で食べる幸福感は、
なかなか感じられるものではなく羨ましくさえあります。(笑)

  • 2016/04/12(火) 12:25:15 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 羨ましい?

こういう幸福の感じ方って滅多にないものかもしれませんね(笑)。
半年間の我慢ってそれはそれで長い我慢ですもんね。
その時の美味しさって、高いとか安いとかなんて関係なくって、ただ納豆がひたすらに美味しいわけです。
まっちーさんも何か大好物を半年間我慢してみたら同じ感激が味わえますよ(笑)。

  • 2016/04/12(火) 19:01:08 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3606-420bad1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad