専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

ハナサケの会(つづき)



ハナサケの会も無事に終了して、お開きになった後は当然スタッフで打ち上げみたいになる・・・のが普通だと思ってたんですけど、この日はちょっとばっかし勝手が違ってたんですよね(汗)。私はとある連中に脇を固められて拉致されて、皆さんとの2次会には出られなかったんです・・・なぜか?

上田市内には6つの造り酒屋さんがあって、そこの皆さん方は私も当然知っていて、県のイベント等では懇意にさせてもらっているんですけど、実はこの日の会にはそのうちの5つの蔵元さんが出席してたんです。その面々の目的のひとつが、私にいろいろと聞きたいことがあるってことのようで、この日の2次会は彼らと私という蔵元だけでの懇親会として事前に設定されてたようなんですよね。

会のスタッフでもある酒販店のMさんも、「これまでも打ち上げはやってきましたけど、その打ち上げに参加しないでくださいって言われたのは初めてです」と苦笑い状態。つまり、酒蔵の経営や造り全般について突っ込んだ話がしたいから、それ以外の人を入れずに、専門的な内容の質問攻めにしようっていう蔵元たちの魂胆があったみたい(笑)。

私を連れ出したのは、岡崎酒造(亀齢)、沓掛酒造(福無量)、若林酒造(月吉野)、和田龍酒造(和田龍)の4蔵の面々(カッコ内は銘柄名)。1次会と違って、完全に業界内での集まりになりましたから全然雰囲気が違ったんですけど(笑)、知った方達ばかりでしたし、また違う楽しさがあって話も弾みましたね。

純米蔵にした経緯とか、設備投資の苦労とか、酒質の設計から醸造技術までの造りの話とか、地域経済に至るまで、確かにいろいろと質問攻めにあって、しゃべりまくらされました(笑)。私の話なんて聞いてもあまり得るものはないでしょうけど、上田の連中の熱心さは大したものだと思わされましたし、これからの伸び代を感じましたね。

確かに長生社のやってきたことは、傍から見れば話を聞いてみたい異端児的な部分もあるでしょう。ハナサケの会でも『ミスターストーンヘッド』として紹介されてましたし(笑)。その結果として成功の道が歩めていれば私も大きな顔をして偉そうなことが言えるんですけど、かろうじて踏みとどまっているだけでそれほどの結果も出せていないわけですから、彼らのためになるような話はしてやれませんでしたけどね(汗)。

逆に伊那谷も頑張らねばと思わされて、この日はとても気持ち良く酔わせていただきつつ、3次回は仲間外れになっていたM酒店さん達も合流して、夜のディープな酒場にお邪魔させてもらいましたが、久し振りに2時帰りになって翌日はつらかったです(汗)。でも、やっぱり上田の人達って、一緒にお酒飲むにはとてもいい人柄でしたねぇ(笑)。


□□□ 2時までなんて飲んでちゃいけまへん □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

一目置く

ハナサケの会は1次会、2次会共に存分にしゃべって楽しめたようで、
忙しい中を遥々駆けつけた甲斐がありましたね。
3次会で2時までなら上田市の夜の街を堪能できたんじゃないですか!(笑)
信濃鶴を呑む会にそれだけの数の蔵元が参加して、
突っ込んだ話を聞きたいと拉致までしようってんですから、
岳志さんは常日頃、たいしたことないと謙遜しますけど、
業界ではかなりの一目置かれる存在なんだと思いますね。
今日の手タレ写真には岳志さんの他に6名の手が写ってますけど、
3次会での写真ですかね。(^^)

  • 2016/04/05(火) 12:28:48 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

世の中的には

最近、勢いのある酒造さんは全量純米化しているケースが多いので、みなさん全量純米に興味津々なんじゃないですかね?

ようやく岳志さんの望む潮流になってきましたが、その中でどうやって信濃鶴を売っていくのか、難しくなったとも言えるような…

  • 2016/04/05(火) 14:43:18 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

三次会まで

年齢と共に、遅くまで飲むのが辛くなるのは私も昨年の職員旅行で痛感しました。以前ならば部屋での三次会が終わって寝ても翌日に残る事は無かったのですが、昨年の旅行では残ってしまい、バス酔いも重なってえらい目にあいました。
信州亀齢は、今年の2月3月と楽酒之会純米酒バトルで勝ち抜いている蔵元です。婿さんが埼玉県川越市出身との事もあり、注目しています。

  • 2016/04/05(火) 16:10:46 |
  • URL |
  • 楽酒之会事務局長補佐 #vyuJhMv2
  • [ 編集 ]

Re: 一目置く

一目置かれてるなんていうほどのもんじゃありませんよ、本当に(汗)。
M酒店さんの紹介分が面白かったから参加者も集まったんじゃないですかね(笑)。
蔵元さん達は私のやってきたことにはかなり興味がおありのようでしたね。
この手タレ写真は、2次会から3次会に移ろうとする、かなりヤバい時間帯の写真です(笑)。

  • 2016/04/05(火) 18:40:34 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 世の中的には

うーん、ZENさんの言われることにはギクッとさせられますが・・・(汗)。
ま、純米蔵ってことで売ろうとしてるわけでもないですからいいんですよ(笑)。
お酒が売れるようになったから純米化できたっていうお蔵さんが多いんじゃないですかね。
うちの場合は、どん底に売れなかったのに、更に純米化して傷口を広げたって感じ(笑)。

  • 2016/04/05(火) 18:43:02 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 三次会まで

もう3次会までなんて行っちゃだめな年齢ですね(汗)。
お酒はあまり飲んでなかったんですけど、次の日疲れるのなんの(涙)。
旅行での二日酔いは翌日も移動が長いですから大変ですよね。
ま、それが分かっていても深酒しちゃうんですけどね(笑)。

  • 2016/04/05(火) 18:44:53 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3599-f5d46475
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad