専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

ハナサケの会



遥々と上田市まで出向いたのは、『ハナサケの会』というお酒の会に参加するためでした。何から書いていいもんか迷いますが、上田市で鶴を扱っていただいているM酒店さんから、「地元で開催しているお酒の会で、次回は信濃鶴を飲み尽くすってことになりましたから、ぜひ蔵元にもご参加をお願いしたいと思いまして・・・」と連絡を頂いたのが数ヶ月前のこと。

慇懃ではあるもののNOとは言えないMさんの巧みな言葉に釣られるようにして、かなり前から予定に入っていたお酒の会だったんですよね(笑)。どうやら、かつての『笑っていいとも』でゲストが翌日のゲストを指名するやり方で番組をつないでいったあのやり方と同じ様に、前回のゲスト蔵の方が長生社を指名してくれたっていう経緯のようです。

鶴がメインの(と言うか鶴しか飲まない)会なんて言われれば、それはそれは有り難いお話しですし、駒ケ根からはとってもアクセスしづらい上田市ですが、時間をかけてでも参加する意義は十分あるはず・・・ってことで、午後駒ケ根を出発して翌朝の仕事までには帰ってくる強行軍で参加させていただいたわけです。

今回で11回目のハナサケの会ですが、これまでも上田市のお蔵さんをはじめとして県内の酒蔵さんが呼ばれていて、その蔵のお酒と料理を楽しむっていう形式で運営なさっておられるそうです。今回はこれまでで最高の37名の出席者ってことで、会場はこれ以上入ったら窮屈になるんじゃないかってくらいの目一杯さ加減でした。年度初めの春風につられて、皆さんも楽しみに飲みにお越しになっていたようです。

こういう形式の場合に困るのが信濃鶴のアイテムの少なさですが(汗)、3種類しかないんですからそれていくしかなくって、純米大吟と特別純米と純米を、無濾過生原酒も取り混ぜながら全て飲んでいただきました。新酒と1年物とでも違いが出ますし、少ないながらもそれなりのバリエーションにはなったと思いますけどね。

私がお話しさせていただく時間もそれなりに長くて、いろいろとしゃべらせてもらいましたが、やってることは単純ですからこういう時には話し易くていいかもしれません(笑)。遠く上田市で鶴を飲んでいただけるだけでもありがたいことですから、これからもよろしくお願いしますっていうつもりで紹介させてもらったんですけどね。

この会のメンバーの方々がそうなのか、上田の皆さんの市民性なのか、会自体がとても和やかな雰囲気で、私もリラックスして楽しませてもらえましたね。ああいう気持ちのいい空気の中で鶴を宣伝できて、呼んでいただけて良かったと思いながら会は終了したんですが、このままで終わるはずもなく(笑)、私は夜の上田の街に連れ出されることになったんですけど・・・つづく。


□□□ 手タレ写真は皆さんノリノリでした(笑) □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

壮観

信濃鶴だけを呑み尽くす会となれば、
それはどんな無理をしても行くしかないでしょう。
蔵元を囲んでのお酒と料理の会で参加者が37名ってのも凄いです。
上田市の皆さんの呑兵衛度合いが分かりますね。(笑)
何より今日の手タレ写真は鶴のラベルがたくさん並んで壮観ですし、
ビンの先がしゃがんだ女性の目鼻や口に突き刺さっちゃいないかと
心配になるほどのノリノリ具合で圧倒されます。(^^)

  • 2016/04/04(月) 12:24:51 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

長野って

縦に長いから、同じ県内でも意外と遠いところがありますよね。根羽村と飯山市なんて200km以上離れてるし…

我が家の冷蔵庫の中にも鶴がイロイロ眠っております。
いっそのこと、越百さんに送って信濃鶴の会でもやりますかね(笑)

  • 2016/04/04(月) 14:17:26 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

ZENさんの提案に

賛成です(^^)
わが家の冷蔵庫からも何本か提供できますよ.

  • 2016/04/04(月) 19:45:10 |
  • URL |
  • けろ #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

Re: 長野って

長野県は縦長です(汗)。
私もしょっちゅう長野市に行きますが、実は距離があるんですよね。
ZENさんは鶴のビンテージを持ってそうですが・・・。
どうやって消費するのかどこかで考えないといけませんかねぇ・・・。

  • 2016/04/05(火) 18:33:54 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: ZENさんの提案に

皆さんそんなに鶴抱えててどーするおつもりですか(笑)。
いつか飲み比べてみるのが一番面白いですかね。
けど、たくさんは飲み切れないでしょう(汗)。
やっぱり人を集めるしか方法はないのか・・・。

  • 2016/04/05(火) 18:35:36 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 壮観

こういう回をやっていただけるのは本当にうれしいことです。
参加者が過去最高の数ってことで、主催側も大変だったようです(笑)。
私もなかなかうまくお話しできないんですけど・・・(汗)。
途中からは皆さんと楽しさ全開でお話しできるようになりました(笑)。

  • 2016/04/05(火) 18:37:34 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3598-65c1f6b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad