専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

吟醸上槽(つづき)



搾れたお酒がどの程度の出来なのか、もしコンテストに出品したらどんな成績になるのか、商品にした時にお客さんの反応はどうなのか・・・お酒を搾ってる段階では何とも言えないんですよね。それは、お酒を搾った後でも同じことですけど・・・(汗)。自分の子供がどれほどのもんなのか、親の目からじゃなかなか評価できないですしね(笑)。

一番の目的は、『信濃鶴純米大吟醸』っていう商品がお客様に満足して飲んでいただけるっていうことですから、飲んで美味しい、この土地の風が感じられる地酒ならではの存在感が欲しいわけで、そのために手間とコストを惜しまずにここまでやってきたんですし、それがこのお酒に課せられた最も重要な使命と言えるでしょう。

もうひとつは、やっぱり各種の品評会での好成績を求められるわけで、こいつは主催者の意図と製造側の意図とのベクトルが合わないとなかなか高くは評価されませんが、とにかく自分達がベストを尽くして醸したお酒がどんな成績になるのかってことは、第三者よりも自分達の方が気になるくらいの話であって、今年もその挑戦はしなくっちゃなりません。

最近の傾向、特に全国新酒鑑評会の傾向とすれば、甘さってことを要求されるもんだから、どこのお蔵さんでも少しずつ甘口化の方向になっているのは確かですね。甘さなんて言うと実にあいまいな表現なんですけど、グルコースとか言ってみても余計に訳分かんなくなりますから、ま、甘目のお酒の評価が高いってくらいにご理解下さい(笑)。

そういうお酒を造るにはしっかりとお米を溶かさなくっちゃならないんですけど、そうするためには力の強い麹を造らなくっちゃならないってことになって、結局お酒造りは麹造りに帰着するんだなぁっていう気がしますね。今年も、吟醸仕込みで一番腐心したのは麹造りでしたし、一番面白かったのも麹造りでした(笑)。

肝心の今年の出来は・・・やっぱ、親の目からはなんとも言えませんかねぇ(笑)。いい感じの甘さは出てますから、この辺の評価がどうなるか楽しみです。香りも、搾り始めは少し足りないかなっとか思ったんですけど、そのうちに出てくるようになりましたし、たぶん大丈夫でしょう。まだこれからいろんな作業がありますが、ひとつひとつ失敗しないように出品作に持っていきたいですね。


□□□ 毎日忙しいです □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

楽しみ♪

仕込みの経過からしてそうでしたけど、
今年の純米大吟醸の造りと出来には岳志さんの手ごたえが感じられて、
いつにも増して全国新酒鑑評会の結果が楽しみになってきます。
ただボクの反省点としては
信濃鶴純米大吟醸を味わったことが無いってことです。
家で自分が呑むために買うには躊躇するお値段ですし、
いつもの日本酒バーに登場するのを期待するしかないですね♪

  • 2016/03/02(水) 12:26:16 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

かの

上原先生も「一に蒸し、二に蒸し、三に蒸し、四、五が無くて次に麹」っておっしゃったそうですしね(笑)

今年の普通純米(生原酒)も、えっちゃんのお話ですといいデキらしいので、賞が期待できそうですかね!

  • 2016/03/02(水) 16:27:11 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

Re: 楽しみ♪

全国鑑評会はのどから手が出るほど欲しいタイトルです(笑)。
でも、全国のお蔵さんが同じ思いなんですから狭き門でもあります。
今年も、どこかでマグレが起きるように祈ってます(笑)。
まっちーさんにもいつの日にか吟醸を飲んでいただきたいですねぇ。

  • 2016/03/02(水) 22:35:56 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: かの

蒸しの重要性は毎年認識するところです。
なかなか思うようにはいかないんですけどね(汗)。
あまり過剰な期待はしてもらっちゃうと困るんですけど・・・。
でも、期待されないのもつまんないですよねぇ(笑)。

  • 2016/03/02(水) 22:39:11 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3565-7cee9a54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad