FC2ブログ

専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワインの夕べ

20070924163703.jpg

昨日の夕方、近所に住んでいるK君が我が家にフラリとやって来ました。実は彼、先日記事にした『中央アルプス山麓の美酒を楽しむ会(仮題)』の実行委員の1人。大のお酒好きで、特にワインにはうるさいらしい。【だって、ブログまで書いてんだもんね(笑)。】

「今度ワインでも飲みましょう」なんて、声はかけてもらっていたんですが、約束通りワイン持参で遊びに来てくれたんです。彼は、リュックサックにワインを何本も詰め込んで、テイスティング用のグラスをいくつも手に下げてやってきました。とっても気合を入れて飲みに来てくれたのは分かりますが、「そりゃ飲みに行くカッコじゃないぞ、おい!」って感じでした(笑)。

持って来てくれた銘柄なんかを、私が詳しく書こうとすると間違いなくボロが出るので止めときますけど(汗)、長野県の北部でとれたぶどうを使ったものや、フランス産の本格的な特級品まで用意してくれてありました。自分じゃ何を飲んでいいか分からないし、どういう飲み比べをしたらいいのかも見当がつかないので、いい勉強になりましたよ。

最近どういうわけか、ワインを口にする機会が多いんです。そのたびに数種類の飲み比べができて、解説してくれる人もそばにいるような状況ばかりで、ちょっとばっかしワインに開眼しつつあるような気がしているのは、私だけでしょうか・・・(笑)。

『中央アルプス山麓の美酒を楽しむ会(仮題)』でもいいワインがいくつか出展されますから、彼はきっと主催者側の私が素っ頓狂なことを言い出さないように、今のうちから教育しておこうと思ってくれたに違いありません。素人以上の知識を伝授してもらいました。酔ってましたから、ちょっと・・・いやかなり忘れちゃいましたけど(笑)。

私が感じているワインと日本酒の決定的な違いは、その香味の幅広さじゃないかと思っています。どういうことかって言うと、ワインも日本酒も甘いものから辛いものまでありますが、そのレンジがワインの方が格段に広いんですよね。デザートワインのように極甘のものを除いても、日本酒のそれよりもはるかに幅が広いと思います。

それは酸味についても言えるでしょう。日本酒にも山廃系のお酒なんかはかなり酸度の高いものもありますが、それでも限度っていうものがあります。でも、ワインなんかその何倍も高い酸度のものだってありますから、いかに日本酒が狭い味の領域で美味しさを競っているか、皆さんも容易に想像できるんじゃないですかね。

ワインの香味を表現するにはありとあらゆる言葉が駆使されているように私なんか感じてしまうんですが、それもそのはず、そのくらい広大な香味の領域を言い表そうとしてるんですもんね。ワインがバラエティ豊かに醸された酒であるとすれば、日本酒は緻密に造り込まれた酒っていう印象でしょうか。

逆に、決定的に同じところは、無理がなくバランスの良いものが評価が高いっていうことでしょうか。香味に無理がないっていうのも分かりにくい表現かもしれませんが、私たち造り手の側から言えば、「丁寧に造る」、この一言に尽きるでしょう。そして、醸し出されたいくつもの香味がバランスよくまとまっていれば、美味しいと思ってもらえるんです。

昨日は、途中から「奥さんと子供も呼べー!」ってなことになって、家族中でワイワイと楽しい晩餐になりました。私も用意した信濃鶴の逸品を飲んでもらいましたよ。そこでの結論は「ワイン好きは信濃鶴を美味しいと言う確率が高い」という変な法則でしたが、これは今ブログランキング絶好調の【サンセールさん】も言っていたから、あながちウソじゃぁないかもしれません・・・。


□□□ ワイン3本、日本酒1本、ウィスキー少々でした □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気blogランキングへ■■■

コメント

それはやはり

香りじゃないでしょうか。
信濃鶴を飲んだ人(私も含めて)は皆「フルーティな香り」と言う意見なので、やはりそういった面でワインとは近い物があるのではないのでしょうか?

やっぱり南信は過ごしやすい気候ですね。今夜はよく眠れそうです(^-^)


  • 2007/09/25(火) 22:51:18 |
  • URL |
  • すぱい #-
  • [ 編集 ]

ワイン

薀蓄好きと飲むワインはまずいのですが、いい先達とたのしむワインは最高ですね。たしかに、チーズと楽しむと豊かな気持ちになります。

  • 2007/09/26(水) 11:43:45 |
  • URL |
  • ヨコハマ #-
  • [ 編集 ]

Kくん

たぶんあたしが思ってるKくんと同じだと思いますが。。
彼はなかなかいいe-287ですね。彼のワインもなかなかでしたに。

  • 2007/09/26(水) 12:38:23 |
  • URL |
  • えっちゃん #sj93pB3o
  • [ 編集 ]

祭り 信濃鶴

つらつら考えて見るに駒ヶ根のアルコ-ル色々購入している気がしています。まずは養命酒これはそこえら販売しているやつも駒ヶ根の工場で直販してるやつも(購入する前にビデオ鑑賞やら試飲がありましたが)買った事があるしマルスウイスキ-は磐田の酒屋一升瓶で買ったし本坊酒造の(ここってマルスではないのかな?)の山葡萄のワインも昨年おじゃましたときしこたま買って来た記憶がありますが何故か信濃鶴だけは自分の金で買って呑んだ事は無いんじゃ無いかと思っています。実は10月の15.16が私の住んでいる地区の鎮守のお宮のお祭りです。祭りは日本酒(祭りもかな?)と思っていますので出来れば間に合うように送っていただけたら有りがたいです。なんせ遠州弁言うあわっくらいなもんですから若者に日本一旨い日本酒が届くと大言壮語してあったりするものですから...

  • 2007/09/26(水) 17:11:39 |
  • URL |
  • ジュビロ鳥居 #dJEnmy1k
  • [ 編集 ]

ワインはどうも

ワインは独特のタンニンが日本食には合いませんね
牡蠣にはシャブリだそうですが個人的には日本酒ですね
只ワインは余り分かりませんが

  • 2007/09/26(水) 17:45:13 |
  • URL |
  • 蕎麦屋のオヤジ #-
  • [ 編集 ]

>>それはやはり

香りが高いとワインに似た印象になるのかもしれないとは思いますが、どうもそれだけじゃないような気がするんですよねぇ。
よく分からんのですが・・・(笑)。
さっき会った人にコメントバックするのも妙な気分ですが、信州の夜は涼しいというより寒いくらいですから気をつけてくださいね。

  • 2007/09/26(水) 17:51:40 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

>>ワイン

聞きたくもない薀蓄を並べられるとイヤになっちゃいますよね(笑)。
自分が今そのワインや酒に感じている印象にぴったりな薀蓄を聞けると、その酒に開眼していけるような気がします。
ちょっとした手がかりがあると、そこからお酒の世界は広がっていけると思います。
このブログもそういう役割を担ってくれるとうれしいです。

  • 2007/09/26(水) 17:55:11 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

>>Kくん

たぶん、そのKくんだと思いますよ(笑)。
サンセールさんに聞くと、かなりいいワインだったみたい(汗)。
もしかしたら、彼はワインおたくなのかもしれません(笑)。
私のワインの先生の1人になりましたね。

  • 2007/09/26(水) 17:57:30 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

酒仙童応援団
大忙の二週間を終えられまして大変お疲れ様でした
あたいはワインのことは全くわからないので・・・
でもランクが下降しているみたい 一番は北の方角のお兄様
ほんで応援にいくっちゃよ
おそらく29日の正午過ぎに駒ヶ根かな???

>>祭り 信濃鶴

あれ?まだ届きませんか?
もう送ってあると思いますから、今日明日中には届くと思います。
届かないようでしたら、お電話くださいね、スイマセン。
「日本一うまい酒」というのは言い過ぎですよ(笑)。
お祭りの時に、磐田のお酒と飲み比べてみてください。
それだけ、この地域のお酒を飲んでいただいているのなら、信濃鶴も同じ水で作ってますから、お口に合うんじゃないでしょうか。
自分のお金で買っていただきましたから、余計に美味しいと思います(笑)。

  • 2007/09/26(水) 18:03:09 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

>>ワインはどうも

牡蠣に日本酒はバッチシでしょう!
これ以上の組み合わせはないとまで思いますよ。
たぶん、シャブリを合わせてもまた別の美味しさになるんでしょうね。
海の幸が身近にあるオヤジさんのコメントはいつも美味しそうだなぁ。
そうそう、この間酢味噌で秋刀魚の刺身をやったら美味かった!!!

  • 2007/09/26(水) 18:07:31 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

>>酒仙童応援団

ランキングは落ちてますねぇ(涙)。
でも、1位がサンセールさんなら悔しくもないし、気軽に骨休めってぇところでしょうか(笑)。
丸富にお見えになりますか?
私たちは日曜日の夜に丸富でちょっとした飲み会です。
いつか、和ちゃんさんと丸富で鉢合わせするような気が・・・。
ところで、和ちゃんさんは酒仙童のことをご存知なんですか?

  • 2007/09/26(水) 18:10:57 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/352-5081f60e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ワインパーティーをしよう。 (講談社のお料

海外在住でおもてなしの仕方に不安があったので購入しました。タイトルに「パーティー」とありますが「普通に友人をディナーに招く」というシチュエーションです。前菜・パスタ・サラダ・メイン・デザートのコース料理とそれに合うワインとジャズCDの組み合わせが11パタ...

  • 2007/09/29(土) 05:09:46 |
  • お酒がすごくよかった

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。