FC2ブログ

専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

菰樽

20070916103516.jpg

昨日、お祭りの話題で酒樽の話が出てきましたから、ちょっくら樽作りの現場をお見せしましょう。昔はお祭りやイベントの多い秋とか、年末年始にはたくさんのご注文をいただいて、四苦八苦して作ったものです。

あまり景気がよろしくない現在はその数もかなり減ってきていますが、今年の秋はそれなりにたくさん作らせてもらって、大変にありがたいことです。秋祭り用だけでも7個くらい使っていただけました。なにせ樽自体の値段が高いので、どうしても価格的に手が出づらいものになっちゃうんですよね(汗)。

写真はその秋祭り用の樽を作っていた時の現場です。左の2個が2斗樽、右の3個が1斗樽です。『斗』という単位は『10升』を表しますから、大きな方の樽には1升ビンで20本分のお酒が入っていることになります。相当に重いですよ。

数年前までは樽作りは全て私の仕事でしたが、造りの方が忙しくなってきたために最近は別の社員がやってくれています。この日は急遽もう1個樽をその日に作ってくれと言われて、慌てて会社へ行って作りました。一番手前に写っている樽が、その作りかけの樽です。こんなに一度に樽が並ぶことも少ないので、写真に撮っておきました(笑)。

今現在も樽の容器の本体は木製のもので、周りに竹製の『たが』がはめられた形のものを使います。そのままでは格好が悪いので、樽の周りに適当な詰め物をしてその上に銘柄の入った『菰(こも)』を巻きます。ですから、我が社では『菰樽(こもだる)』と呼んでいます。

今は、樽の格好をよくするための詰め物は発泡スチロール製のものがあって、本当に簡単に樽の形を整えることが出来ますが、昔は新聞紙やらダンボールなんかで1個1個手間をかけて形を整えなくっちゃなりませんでした。年末に1日で何個も作らなくちゃならないと、手がボロボロになったものです(涙)。

例えどんな苦労をするとしても、菰樽が並ぶのは必ずおめでたい席なんです。悲しい席で樽の鏡割りなんて聞いたことはありません。そのおめでたい気持ちをみんなで分かち合う時の介添えができればいいと思って、いつも心を込めて作っています。ちなみに『鏡』っていうのは、樽の上面の木の蓋の部分を言います。

地元のお祭りで使ってもらってこその地酒じゃぁないですか。この時のために酒を造っているって言っても過言じゃありません。神社の境内に並んでいる信濃鶴の樽を見ると、普段は意識しないんですけど、「こういう大きな文化に守られて酒造りもできているんだなぁ」と何かに感謝したい気分になりますね。

だから余計に地元の人たちの信頼を得られるような酒を造っておかなくっちゃいけないと思うんです。「信濃鶴でなくっちゃイカン」と皆さんに言ってもらって、美味しく飲んでもらって、次の日には二日酔いになればいいんです(笑)。そして、その酒が地元でとれた酒米だけで醸されているのならば、誰も文句はないだろうと思ってるんです。


□□□ 今度は五十鈴神社のお祭りだぁ! □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気blogランキングへ■■■

コメント

こもかぶりの酒こそ、日本酒の真骨頂。
祝いさけにはこもかぶり。
旅行の折、神社の奉納酒をチエック。
「地霊の酒」が、鎮座ましまする
そういう蔵の酒がいい。


信州の風土に根ざす「信濃鶴」
いい風景ですねえ。
嬉しくなりました。

  • 2007/09/22(土) 22:54:44 |
  • URL |
  • 立ち呑みHAKUDOU #qbIq4rIg
  • [ 編集 ]

おおーっ!!
多分一瞬の事だと思いますが、オヤジダンサーズが三人つながって
並んでますよ。記念写真撮っとこ。

  • 2007/09/23(日) 00:26:12 |
  • URL |
  • 酒屋になっちまった店長 #-
  • [ 編集 ]

先日は磐田でご一緒させていただいてありがとう御座いました。お酒が届くのを楽しみにしています!20日の画像に写っていたような蛇の目のぐい飲みを持っているのでそいつまず一杯呑んで見ようかと思っています。

  • 2007/09/23(日) 07:44:02 |
  • URL |
  • ジュビロ鳥居 #dJEnmy1k
  • [ 編集 ]

菰樽は幾らになるんですかね

杉の香がついて又違う味わいが有るでしょう
昔の蕎麦屋は菰樽から升にお酒を注いでくっと
飲んだそうですが粋ですね
神社に奉納する時は中身は無いんですか
それとも神社で皆飲むんですかね

  • 2007/09/23(日) 16:12:29 |
  • URL |
  • 蕎麦屋のオヤジ #-
  • [ 編集 ]

>>HAKUDOUさん

HAKUDOUさん、ありがとうございます。
地元に根ざした酒の菰かぶりが神社に並ぶ・・・うれしくなる景色ですよね。
いつまでも、そこに置かれる酒になれるように、これからも頑張っていこうと思ってます。
まず神社に奉納されている酒を調べておいて、町へ出てその酒が置いてある店を探すなんて、HAKUDOUさんならやりかねませんね(笑)。

  • 2007/09/24(月) 14:23:57 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

>>酒屋になっちまった店長

おお!今見たらサンセールさん1番ですよ!
おめでとうございますー!!!
なかなか、オヤジダンサーズぷらすボーカルトーコで並ぶことはできませんが、上位のうちの4人が仲良しってぇのも、変な感じですね(笑)。
私も、これ以上落ちないようにしなくっちゃ(汗)。

  • 2007/09/24(月) 14:28:58 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

>>ジュビロ鳥居さん

磐田では、本当にお世話になりました。
とても楽しい2日間を過ごさせていただきました。
来年駒ヶ根に皆さんでお越しになるのを、心待ちにしています。
お酒は早いうちに送りますね。
信州の味をお楽しみください。
ジュビロの試合は最後で引き分けに終ってしまいました。
残念でした(涙)。
磐田の皆様によろしくお伝えください。

  • 2007/09/24(月) 14:32:37 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

>>菰樽は幾らになるんですかね

樽に入れたお酒は木の香りが付いて、少し違った味わいになります。
木の香りが邪魔だという人も、これがいいんだという人もいますが、めったに飲めないので、お祭りの時には一生懸命に飲んでください(笑)。
何せたくさん入ってますからね。
基本的には、お酒は入っているんですよ。
普通は飲みきれませんから、空の一升瓶なんかも用意しておいて、残りはそれに移して、持って帰ったりしているようです。

  • 2007/09/24(月) 14:37:01 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

ごちそうさまでした♪

初めまして!
この樽、飾り付けしました~♪
勿論飲みました~(*´ェ`*)ポッ

お祭前の連日連夜、(勿論当日・後日も)
沢山信濃鶴さんのお酒ばかり呑んでいました☆
大変美味しかったです!
一体何升呑んだことやら…(苦笑)

これからも頑張ってください♪

  • 2007/10/06(土) 15:29:02 |
  • URL |
  • 通りすがりのお祭バカ #-
  • [ 編集 ]

>>ごちそうさまでした♪

お祭りで信濃鶴を使っていただいて、本当にありがとうございました。
樽酒も木の香りがして、美味しいものですよね。
まあ、たくさんは飲めませんけど(汗)。
それをいったい何升飲んでもらえたんでしょう?
お祭りの時くらい、飲み過ぎたっていいですよね。
私も結構なお祭りバカですから・・・(笑)。
これからも、よろしくお願いします。

  • 2007/10/06(土) 16:39:05 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/349-37b7176d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)