専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

入山せんべい2015



同じせんべいの記事を毎年書いてるブログっていうのも珍しいかも(笑)。そのくらい蔵での生活の必需品と化している浅草の『入山せんべい』ですが、私の知る限りにおいて日本で一番美味しい逸品と言ってもいいくらいに愛してますね。いくら食べても食べ飽きないんだから、その秘密がなんなのか実に興味があります。

常連読者の皆さんは「またかぁ」と思われるでしょうけど、とにかく造り期間の生活になくてはならないものですから、これがなければ信濃鶴ができない・・・って言うのは言い過ぎとしても(笑)、今まで何百枚食べたか分からないその魅力は、ブログネタとしては立派に365分の1の意義があるわけです。

美味しいと思う手の込んだおせんべいなんていくらでもあります。誰かのお土産、女房がいつも買ってくるヤツ、どこかのお茶請けに載っていていただいた物等々いくつも知ってますし、どれも平均点以上に美味しいから世の中に存在してるんでしょうし、美味しいからこそ私の口まで運ばれて来たってことなんですよね。

しかし、そういうタイプの物と比べて、このおせんべいの原料なんて実にシンプルなはずです。お米とタレくらいだと思うんですけど、それがこの美味しさに対する何か特別な理由をはらんでいる可能性は高いでしょうね。とてもこだわったお米だとか、お醤油だとかね。その他に考えられるのは何か特別な製法とかですが、秘伝の作り方みたいなのがあるのかもしれません。店頭で焼いているところを見ると、極々普通ですけどね(笑)。

これも毎年書いてることかもしれませんが、ネット販売も、地方発送もしてくれなくて、店頭まで行かないと買えません。私の場合には、女房のお袋さんが浅草まで買いに行ってくれて、送ってくれるもんだからこの田舎でも食べられてますけど、そうでもしないとなかなか手に入らないのが難点です。

こういう素朴な美味しさって言うか、食べ飽きない美味しさって言うか、いつも傍に置いておきたい美味しさって、お酒を造っている私としても追い求める姿ではあるんですけど、その理由が明確に分かるんだったら誰も苦労しないでしょうね。あえて言うなら、当たり前のことを当たり前にやったらこういう味になったっていうのが、私の理想とする解答です(笑)。


□□□ 凡事徹底って言うのかな □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

こだわり

「またかぁ」なんて思いませんが、『でた!』って思います!(笑)
3年ほど前になるでしょうか、一枚ずつ減っていくせんべい写真を
10日間にわたって見せられましたからね。
もう目に焼きついています。(^^ゞ
この入山せんべい以外にも毎年恒例の記事がありますよね。
入蔵や皆造前後のシリーズ記事を除いても、
浅草のどじょう鍋、越百でのたこ焼き会、丸富の蕎麦、ワイン勉強会などなど、
まだまだある気がしますが、急に出てこないのが歳のせい。(^^ゞ

こうした毎年恒例の記事も、
岳志さんの比類の無いこだわりぶりがなせることで、
信濃鶴の味にも通じているでしょうね!

  • 2015/12/11(金) 12:49:42 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

日本酒も

好きになった最初のうちは「どうじゃぁぁぁ!」みたいな派手なお酒を好んで呑んだりするんですが、徐々に「いつの間にか減ってる」とか「料理と相性が良い」という理由で選ぶようになりますよね。

そういう意味では、入山せんべいと信濃鶴って似ているところがあるのかもしれませんね。

  • 2015/12/11(金) 14:21:24 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

Re: こだわり

『でた!』くらいに心の準備をしていただいていれば大丈夫ですね(笑)。
まぁ、まっちーさんほどこのブログに詳しい人もいないでしょうけどね(笑)。
確かに、毎年恒例ってことは、相当にそのことにこだわってるってことかもしれません。
そんなこだわる男が造るとお酒が美味しくなるのかどうかは定かはまた別問題(汗)。

  • 2015/12/11(金) 20:45:59 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 日本酒も

入山せんべいと似ているなんて言われたらうれしいです。
私も地道に愛される信濃鶴を目指しているつもりです。
それほど目を引かなくてもいいけど無くっちゃ困るみたいな存在になりたいもんです。
そうすれば、また頑固なファンが付いてくれるでしょうし(笑)。

  • 2015/12/11(金) 20:48:36 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3476-d3e96386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad