専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

名簿

IMG_20151007_145940.jpg

先日、事務所を片付けていたら、面白い名簿を発見しました。昭和12年に発行された『長野縣酒造組合聯合會名簿』ってヤツです。『縣(県)』とか、『聯(連)』とか、『會(会)』とか、よくパソコンで出てきたと思うほどの古めかしい漢字が散りばめられた(笑)、ふすぐれた表紙の、10センチ×16センチくらいの手帳型の物でした。

中をパラパラとめくると、この時代には長野県内は12の酒造組合に分かれていて、その組合の連合としての組織だったっていうことのようですね。現在は、県全体でひとつの酒造組合となっていて、各地区にあるのは酒造組合の支部っていう形になってます。その辺の歴史的変遷はチト分からないんですけどね。

驚くべきはその組合員の数で、長野県全体で283場の酒蔵があったらしいですね(汗)。各酒造組合に10場から40場くらいのお蔵さんが加盟していたようです。それが今じゃ、県全体で80場くらいになってますから、相当に減ったっていうことは間違いないんじゃないですかね。

それでも、飯田の喜久水さんのように、非常に数多くの酒蔵、と言うか酒造組合全体でひとつの蔵に合併したようなケースもありますから、一概に減ったとばかりも言えないかもしれませんが、例えば我が伊那地区の場合には、この名簿に29場の名前が載っていて、大きな合併等は無くても現在は8場ですから激減しているのは事実でしょう。

詳しく見たわけじゃありませんけど、現存しているお蔵さんの名前は間違いなく載ってるって感じです。社名の変更等があったとしても、今もお酒を造り続けているようなお蔵さんは、この頃から脈々とお酒を造っていたってことでしょう。日本の企業年齢が世界でも最長の部類に属する原因が日本酒メーカーによるところが大きいって理屈にもうなづけます(笑)。

眺めていると、ドンドンと楽しくなっちゃって書きたいことだらけになりますから、今日はこの辺にして明日続きを書きますね。長生社なんて大した歴史じゃありませんけど、長く続いている企業って、古き先代の活躍に思い馳せる楽しみはありますね(笑)。


□□□ 1位と接戦です □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

生い立ち

縣と會は何とか読めましたけど、聯の字は全くだったのでググってみました。
戦争捕虜の耳に穴を開けて糸を通して連ねたところからの文字だそうで、
悲しい生い立ちですよね。
それにしても、昔の人は難しい漢字を読んだり書いたりしていたものです。

日本の企業年齢が長いってことですが、
ボクが勤めている会社も3年後の夏に創立100周年を迎えます。
日本酒メーカーではないんですけどね。(笑)

昨日はず~っとランキング1位と僅差のつばぜり合いを演じてましたが、
今現在は60ポイント差の一位で目の離せない状況が続いています♪(^^)

  • 2015/10/09(金) 12:32:58 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

昔の酒蔵さんは

何かあると集まったり相談したりという、ある意味で公的な機関のような役割もしていたみたいですしね。

しかし、それだけの数があったら、それぞれのお酒の味も違って、今以上にバリエーションがあったんだろうなぁと思いますね。マニアとしては、その頃に飲み比べツアーとかやってみたかった…(笑)

  • 2015/10/09(金) 15:35:33 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

Re: 生い立ち

『聯』にそんな意味があったなんてビックリです。
耳が付いてて面白い字だなって思ったし、全く予想外の読み方だったんですよね。
この字を使っていた昔の人達にはその意味するところが分かっていたってことになると、時代を感じざるを得ません。
まっちーさんの会社も歴史が長くて、それもちょっと驚きです!

  • 2015/10/09(金) 15:55:26 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 昔の酒蔵さんは

長生社でも市議会の前の秘密の会議が開かれていたんだそうですよ(笑)。
それは『長生社会談』という名で地元の新聞にも載っていたそうです。
この頃のお酒は全て純米ですし、味のバラエティは豊富だったはずです。
その味には私も非常に興味がありますね。

  • 2015/10/09(金) 15:57:38 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3407-ea22c6aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad