専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

牛タン

IMG_20150908_173159.jpg

造りの期間以外はイベントや営業等の出張も多いわけですが、外に出ている時に最も気になることのひとつが食事をどうするかってことです。知らない街でレストランや喫茶店に入るのは苦手ですし、かと言ってコンビニのおむすびばかりじゃ嫌になるし、「さてどうしようか?」と立ち止まって考えることも度々です。

そんな私の定番は、駅の立ち食い蕎麦、吉野家等の牛丼、ココイチのカレーってな所が多いでしょうかね。チェーン店的なお店は、一人で入るサラリーマンでも居づらくないテーブル配置になっていたりしますし、値段も安いし、早いしで重宝しますよね。訪問先の酒販店さんと食べたりすることもありますが、その時には案外いい物を食べてますけどね(笑)。

お金もなるべく無駄遣いしないように節制して使いたいとは言え、気持ちの上では「何か美味しい物たべたいなぁ」とは思ってるわけで、チャンスさえあれば、毎回とは言わないまでもちょっとした贅沢を楽しもうという希望はどこかにあるんですよね。そういうお店がどこにあるのか分からないっていうのが一番の問題かもしれませんが(汗)。

今回の東北営業でも、女房に持たせてもらったおにぎりを皮切りに、コンビニ、吉野家、サイゼリア等々を渡り歩きましたが(笑)、仙台での最後の日に会社へのお土産でもと思って仙台駅に行った時に、ふと自分の歩いているのがちょっと高級なレストラン街だってことに気が付いたんです。

新幹線のホームの脇みたいな場所でしたけど、細長い廊下には寿司屋と牛タン屋ばかりが軒を連ねていて、外の看板を見て歩くと、相場が2000円前後って感じでしたね。それなりに遅い時間でしたけど、あとはホテルに帰るだけでしたし、一人でも居易いカウンター席も広そうだってもんだから、とある牛タン屋さんの暖簾をくぐってみたんです。

私とすればこういうことは珍しいんですけど、「たまにはこんなこともいいじゃないか」と自分を納得させて、1人前1600円の牛タン定食を頼みました。ご覧のように、お皿に対して肉の占める割合が低いような気もしますが(笑)、とても美味しくいただきましたよ。これを土産話にすると、女房に何言われるか分かりませんから、家ではオブラートに包んで控えめに話しときましたけどね(汗)。


□□□ 次回は寿司に挑戦すっかな □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

カツカレー

仙台に行ったら是非とも牛タンは食べたいところですけど、
確かに麦飯とスープに挟まれて、牛タンの量が寂しいですね。(^^ゞ
この写真なら奥さんも目くじらを立てるどころか同情してくれるかも。

先週末の木金は札幌駅近くのビルで二日間の研修に参加したので、
いつもの愛妻弁当は断って会場近くで外食したんですけど、
一日目は前夜に友人と呑み過ぎて二日酔いで吉牛の並盛と卵でごまかし、
二日目に会場のビル地下にある美味しいカレーを食べようと、
ネットの100円割引クーポンもゲットして、
準備万端で揚げ立てカツの載ったカツカレーを食べました。
食後のアイスクリームもサービスで750円で済みましたよ。

  • 2015/09/13(日) 11:03:12 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: カツカレー

これじゃ、ちょっと寂しい気分になるのもお分かりでしょう(涙)。
実際にはご飯を食べるのには十分な量だったんですけどね。
カツカレーは美味しかったんでしょうけど、ちょっと高カロリーじゃないですか?
ご自分の年齢もお考えの上、注文をしなくっちゃいけません(笑)。

  • 2015/09/13(日) 18:24:35 |
  • URL |
  • 岳志 #sSHoJftA
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3381-5d9c394e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad