専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

飯田屋2015

20150712_113331.jpg

昨日の話の続き、それは、分かる人には分かってたでしょうけど、見当も付かなかった人もおられたはずで、そのご両者とも上の写真を見て、「あぁ、やっぱりね!」という安堵感と、「何だ、コリャ?」という更なる疑念の方向に、より理解度が相反したものと思われます・・・えーっと、自分でも、何言ってんだか分からなくなりつつありますが・・・(笑笑笑)。

毎年一回、本当に毎年一回、勤続表彰もんだと自分で思うくらい、この『どぜう飯田屋』さんにはお世話になっているんです。年に一遍でデカイ顔すんなって話ですが、信州の山奥から年に一回だけでも必ず訪れてくれるお客さんっていうのも貴重なはずです。ま、私から見ても、感謝状を贈りたい程の名店だってことですけどね。

学生時代に女房と2人で背伸びして訪れた、私達には不似合いな大人のための下町の老舗・・・それがこの飯田屋さんに通うようになった頃の印象ですが、今でもその初々しさを思い出すことができる、私たち夫婦にとってはとても大切な思い出の場所であって、この歳になってもその暖簾をくぐる時にはタイムマシンに乗り込む的な気分だったりして。

それ以来、二十数年間にわたって通い続けてきましたが、中で数回だけは来られなかった年もあって、昨年はその数少ないどぜう不当りの年になっちゃいました(涙)。娘の受験やら何やらでタイミングを逸したわけですけど、もうここまで通い続けると、昨年が抜けてることはあまり問題じゃーありません(笑)。

ドジョウの鍋なんて食べたことがある人の方が少ないかもしれません。でも、かつては庶民の味であって、極々普通の食べ物だったみたいですね。ドジョウの姿そのままが出汁に浸った状態で出てきて、それにお好みでネギとかゴボウとかを乗せて煮るんですけど、シンプルさゆえの食べ難さもあるものの、一度その味を占めれば病み付きになる料理だと思います。ビールの美味しさも、ある一線を我慢してようやく理解できるようにね(笑)。

この写真じゃ分かりませんが、丸のままのドジョウはちょっとばっかしグロテスクですし、背骨が食べづらかったりしますから開きにもしてくれますが、通ぶるんなら初めてでもなんでも「マルでお願いします」と言いましょう。それから、薬味はネギだけにして、臭みを取るためのゴボウは止めといた方がカッコいいかも・・・それが下町の人たちの食べ方であろうっていうのが、私の長年にわたる観察の結果です(笑)。

飯田屋さんの記事も毎年書いてますから、新しいこともなくて皆さんには申し訳ないんですけど、365分の1の記事にしてもいいくらいどぜう好きなんだとご理解ください。メガネをはずして薄ぼんやりと女房を眺めながら食せば、かつての面影がホンの少し蘇るような気がする飯田屋マジックってぇのも重要な要素です(笑)。


□□□ 満足満足でした □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

<<かつての面影がホンの少し蘇るよう>>
御馳走様!
満腹しました。

  • 2015/07/17(金) 10:15:23 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

そうそう~そうでした!”
どぜう飯田屋さんでしたね(笑)
今年の始めに浅草徘徊した時に
岳志さんのどぜう記事を思ひだし
店の前を通った時に食べようか☆って
思ったのですが~
結局まぐろ蕎麦のお店にしましたわ(爆)
次回、浅草に行く事が有れば飯田屋さんに
入って、お江戸の人ぶって(笑)食べようかしら

  • 2015/07/17(金) 10:27:42 |
  • URL |
  • hisami #-
  • [ 編集 ]

デート

あれ? 毎年この写真を見てる気がしてたけど、昨年は抜けてたんですね。
クリックして写真を見ると、左手前にどじょうの姿がわずかに見えてるような。

奥さんとのデートで通ったお店に一緒に行くのは、
昔を思い出して胸のときめきも高まるでしょうね♪(^^)
それにしても、学生時代に行ったお店が今も残ってるんだから、
やはり名店に違いありません。
ボクも嫁さんと初デートしたお店が室蘭市にあって、
嫁さんの実家に行ったついでに、お昼を食べに行ってましたけど、
嫁さんの両親がこちらに引っ越して来たので、これからはなかなか行けないかな。

  • 2015/07/17(金) 12:36:09 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

うちは

職場結婚だったんで、こういうお店は無いですねぇ…強いて言えば、終わりの遅い会社だったので、深夜のファミレスでしょうか(笑)

なにはともあれ、今年も来られてよかったですね。
この恒例イベントも、ダイヤモンド婚式まで続きますように(笑)

  • 2015/07/17(金) 13:35:12 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

えーっと、お名前がありませんが・・・(汗)。
決してノロケ記事じゃありませんからね(笑)。
女房との付き合いが長い分、思い出もたくさん残っているのはいいことなんじゃないですかね。
思い出って言っても、いい思い出ばかりじゃありませんけどねぇ(笑)。

  • 2015/07/17(金) 17:39:23 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

そうですそうです、hisamiさんなら飯田屋さんの記事を読まれたことがあるでしょう。
もし機会があったら、次回はぜひ暖簾をくぐってみてください。
でも、まぐろ蕎麦って初めて聞く蕎麦なんですけど・・・。
それ、本当に浅草の名物なのかどうか・・・はなはだ疑問です(笑)。

  • 2015/07/17(金) 17:41:55 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: デート

私も気が付かなかったんですけど、昨年は来店してないみたいなんですよね。
行ってても行ってなくてもそれほど違和感がないくらいには通ってるってことでしょう(笑)。
こんなに通い続けるなんて当時は思ってもみませんでしたね。
二十数年前・・・初々しく、優しく、健気だった頃の女房に会いに行くようなもんです(笑)。

  • 2015/07/17(金) 17:45:53 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: うちは

深夜のファミレスが思い出のお店だったんですか(笑)。
それも何となく雰囲気があっていいような気がしますよ。
ただ、その雰囲気を味わいたければ、夜中に出かけるしかないってことですが・・・。
あのドジョウなら歯が無くなっても食べられますから、まだずっと行けるはずです(笑)。

  • 2015/07/17(金) 17:48:22 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

自分も・・・

学生時代に、母方の伯父さんに連れて行ってもらって食べたのが初めてで、場所は何処だったかなぁ・・・汗
当然おごってもらって美味しくご馳走になったのは言うまでもありません。
その伯父さんも何年か前に亡くなっちゃって、柳川鍋は伯父さんとの懐かしい思い出の味です。

学生さんが彼女とどぜう屋さんでデートなんてシブいですね笑

  • 2015/07/17(金) 19:36:19 |
  • URL |
  • タッキー #-
  • [ 編集 ]

Re: 自分も・・・

ドジョウを食べさせるお店って、実は案外多いんですよね。
長野県内にもいろいろあるみたいですよ。
それだけかつては庶民の味だったってことなんじゃないですかね。
庶民の味だからこそそこにいろいろな思い出も多いってことでしょう。

  • 2015/07/20(月) 00:15:24 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3322-a496dbd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad