専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

発注遅れ

20150711_082453.jpg

製造業的な会社だったらどこでもありがちなお話だと思うんですけど、何か製品を作ろうとした時に、その部品の一部だったり、資材だったり、原料だったりが不足してて慌てるって経験のある読者の方は多いはずです(笑)。いくら注意していても、営々と続けていく企業活動の中で、その手のポンミスは完全にゼロにはならないんじゃないですかね。

そんなことを前提で話をするあたり、長生社のレベルの低さを露呈しているようなもんですが(汗)、社内にある資材のみで製品を完成させられるような会社っていうのも少ないでしょうから、多かれ少なかれ外注による調達部分があるはずで、必然的に発注のし忘れなり在庫管理のミスが発生する可能性はないとは言えないでしょう。

で、今回の私の失敗は(笑)、先日もここで話題にした酒粕を詰めるためのビニール袋をショートさせちゃったことなんですよねぇ(汗)。もうしばらく前に発注はかけてあって、在庫が無くなってから気が付いたって程じゃないんですけど、新しいビニール袋ができてくる前に使い切っちゃったみたいで、蔵の若手に怒られました。

出来合いの資材ならそれほど問題じゃないんですよね。例えば、一升瓶の王冠だったら、そこに『信濃鶴』って入っているか、それとも無印で何も書いてないかで、発注から納入までのスピードは100倍も違うって言っていいでしょう。それは物によっても、発注数量によっても変わってくるでしょうけどね。

今回の酒粕袋は1回の発注量が4000枚っていう決め打ちをされていて、その単位じゃないと受け付けてくれないんですけど、その分はお安くしてくれてるみたい。当然『信濃鶴』とか会社の住所とかがプリントされてますから時間がかかって、ほぼ1ヶ月くらいの納期なんですよね。

通常であれば、年間必要数量を計算して時間のある時に発注をかけるんですけど、今回、夏の酒粕の小袋は新たなる挑戦だったもんだから、チト間に合わなくなっちゃったってわけです。そんなにも売れ行きがいい・・・ってことならいいんですけど、単に気が付くのが遅かったってだけのお話(笑)。


□□□ 激励のクリックを! □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

致し方無し!

今日のはピンボケ写真かと思いましたが、透明袋の文字がズレて重なって、
ブレた写真のように見えるだけでした。(^^)

酒粕用ビニール袋の発注タイミングが遅くなって、
順調に進んでた粕詰め作業の手を止めてしまったのなら、
そりゃあ怒られちゃいますよね。(^^ゞ
差し支えなければ知りたいって程度なんですが、
このビニール袋は一年間にどのくらいの枚数を使うんでしょ?

  • 2015/07/13(月) 12:24:00 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 致し方無し!

これはピンボケってわけじゃありません(笑)。
下手な写真は数々ありますから、ピントが合ってなくてもご容赦ください(汗)。
粕用のビニール袋は大きいのも小さいのもそれぞれ数千枚っていう単位を使います。
発注量も多くなりますから、簡単に仕上がらないってことになるんですけどね。

  • 2015/07/15(水) 00:36:14 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3318-0bbefad1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad