専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

立ち飲み文化

20150629_174435.jpg

大阪の酒販店さん事情で、他の地域と最も違うと思わされるのが『立ち飲み』とか『角打ち』とか言われるお酒の文化です。これは、酒販店さんの店内、あるいは併設された小規模なカウンター等で、店内に置いてある商品をその場で飲むっていう形態で、簡単なおつまみも出してくれたりするお店が多いですね。

お店がオープンする午前中からずっと飲めるお店もあれば、夕方から夜にかけてだけの営業の場合もありますが、とにかく気軽にサッと飲んでサッと帰るみたいな飲み方のお客さんが多いようで、大阪近郊の酒販店さんでは立ち飲みを併設していないお店の方が少ないんじゃないかと思うくらいなんですよね。

駒ケ根のような田舎でも、かつてはそういうお酒の提供の仕方をしておられるお店はたくさんあったようです。そういう場で使い易いように、カップ酒っていう商品があったんじゃないかと思うんですけど違うのかな?とにかく、大阪でお邪魔した酒販店さんで、立ち飲みをやっておられないお店はほとんどありませんでしたよ。

中には、そういう雰囲気じゃなくって、お洒落なテーブルをしつらえて飲み屋さんみたいじゃなく見えるお店もありましたが、そこでもやっぱり少しお金を払えばお酒が飲めるようになっていて、夕方になれば女性の方なんかも来店なさるっておっしゃってましたね。つまり、大阪では全く違和感のない形態だってことなんでしょう。

私が今回引きずり込まれるようにして飲んじゃったお店では、全てはキャッシュオンデリバリーでお金と引き換えにお酒や、お店で売られているおつまみが目の前に置かれます。店頭で売られているままの値段ですから、それらを家に持ち帰って飲んでも金額的には全く変わらないんですけど、狭い店内で他のお客さんと肩を並べてつらつらと飲むのがたまらなく美味しく感じるんですよね(笑)。

本当に大阪の繁華街のど真ん中にあるお店でしたが、写真にもあるように長野県の『渓流どむろく』なんていうお酒も置いてくれてあったりして、余計に私もアウェイ感が少なくて居易かったです(笑)。あんなふうにして信濃鶴が飲んでもらえたらとーっても楽しい展開ですから、是非ともどんな評価になるのか聞いてみたいもんです。そういうお店のお客さんは、お酒の味には厳しそうですけどね・・・(汗)。


□□□ ビール1本とお酒2杯いただきました □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

おはようございます

自分はした事ないですけど、昔はここいら辺でも「てっぱ」って文化がありましたよね・・・

仕事帰りの土方のおっちゃんとかが立ち寄って、レジの脇とかにタムロしてて・・・

きゅ~っと一杯飲んで、酔う前に帰らにゃいかん!なんて言いながら飲んでたもんです・・・笑

公共交通機関の衰退した田舎だと、どうしても車の運転が付いて回るので、気楽にてっぱなんて訳にはいかんですね・・・

ちょっとおおらかな昔が懐かしくなっちゃいました・・・

  • 2015/07/02(木) 04:36:52 |
  • URL |
  • タッキー #-
  • [ 編集 ]

ちょっと憧れますw

松本市内にはまだいくつかそういう所があります 
空のビールケース裏返して座布団置いてあったりするけど さすがにそういうとこは立ち寄りにくく・・・苦笑

その中でも 8オンスさんとかkadokkoさんとかは立ち寄りやすいので 時々準備運動(?)かねて1-2杯♪
冬場はストーブで 自分でお燗つけたりするのが楽しいですねぇ


  • 2015/07/02(木) 10:45:35 |
  • URL |
  • ありの実 #-
  • [ 編集 ]

地方都市では

立ち飲みは多くあれど、角打ちって少ないんですよね。
無料で試飲させてくれる酒屋はあったりしますが(笑)

カップ酒の開発コンセプトは「若者に外で飲んでもらおう」だったそうです。
アウトドアのときとかに持って行って飲みやすいように作ったんですが、実際に販売してみたらオッサンが外でチョイ飲みするために使われ、すっかり「カップ酒=オッサンの酒」というのが定着してしまったそうで…

  • 2015/07/02(木) 11:18:15 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

札幌では

札幌も立ち飲みのお店はあっても、
角打ちをやってる酒販店はお目にかからないですね。
以前に札幌駅から地下鉄でひと駅の駅近くに、
昼間は酒屋で、夕方からカウンターでお酒が飲めて、
料理も出してくれるオシャレなお店があったけど、
何年も前にお店を閉めてしまいました。

大阪の立ち飲みのお店も一軒しか行ったことはないですけど、
随分と混んでてカウンターに割り込んで呑む感じでした。

  • 2015/07/02(木) 18:02:40 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: おはようございます

どういう意味なのか分かりませんが、テッパって言いましたよね。
駒ヶ根近辺の小売店さんでも皆さんやってましたよ。
飲酒運転の取り締まり強化で、完全に影を潜めたって感じです(汗)。
運転しないっていう前提で、ちょっと飲む余地を残しておいてほしいもんです(笑)。

  • 2015/07/02(木) 23:17:19 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: ちょっと憧れますw

ありの実さんにはあこがれの場なのかもしれませんね(笑)。
松本にはそういうお店がまだあるんですね。
具体的な店名までお分かりのようですが、ちゃんとチェックだけはしているってことかな(笑)。
一度行けば後は暖簾をくぐり易くなるんじゃないですか?

  • 2015/07/02(木) 23:19:21 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 地方都市では

立ち飲みと角打ちの境界線がよく分かりませんが・・・。
角打ちの方がよりディープな世界なのかもしれませんね(笑)。
カップ酒のコンセプトは大関さんが言い出しっぺってことなんですかね。
ワンカップの世界では並ぶものなしの実績ですもんね。

  • 2015/07/02(木) 23:21:35 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 札幌では

札幌もいろいろな形態のお店はあるんでしょうね。
酒販店と立ち飲み屋さんが共存したお店は今でも多いのかもしれません。
まっちーさんのことだから、いくつもご存じなんじゃないですか(笑)。
大阪の立ち飲み屋さんは狭い所でギュウギュウ詰めで飲むのがいいのかもしれません(笑)。

  • 2015/07/02(木) 23:24:18 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3307-36b94c13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad