FC2ブログ

専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草取り

20070902190259

久しぶりに、丸1日家にいた日曜日でした。そして、丸1日草取りの日曜日でした(涙)。

もう秋の気配を感じる信州ですが、家の周りや畑の中の雑草の勢いはまだまだ衰えを見せません。朝のうちに「よーし今日は雑草を退治するぞ!」と気合を入れたんですが、なんやかんや慌しかった今年は、いつもの年の半分も家の周りの仕事をしていません。その分女房や親父に任せちゃっていたってぇことなんですが・・・。

『気に食わん』わけだ、これが。これまで全く私が手を出していなかったわけでもなく、それなりにはなっているんですが・・・『気に食わん』わけだ、これが、これが(笑)。

まずは往来の人の目に付く、母屋の玄関の入り口あたりの草取りから初めて、家の周りなんかをやるんですが、このあたりはそもそもいつも気を使っているところで、それなりなわけですよ。気に食わないのは畑だっ!半分くらいは取ってあるのに、残りは草だらけじゃないかっ!

「あいつはいったいなーにやってんだ!」・・・女房に対して憤まんやるかたない私は、それでも黙々と草を取り始めます。一旦仕事を始めると、案外寡黙に根気強くやるんですよ私は(笑)。半日くらいかけてそれなりの景色になりました。かき集めた草の大きな山がいくつもできて、ちょっとした達成感を味わえます。

多少草なんかあったって、野菜なんか出来るんです。味にもさしたる影響はないでしょう。でもやっぱりきれいな方がいいと思うんです。それは、作り手の気持ちがそこに現れていると思うから。それが野菜にも伝わると思うからです。ちょっとくらい蔵が汚くても、お酒は造れると思っていたんじゃ、名醸蔵には程遠いやね。

野菜にその人間の気持ちが伝わるかどうかだって、説明なんかできないでしょう。でも、伝わると思っていた方が自然じゃないでしょうかね。麹菌や酵母菌を相手にしてお酒を造っていると、そう考えていた方がよりよい方策を選択できる可能性が高い気がしますよ。気がするっていうか、実感しちゃってるって感じかなぁ・・・ちょっと大袈裟ですかね。

畑にいると、そんなことよく考えますね。麹室(こうじむろ)にいて考えることととても似ている気がします。畑で地べたにはいつくばって土をいじっていると、妙に安心するんですよ。麹室で麹をいじっていると、同じように安心感があるのかもしれませんね。実際には忙しいから、そんなこと感じていられないんですけど(笑)。

あんな小さな我が家の畑や、もっと小さな蔵の麹室にいて、自分が何か大きなものの一部分で、他の生き物と大して違わないんだっていう実感があるっていうのは、酒造りをやっている中でのいい授かりものだと思うんです。このセンスはずーっと持ち続けていたいですね。

さて、草取りも終わり、片付けをしていると、女房殿が登場しました。
「お前、今までなーにやってたんだ。どーやりゃこんなに草まるけにできるんだよ。毎日ちょっとずつでもやっときゃいいことだろ。気が付いたらすぐに取っとけよなぁ」
「・・・(沈黙)・・・今の言葉、そのままのしをつけてあなたにお返しするわ」
「・・・(うつむいて)・・・はい、すいませんでした(涙涙涙)」


□□□ 今度は野沢菜を蒔きます □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気blogランキングへ■■■

コメント

雑草は

たくましいですね。芽が出たかと思うとあっという間に花が咲き、種子をばら撒くような気がします。

  • 2007/09/03(月) 08:24:46 |
  • URL |
  • カナガワ #-
  • [ 編集 ]

女房殿は

たくましいですね。さすが!蔵に入っている間、またしょっちゅう県内外を飛び回る岳志さんのいない留守を守っているだけあります。
私も草取り好きです♪気分転換というか、憂さ晴らしというか、草を取ったあとの達成感は何とも言えません。最近は、お腹がつかえて苦しくなりましたので、なかなか草取りしていませんが(汗。

草取りは重労働です

奥さんにそんな説教するなんて
命知らずですか
草取りはきついですねしかし畑で取れた物
を肴に一杯は堪えられません
先ほど三重県のとうこさんのブログにお邪魔しました
中々面白そうな所ですね。

  • 2007/09/03(月) 16:05:46 |
  • URL |
  • 蕎麦屋のオヤジ #-
  • [ 編集 ]

>>雑草は

彼らの強さに学ぶ部分は大いにあります(笑)。
庭の草も、ある程度伸びて、これからっていう出端をくじくタイミングで除草剤を撒くと、長い間草のことを考えずに済みます。
種が蒔かれる前に、取っちゃうことも大切です。
いずれにしても、戦いは長く続くんです(涙)。

  • 2007/09/03(月) 18:06:54 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

>>女房殿は

女房殿に楯突こうなんて100年早かったです(涙)。
私も、案外草取り好きかもしれませんね。
喜んでやろうとも思いませんが、やり始めるときれいになるまでやり続けます。
isuzuさん、草取りでおなかつかえる感じがするんですか?
そんなに出てましたっけねぇ?
飲み過ぎだから摂生した方がいいですよ・・・なんて決して言いませんから安心してください(笑)。
お酒の量はそのままで、つまみの量を減らせばいいんですよ。

  • 2007/09/03(月) 18:11:26 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

>>草取りは重労働です

やっぱり、オヤジさんもそう思いますか・・・反省してます(笑)。
我が家の畑でとれたものが食卓に並ぶのは、本当にうれしいことですよね。
お酒の肴になればなお良しです。
そのために畑仕事しているようなもんですもんね。
とうこさんの所は面白いですよー!
ぜひ、見にいってあげて下さいね。

  • 2007/09/03(月) 18:15:06 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

農業と酒つくり

野菜つくりと酒つくりはどことなく似たところがありますよね。
思いをこめて丁寧に行うと、答えるように育ってくれる
何かを(生き物を扱う)育てるということはすべて同じものがあるのかもしれませんね。
きっと美味しい純米酒を造られる岳志さんの作られた野菜は、美味しいことでしょうね(^-^)

  • 2007/09/03(月) 18:42:09 |
  • URL |
  • 醸し屋 カズマ #A1vz8dvw
  • [ 編集 ]

<我が家のご主人様>
少々時季外れの苗は松川インターから東へ向かって153交差点のお店で購入します
なぜなら豊田と伊那谷では植え付けに1ケ月程度のずれがあるから
もちろん買うのは我が家のご主人
そこまでの運転手はいわずとしれた和ちゃん
これまでの会社に区切りをつけて新人契約社員+畑1年生
もちろんご主人は近所でも高名な畑名人
草取りも、その名人にご指導をいただくのだから、キツーイことこの上ありやせん
まあ、そのおかげで毎日美味しい晩酌にありつけるのですから・・・
これを見られないように投稿するのも一仕事で、万が一見つかった時には
「・・・(うつむいて)・・・はい、すいませんでした(涙涙涙)」
 
レスが長くなりすみません m(_ _)m

  • 2007/09/03(月) 19:27:45 |
  • URL |
  • 豊田の和ちゃん #/2CD/BNk
  • [ 編集 ]

>>農業と酒つくり

カズマさん、お久しぶりです!
ブログにコメント入れられなくてすいません。
でも、ほとんど毎日見て応援クリックしてますから、ご勘弁を(汗)。
カズマさんには私の言っていることがよく分かってもらえると思います。
同じ体験をしているわけですからねぇ。
ちょっと人間の理解の範囲外の生き物と接することで、逆に人間に対する理解が深まることがあるんじゃないかと思ってるんです。
だから、オランウータンじゃなくて麹菌じゃなきゃイカンのです(笑)。
私の作る野菜の味は・・・イマイチ・・・かな・・・(涙)。

  • 2007/09/04(火) 18:56:43 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

>><我が家のご主人様>

私も松川のそのお店で野菜の苗を買うことありますよ!
いつ行ってもいろんな種類がたくさんおいてあるから、見ているだけでも楽しいですよね。
奥様、いやご主人様はそんなに著名な畑名人だったんですか(ご近所で)。
多少草取りが厳しくても、その後の一杯のことを思えば頑張れるじゃぁないですか(笑)。
ブログ読んでると怒られるんですか?
畑指導も、家庭内のしつけも厳しいんですねぇ(笑)。

  • 2007/09/04(火) 19:04:44 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/329-b7e95237
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。