専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

入賞報告

もう、日本酒に興味のある方なら情報収集されておられることとは思いますが・・・私としても、結果が思わしくなくて言いそびれてたってわけでもないんですが・・・きっと、ネット上でも話題にはなっているはずですが・・・数日前に結果は発表されていて、何となく今さら感があって切り出し難いっちゃ難いなぁ(笑)。

今年の全国新酒鑑評会の結果ですけど、もし金賞だったら発表当日に喜び勇んでこのブログで発表してるに決まってますから、そうじゃなかったってことはお分かりでしょう(涙)。結果は『入賞』ってことで、まぁ、何にも取れなかったよりは良かったんですけど、金賞じゃなかったってことには変わりがありません。

この鑑評会では、1次審査(予審)に通ったものが『入賞酒』、更に2次審査(決審)まで通ったものが『金賞酒』ってことになって、全国金賞という日本中の蔵元が渇望する勲章に至るわけです。当然、中にはそういうことに興味のないお蔵さんもおられますが、大方のお蔵さんでは一生懸命に出品酒造りに精を出しておられるんじゃないですかね。

もちろん、信濃鶴だってベストを尽くして臨んだんですよ。ですから、結果に対して悔いは残りませんが、あまりそういうことを言うと負け惜しみだと思われるかもしれませんし、実際のところは負け惜しみですからこれ以上は言いますまい(笑)。ま、昨年は入賞にも手が届かなかったんですから、少しは進歩したとご理解下さい(汗)。

近年成績の振るわなかった我が伊那谷の蔵元も、『夜明け前』さん、『信濃錦』さん、『喜久水』さんの3蔵が金賞で、かなり優秀だったんですよ。特に信濃錦さんは鶴と同じ美山錦の純米大吟醸っていうスペックでの受賞ですから、相当にレアな金賞のはずで、アッパレアッパレだったんじゃないですかね。

近年は、純米大吟醸での出品も多くなってますし、使用米が山田錦でないお酒も増えてきましたから、これから更にバラエティ豊かな構成になっていくかもしれません。コンテストですから物差しはひとつってことになりますが、飲んで美味しいお酒が評価される、消費者のための鑑評会になっていって欲しいもんです。

今年の鶴がどうだったかは、実際にたくさん並んでいる中で味を見てみないと分かりませんが、やはり今の金賞酒の味のスポットからはズレていることは確かでしょうから、そこに対してどう修正をかけるかが来年の課題でしょう。私とすれば、『純米吟醸の部』っていうのができれば鶴の金賞受賞確率が上がるんじゃないかと、密かに妄想してるんですけどねぇ(笑)。


□□□ 純米での金賞が増えてほしいです □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

全国新酒鑑評会に思う

金賞は逃されましたが・・・、とりあえず「入賞おめでとうございます」といわせていただきます。
とは言え、岳志さんの
<<飲んで美味しいお酒が評価される、消費者のための鑑評会になって欲しい>>
というご指摘は全面的に同感です!
市場では純米吟醸酒のほうがアル添の吟醸酒より人気があり、消費量も多いのに、金賞に選ばれる大部分はアル添の吟醸酒ですから、主催者側にはこの矛盾を謙虚に受け止めてもらいたいものです。

ご存知かと思いますが、その良い例が、この春に広島国税局が「消費者の視点から市販酒類について広く意見を聞き、消費者と酒蔵を結びつける・・]を目的に開催された「SAKE in 広島」だと思います。
鑑評会と主旨は少し異なりますが、出品酒はすべて市販されている酒とし、その評価者を「品質評価に十分な経験と能力を有する者」と、鑑定官室長が認めた酒販店主・料飲店主や従業員としたところに、消費者との距離の近さを感じます。
このようなやり方が広まれば、市販酒としての日本酒の品質向上や、個性的な日本酒の登場が期待できると思います。

  • 2015/05/25(月) 10:03:35 |
  • URL |
  • 酒ひろし #-
  • [ 編集 ]

おめでとうございます!

金賞を逃して不本意とは思いますが、先ずは、入賞おめでとうございます!
岳志さんとすれば、今回の出品酒に手応えを感じていたからこそ、
入賞の結果に満足はされていないとは思いますが、
昨年までの結果からすれば大きな前進ですし“来年こそは必ず”の思いを強くしています。

ボクも先週の内に結果を見て知っていましたし、
金賞なら岳志さんが記事にする前にでも、お祝いのコメントを入れましたけど、
入賞でしたからブログ記事になるのを待ってました。
鑑評会の結果が消費者の評価と結びつくようになれば良いですね。

  • 2015/05/25(月) 12:36:57 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 全国新酒鑑評会に思う

何のための鑑評会なのか、しっかりと目的を持って私達も臨みたいです。
市場との乖離が大きくなるようであれば、鑑評会自体の価値も下がってしまいそうですしね。
今ではいろんなタイプのコンテストも多くなって、その辺の意識の啓蒙にも一役買ってくれています。
審査員にどんな顔ぶれが並ぶかで、結果も大きく変わってきそうですよね。

  • 2015/05/25(月) 14:01:13 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: おめでとうございます!

入賞ってことは、また来年頑張る力をいただけたんだと思ってます(笑)。
どこが良くて入賞して、どこが悪くて金賞じゃなかったのかまた考えなくっちゃなりません。
あまり金賞ばかりに迎合しても鶴らしさが無くなっちゃうと面白くありませんし・・・。
自分がこれで行くと決めたタイプで金賞が取れれば最高なんですけどね。

  • 2015/05/25(月) 14:04:45 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3269-89486ae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad