専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

初体験(その1)



これから数日、私の初体験のお話が続くと思います。初体験と言ったって、お酒造りに関することであって、それ自体は初めてのことじゃありませんが、お酒を造る環境がこれまでにない状況だってことで、とっても珍しい体験談になるんじゃないですかね。大変と言えば大変な仕事ですが、これも今後の長野県のお酒造りに役に立つことだと自分に言い聞かせて頑張ってます。

今、私がどこにいるかって言うと、長野市の工業技術総合センターの仮眠室(?)みたいな所です。今晩と明日の晩はここに泊まり込むことになってるんですよね。どーしてか?そこが一番重要ですが、麹を造るためにって言えばいいか、新しい設備の試運転のためにって言えばいいか、これからの長野県のお酒造りのためにって言えばいいか・・・。

いつかここでも話題に上ったことですが、昨年、この工業技術総合センターでは県からの予算が付いて、とても立派な製造設備を導入することになったんです。これは、お酒ばかりじゃなくて、ワインやビールのアルコール関係、味噌や醤油の醸造関係、そばやお菓子の加工食品関係等、いろんな業界のための基礎研究を行うための設備なわけです。

その一連の施設も完成して、これから稼働し始めるところなんですけど、私達日本酒業界にとっては、初めて長野県に実際の仕込が行える場所ができて嬉しい限りではありますが、まだこの設備を使って誰もお酒を仕込んだことがない現在の状況で、まず手始めに酒造技能士養成のための勉強会の生徒さん達に、お酒造りの実体験をしてもらうために使ってもらおうってことになったんです。

で、ぶっつけ本番で新しい設備を使うってわけにもいきませんから、とにかく一番肝心の麹の製造だけは事前に一度試験製造をやっておこうっていう話になって、その際にセンターの若手職員がやってみる時のアドバイザーとして面倒を見るっていう役割が、こともあろうに私に回って来ちゃって、それで泊まり込みの試験製造に付き合う羽目になったわけです(汗)。

私がとても優秀な杜氏だから白羽の矢が当たったっていうんならカッコいいんですけど、全然そんな話じゃなくって、たまたまその技能士養成講座の担当になってたっていうだけの話で、若手職員と一緒に新しい設備を手探りしながら使い始めたってところです。まぁ、最初から難題続きで簡単にはいきませんが、私もこういうことは好きな方らしくて、案外のめり込んでやり始めました(笑)。


□□□ まさか泊まり込みになるとはねぇ □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

おはようございます

木の香りはとっても心地よさそうですけれど・・・
寝心地はとっても良く無さそうですね・・・笑

一応はアドバイザーって立場なんでしょうから、豪華なとまでは行かなくたって、もうちょっとマシな場所で寝かせてもらえないもんなんですかね~~笑

  • 2015/05/19(火) 05:58:57 |
  • URL |
  • タッキー #-
  • [ 編集 ]

頑張ってください!

<<酒造技能士養成のための勉強会の生徒さん達に、お酒造りの実体験をしてもらうために>>
この種の研修では、理論的には充分知識はあっても、実際の酒造りの経験が少ない人が講師を務めるケースが多いのですが、岳志さんの場合は百戦錬磨、何年間も自分で麹を作り続けてこられたのですから、理論はもちろん、あらゆる方向からの実践に対応できる能力をお持ちです。
ぜひ、若手の研修生たちに技術はもちろんですが、その気概も一緒に教えてあげてください。
その成果が楽しみです。

  • 2015/05/19(火) 09:37:51 |
  • URL |
  • 酒ひろし #-
  • [ 編集 ]

仮眠ベット

今日の写真は何?って思いましたけど、やはり仮眠用のベットになるんですかね。
タッキーさんがおっしゃるように、もう少し何とかならないものかと思いますが、
あんまり寝心地が良いと肝心な時間に起きられないから、
麹造りの時は、こうじゃないとダメなんですかね。(汗)
板の上に直接じゃなくて畳一枚あると、かなり寝心地が違うと思うんですけど。

酒造技能士養成のための指導をする若手センター職員の麹造りを手助けする
重要なお役目ですから、
昔の血が騒いでわくわくしちゃいますかね。(^^)

  • 2015/05/19(火) 12:33:43 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

仮眠設備も

最新式…というわけには行かなかったんですかね?(笑)

造りが終わってホッとしているところで、また泊まり込みで作業するというのは、体力的よりも精神的にくるものがありそうですね…お疲れ様です。

  • 2015/05/19(火) 16:35:40 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

岳志先生

蔵でも,県でも後進のご指導お疲れさまです.
ところで,写真の場所は麹室の中のように見えるのですが,ここで仮眠すると?
それじゃあ長生社の蔵で仕込んでいる時と一諸ですね(笑)

  • 2015/05/19(火) 20:33:20 |
  • URL |
  • けろ #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

Re: おはようございます

いえいえ、これはベッドなんかじゃないんですよ(汗)。
この上でお米をいろいろと処理するための台なんです。
毛布のような布があるからそう思っちゃったですかね。
この上で寝たわけじゃありませんが、これと大して違わない寝心地の所で寝ましたよ(笑)。

  • 2015/05/20(水) 17:57:55 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 頑張ってください!

おっしゃるように、先生方も実務っていう面では経験があまりないわけですよね。
ですから、なるべく実践的にアドバイスさせてもらいました。
とは言え、かなり突っ込んで仕切った部分もあって疲れました(汗)。
もっともっと経験豊富な杜氏さんの方がいいに決まってますが、県の役をもらっている関係上私がやる羽目になったわけで、生徒の皆さんが納得してくれるかどうかは疑問です(笑)。

  • 2015/05/20(水) 18:02:49 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 仮眠ベット

皆さん、この台をベッドだと勘違いなさっておられるようで・・・(汗)。
これは麹を造る時に使う台で、杜氏さんたちがこんな板の上で寝ているわけじゃありません(笑)。
こういう台の上にお米を広げたり、お米を入れた箱を載せたりして作業をするんです。
上に乗っている毛布のような布は、お米を保温するために使うんですよ。

  • 2015/05/20(水) 18:05:53 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 仮眠設備も

よほどこの台はベッドに見えやすかったのか・・・(笑)。
きっと、あまりに新品過ぎて、作業台には見えなかったんでしょうね。
木材は全て秋田杉のようですから、これがベッドでもかなり高価になるかもしれません(笑)。
この時期に麹造りで寝不足になろうとは考えもしないことでした(汗)。

  • 2015/05/20(水) 18:08:11 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 岳志先生

けろさんが正解です(笑)。
ここは仮眠室じゃなくって、麹室の中そのものですよ。
麹室で寝泊まりする時には、この台の上で寝るのと大して変わりませんけどね(汗)。
でも、転がって落ちることを考えれば、床の上で寝る方をとりますよ(笑)。

  • 2015/05/20(水) 18:10:34 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3263-f75a9ad4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad