専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

伊那駅伝

20150322_141703.jpg

ついに仕込の無くなった初日に当たる日曜日のこと。ようやく昼間に自分の時間が作れるようになって、蔵の仕事を任せて、チョイと所用で隣の伊那市まで車を走らせました。そんなに時間のかかる用事じゃなくって、2時間くらいで行って帰って来れると考えて、気軽な気持ちで何の気なしに出掛けたんです・・・ところが、そこには大きな落とし穴が(汗)。

ご存知の方もおられるかもしれませんが、長野県ってマラソンとか駅伝とかが強い県なんです。だからってことじゃないと思いますが、伊那市では毎年、全国の駅伝強豪校が集う、ちょっと名の知れた駅伝大会が開かれてるんです。『春の高校伊那駅伝』は、なんでこんな田舎に日本中から強豪校がやってくるのか分からないってくらいの立派な大会になっているみたい(笑)。

で、それはそれで結構なことなんですけど、所用を済ませて蔵に戻ろうと車で走り始めて伊那の市街に差し掛かると、派手な色のジャンパーを着た大会運営関係者が、そこらじゅうで交通規制をしてるじゃないですか。伊那駅伝のことは分かってましたから、何とか迂回しようとしたんですけど、コースになっている道を横切ろうとしたら、ちょうど選手たちが走っているところにぶつかっちゃったんです(汗)。

こりゃしばらく動けなくなると思って、今ここを走ってるんなら、あっちの道は大丈夫だろうなんて小細工を弄してそちらの道に向かったんですけど、今度はそっちの道の交差点で、私の目の前を2台の白バイに先導された飛び切り速そうな選手が走っていくじゃないですか。相当に距離が離れた場所でしたから、どうやら私は、選手の長い列の最後尾あたりを見て迂回して、再び先頭に引っかかったってことだったみたい(涙)。

運の悪いことに、私はその交差点の渋滞の先頭に位置してしまって、引き返すこともできない状況に。後から考えたら、どうやら私は駅伝コースにぐるっと囲まれたような場所にいたんですよね(汗)。どうしようもなくなって、エンジンを切って、その交差点で目の前を選手が走るのを見物することにしました。たぶん最初に見えたのが先頭で、そこから最後尾のパトカーまで30分くらい足止めされましたかね。

でも、考え様によっては、とってもいい場所で椅子に座って見物できたんだから、それはそれで良かったのかもしれません。開き直って見ていると、若い高校生たちの荒い息使いの中に、若さゆえの純粋でひた向きな懸命さがうかがえて、今の自分にそれが幾ばくかでも残っているのか甚だ疑問視しながらも、「イヤ、きっとあるはずだ」と思い込もうとしている岳志だったりします(笑)。


□□□ 純粋に応援クリック! □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

スカイツリーよりも高い

駅伝で足止めをくらうハプニングに遭遇しながらも余裕が感じられるのは、
蔵の仕事にひと段落がついたからに違いありません。
駅伝選手が間近を走り抜けるのをじっくりと見る機会もそうは無いでしょうから、
ラッキーと言えばラッキーでしたね。
「春の高校伊那駅伝」のホームページを検索して見ましたが、
スカイツリーよりも高い標高を走る駅伝と銘打たれてました。
200チームも参加したようですが、北海道からも参加してたのかどうか...
調べきれませんでした。(^^ゞ

  • 2015/03/23(月) 12:29:02 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: スカイツリーよりも高い

蔵がひと段落してなかったら、もっと必死で帰ろうとしていたでしょう(笑)
もしそうだったら、そもそも出かけてないでしょうけどねぇ。
200チームも参加していたなんて驚きです(汗)。
私の目の前をそれくらいの選手が駆け抜けて行ったんでしょうか。
けど、全国から200チームが参加するなんて、やっぱりそれなりに凄い大会なんですね。

  • 2015/03/23(月) 17:42:24 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3206-892bf233
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad