専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

蔵人奮闘(つづき)

20150213_102808.jpg

さて、昨日問題に出したスロープの使い道ですが、写真の通りです(笑)。昨日の話題に出てきたエアシュータは蔵の2階の天井部分に穴が開いていて、そこまで空気でぶっ飛ばして2階の床からタンクの中へ投入されるような格好になってるんですけど、それが使えないわけですから、とにかくタンクの口までは人力で持ち上げなくっちゃなりません。

長生社ではこういう人力移送の場合には、それ用の布に適量の蒸米を取ったら、風呂敷の様に蒸米を布で包んで、肩に担いでひとりで運びます。その辺の様子も、上の写真でお分かりかと思いますが、この状態でハシゴとかを上るのは非常にやり難いもんだから、丈夫な板をタンクの脇の足場までスロープ状にかけて、そこを行き来するようにするんです。

本当なら、手すり等を付けて転落の危険がない状態にしなくっちゃならないんですけど、こんなこと10年に1度あるかないかの珍事ですから、そんな準備はできていません(汗)。でも、昔はほとんどこれに近い状態で仕込んでたっていう話で、今の基準でいったらダメ出しを食らうでしょうね。とにかく気を付ける様に言って、作業してもらいました。

この日私は別に麹の仕事をしてましたから、具体的な全貌はつかんでいませんが、みんな疲れたろうねぇ(笑)。若手もいるけどそうじゃない蔵人もいるわけですから、当然若い連中は一生懸命に飛び回ってくれたはずですが、もし私が一緒に米を担いでいたら足も手もクタクタになっていたはずです(汗)。みんな、本当にお疲れ様。でも、これもいい体験ですから、経験値を上げるためのイベントだったっていうことにしておきましょう。

あまりこんな仕事はない方がいいに決まってますけど、若くて経験のない蔵人がエアシューターが壊れたら仕込なんてとてもできないなんて思い込まないように、疲れはするけど人力で相当なことまでできるんだっていうことを体感するにはいい機会だったのかもしれません。「社長、そりゃ自分でやってないからっすよー!」って声が聞こえてきそうですが・・・(笑)。


□□□ 仕込は順調にいきました □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

昔に比べたら

いかに長生社の酒蔵の設備が人力に頼るものであっても、
若手蔵人も今回のトラブルのおかげで、
昔に比べて随分と機械化されて楽になってると実感したことでしょう。(笑)
ま、ボクも一緒に運んだわけではないから笑ってられるんですけどね。
めったに使わなくても、こういう道具は残しておかなきゃいけませんね。

  • 2015/02/15(日) 12:41:46 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 昔に比べたら

昔の蔵の中の話って、重たいような話ばっかりですからね(笑)。
それが話だけじゃなくって、実際の仕事になったのはいい経験だったと思います。
あんまり昔の話をすると嫌われますけど、若手には必要な試練でしょう(笑)。
単なる経験っていうよりも、こうやれば人力でもできるんだって思ってほしいですね。
機械と同じくらいの仕事は人力だってできることを理解しておくことも大切でしょう。

  • 2015/02/15(日) 17:11:04 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

落ちたら‥‥

労災確定的ですね…
これが普段からずっとだったら私には絶対ムリ。きっとこのスロープを重さで破壊します。

  • 2015/02/15(日) 20:31:32 |
  • URL |
  • Kida #-
  • [ 編集 ]

Re: 落ちたら‥‥

労災になったら困りますよね(汗)。
ですから、本当はこんな仕事やっちゃいかんのですけどね。
本当に緊急避難的な1日でした。
このスロープは丈夫にできてるんですよ。
kidaさんの体重だって大丈夫です(笑)。

  • 2015/02/17(火) 00:15:55 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3169-0ea8bdc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad