専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

吟醸週間(あと2日)

20150121_235332.jpg

今年の吟醸造りで、何か皆さんにご報告しておかなくっちゃならないことは・・・特段ありません(笑)。そんな専門的なこと聞かされたってお分かりにならないでしょうし、技術的に微妙なさじ加減なんて文章にしづらいですしね。それでも、これまで通りに造ってはいるんだけど、私の中では大いなる挑戦事項がいくつかありました。

拙ブログでも何度かお話ししている通り、信濃鶴にとっての純米大吟醸は自動車メーカーにとってのF1と似た位置付けで、そんな車を市販するわけじゃないんだけど、持てる技術の粋を結集して作ったらどんなスゲー車ができるかを競っているようなところがあって、とにかくそこに挑戦がなければやる意味がない・・・なんて言ったらカッコつけ過ぎだぁね(笑)。

もうこれでOKっていうレベルのお酒が造れているんなら、これまでと全く同じことを繰り返していけばいいんでしょうけど、毎年毎年気に食わない部分があれこれ目に付いてしょうがない私とすれば、どこをどう変えたらどこがどう変わるのかを確かめたくって仕方がない欲求を抑えることができないだけかもしれません(笑)。

あと今年感じるのは、私も50歳も超えて肩の力が抜けたのか、挑戦する精神はいまだ旺盛なものの、あまりガチガチに凝り固まった考え方よりも、少し幅のある思考回路に切り替わってきていて、いいと思ったことは素直にやってみるし、いつもの純米酒に対する接し方そのままで純米大吟醸にも向き合ってるっていう印象が強いように思います。

普段やってることの延長線上にいいものがあるんならばこんなに素晴らしいことはないわけで、吟醸だから特別にどうこうっていうスタンスじゃなくなってきてますね。いつもの仕込みをもう少し精密にやったらどうなるか、いつも何気なくやってることに落とし穴はないのか、いつもとほんの少しだけ違うことが大きな変革をもたらすんじゃないか・・・ま、面白くって仕方がないってところですかね(笑)。


□□□ あと少し □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

極める

<<面白くって仕方がない>>
素晴らしいことですね!
面白いと言う言葉の中には、様々な意味を込めておられると思います。

いよいよ達人の境地に近づいてこられた証だと思いますが、今まで名人と言われた人たちの話を聞くと、極めれば極める程奥が深いとか・・・・・・・。

信濃鶴のためは当然ですが、日本酒の将来のためにもご精進を続けてください。

  • 2015/01/23(金) 09:30:28 |
  • URL |
  • 酒ひろし #-
  • [ 編集 ]

大御所に続き

コメントさせて頂きます。
昨今、日本酒のマスコミへの露出が増えて喜んでいます。今朝も全国紙のA新聞が釜石の奥村杜氏の記事を掲載。随分前にお会いした青年なんですが、ベテラン杜氏のようになっていました。
鶴の若手もこのような優れた蔵人に育つよう祈念しております。

  • 2015/01/23(金) 11:06:04 |
  • URL |
  • 泉山 #-
  • [ 編集 ]

延長線上

石のようだった岳志さんの頭も少しは柔らかくなってきましたか?(笑)
毎年、この吟醸造りでは何らかの挑戦を盛り込んでいると思いますけど、
いつもの接し方そのままってところに社長杜氏としての余裕を感じます。
もとより、これまでと大きく違うやり方に挑むのなんて無理で、
これまでの延長線上に、より良いものが見つかるんだと思います。

女性蔵人さんが辞めちゃったのは残念ですね。
バレンタインデーのプレゼントとブログネタが減っちゃいましたね。(^^ゞ

  • 2015/01/23(金) 12:30:23 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

イキモノ相手だと

再現するのが難しいから工業製品にはない苦労がありますよね。
コリャいい!っていう事も、次の年のお米になったら違うとか、ちょっとした気候の違いでダメだとか…
ソレが面白いってこともあるんでしょうが、なかなか楽にならない仕事ですよね、本当に(笑)

  • 2015/01/23(金) 14:16:27 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

Re: 極める

面白いのも確かですし、難しいのも確かですよね(汗)。
上手くいけばこんなにうれしいことはなくって、自分の腕も上がったような気分になれます(笑)。
反面、失敗気味だったりするとガックリきちゃうんですけどね(涙)。
とてもとても達人の域になんて近づくことはできてません。
でも、何とかいい酒を造って世の中のお役に立ちたいもんです。

  • 2015/01/24(土) 00:34:25 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 大御所に続き

泉山さんだって大御所ですけどね(笑)。
日本酒もブームになっている面があるみたいですね。
でも、全般的にはそれほどいい成績じゃないんですよね(涙)。
かつての若者も、10年も経てば立派な杜氏になっていることだってあるでしょうね。
いい人材でなければいいお酒もできないものと思っています。

  • 2015/01/24(土) 00:36:59 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 延長線上

いえいえ、ストーンヘッドはそのままです(笑)。
でも、無理に吟醸を造るんじゃなくって自然に造りたいっていう気持ちになってきましたね。
そういう接し方でいけば、普通の純米酒にもその精神が生きるんじゃないかと。
女性蔵人は、元々短期でやってみたいっていう希望だったんですよね。
長く働いてもらいたかったですけど、彼女にも人生設計があるみたいで・・・。

  • 2015/01/24(土) 00:39:24 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: イキモノ相手だと

お酒造りの再現性って難しいですよね。
ある意味で絶対にできないことでもありますしね。
技術的進歩も、こんなことができるようになったと思った翌日にはできなくなってたり(汗)。
確かに、そこが面白いんですけど、それを楽しめるようになるまでには鍛錬が必要です(笑)。
ま、どんな仕事も楽してはできないってことでしょう。

  • 2015/01/24(土) 00:41:25 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3144-7de61057
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad