専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

仕事始め2015

20150101_085308.jpg

さて、お正月バージョンブログも今日で終わりです。一応、そのシリーズであることを明示するために、ブログのタイトルに『○○2015』と年号を入れておきましたが、ほとんど意味はありませんでしたね(笑)。大方の読者の皆さんも、お屠蘇気分を引きずりながらも月曜日からの仕事始めだったでしょうから、既に気合は十分入っておられることでしょう。

私もこのお正月にはたっぷりとお酒もワインもウィスキーもいただきましたが、チト現在の私の許容量を超えたと思われますから、これからは少し節制しなくっちゃなりません(汗)。仕込みが始まっちゃえば、そんなこと言わなくてもお酒が飲めない生活になるんですから、ここぞとばかりに無理やりに押し込んだ傾向も顕著ではありますが・・・(笑)。

お正月に家族全員で顔を合わせて飲む時に度々登場するのが、上の写真にある杯です。『天竜正宗・田沢酒店』と書いてありますが、これは長生社の前身である『田沢酒店』で造っていたお酒の銘柄です。創業者である私の曽曽祖父は、最初は『天竜正宗』っていうお酒を造ってたわけで、岳志家の歴史からすれば忘れてはならない名前なんですよね。

長生社の歴史がもう数年で100年を越えるくらいですから、この杯も100年前くらいの物のはずですが、我が家にはいくつか残っているようです。もしかしたら、爺ちゃん達もこれでお屠蘇を飲んだかもしれないわけですから、逃げることの出来ない我が家の歴史を鑑みつつ、コイツで最後の締めをして本格的な新年の仕込みに突入ってところです。

蔵の仕事もそろそろ本格的になってきてます。毎年のことなんですけど、年が明けたらすぐに純米大吟醸の仕込みを始めなくっちゃならなくて、もう酒母用の麹造りに手が付いてますから、既に気を抜くことができない状況にはなってるんですよね(汗)。ま、だからって、このブログが明日から何か変わるわけでもありませんが、一応、これは正月気分を断ち切るために書いた記事だってことでご理解のほどを・・・(笑)。


□□□ 明日からも短めな記事がいいですかね □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

休肝日

お正月休みが終わるとすぐに純米大吟醸の仕込み準備が始まってるんじゃ、
お屠蘇気分なんて吹っ飛んじゃってますね。
ダイエットには持って来いなんでしょうけど、なんたって過酷ですからね。

ボクは普段、月・火・木と週に3日を休肝日にしてるんですが、
この年末年始の間は、そっちのけで呑み続けていました。(汗)
お正月気分を抜いて、休肝日の方も日常に戻していかなくちゃいけません。
健康のためにと始めた休肝日も、家計のためにもと週3になりましたが、
何か決め事があると、普段のペースに戻しやすいのかも。(^^ゞ

  • 2015/01/06(火) 12:32:30 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 休肝日

お正月中に純米大吟は始まるって感じで、何とも気ぜわしいです(汗)。
ま、これも毎年のことですから、もう慣れたって言えば慣れたのかもしれませんけどね(笑)。
週に3日の休肝日は意思が強くないと続かないような気が・・・。
飲むなら毎日、飲まないならずっとくらいにしないと・・・(笑)。
でも、休肝日を心の中でしっかりと決めてあれば、自分としての生活のペースはつかみ易いのかもしれませんね。

  • 2015/01/06(火) 17:41:51 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3127-a96292c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad