専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

見通し

20141227_072320.jpg

年末っていうことで、皆さんも忙しくお過ごしのことだと思います。私も、年明けの仕込み用に酒母を立てたり、もろみの上槽があったり、年末年始の蔵の大掃除があったりで慌ただしくしてますけど、忙しくしようにも思ったように事が運ばなくて、先の見通しが立っていない方たちもいるってことを忘れちゃいけないと、先日気が付かされたんですよね。

滅多にやり取りのない知人2人なのに、たまたま連続して連絡をいただいて、驚いたことに全く同じような自分の現状を伝えてくれたもんだから、まだまだその地域全体として先の見通しはハッキリとはしていなくて、自分の将来についても動きたくても動けないもどかしい状況にいるんだろうと思わされたんです。

言わずもがなの東北の震災復興についてですが、そればかりじゃなくって、今年は長野県でも大きな地震がありましたし、大きな自然災害に見舞われた後の地域全体の復興っていうのは大変なことなんだと思います。お金の面でも、地域生活の面でも、ひとりだけで元通りになれるわけじゃないですもんね。

そのお2人のお話の主旨は、ようやく自宅の土地の造成が始まったっていうことでした。ひとりはたぶん元々家のあった場所で、もうひとりは元の家からは少し離れた高台にっていう話でしたが、ようやく自分の家を建てられる土地が返ってくるっていうことです。でも、返ってきたんじゃなくって、その造成がようやく始まったっていうだけですから、形になるのは来年の夏頃なんだそうです。

そこで土地の引き渡しになるわけですから、実際に自宅の建設に着工できるのは早くて1年後っていうくらいの話らしくて、建築の大工さんが十分にいればいいですけど、思った通りに事が運ぶかどうかも分かりません。お2人とも、まだ仮設住宅に暮らしているんですけど、そこでの生活もいつ終わりになることやら、まだ先が見えなさそうですね。

ここが自分の土地だったっていうことは分かっていても、そこに家を建てることはできなかったみたいです。どこに新しい道が通るかも決まってなかったし、10メートル以上土地のかさ上げをしないと建てちゃいけないってことになったりして、もしも自分で家の周りだけ10メートルのかさ上げをすればその上に建ててもいいってくらいの話だったようです。

そんな話題になると、時として行政に批判が向かいがちですが、そんな規模の復興は誰もやったことがないってくらいのプロジェクトでしょうから、誰かだけが悪いとか遅いとか言えないんでしょうね。オールジャパンで震災復興のための大ナタを、圧勝した現政権にも引き続き振るっていただきたいもんです。

復興住宅にも年末年始は訪れるはずです。暖房が不足するなんていうことはないんでしょうけど、せめても明るい未来を想像しながら、家族全員で暖かく楽しいお正月にしてほしいと願っています。


□□□ 年末年始は記事を短くしなくっちゃ □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

被災地に思いをよせて頂きありがとう御座いました。

ご心配いただきありがとう御座います。
もう、ひとガンバリ・・・・といいたいのですが
店再建の見通しはまだまだです。
自宅も合わせてかなりの頑張りが必要ですね・・・。
今年になって被災前のご近所のおじいさんやおばあさん
が多く亡くなって、お知らせを頂いてお手伝いをさせて頂きました
その件数は、7件でした。
特に先週10日間に4件で家族総出でお手伝いとなりました。
皆さんが70代が多く、その中にはあと2ヶ月で高台に自宅が完成するという時に亡くなり、仮設住宅からの出棺したおばあさんもいました。
みんな疲れて待ちきれなくなって、力尽きる・・・・そんな感じに思います。
私の両親も70歳後半人ごとではありません。
一日も早くせめて自宅でゆっくり過ごせるように頑張らなければいけませんね。
ご心配いただきありがとう御座いました。

  • 2014/12/29(月) 02:33:07 |
  • URL |
  • 0酒店 #-
  • [ 編集 ]

復興

あの震災から3年半以上を経過しても、
まだまだ仮設住宅暮らしを強いられている方たちが
たくさんいらっしゃることを忘れちゃいけませんね。
北国住まいとは言え、暖かい自分の家で過ごせる幸せを感じて、
何ができるわけでもないですけど、
一日も早い復興を願わずにはいられません。

  • 2014/12/29(月) 08:53:40 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 被災地に思いをよせて頂きありがとう御座いました。

いえいえ、感謝されるようなことじゃありません。
忘れちゃいけないと思っても、時としてOさん達も完全に元気でいるような錯覚をしている自分がいます。
完全復活なんて遥か先なのに、自分の意識の低さにハッとすることがあるんですよね。
とてつもなく頑張りが必要な人たちがいるのに、酒造りが大変とか言ってちゃ恥ずかしいです。
待ち切れなくなって力尽きるお年寄りが少なくなるように、日本中で支援しなくっちゃと思います。
自宅ができれば、気持ちの上ではかなり落ち着くんじゃないですか。
お店も含めた再建を心待ちにしています!!!

  • 2014/12/29(月) 18:16:08 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

なかなか~遅々として進まない復興
そんな東北に
今だから出来る支援があると言う思いが
募っておりましたが
それが現実のものとなりそうで☆
来年、東北に行けそうです♪
話しがトントンと進んでまして~やる気満々です
ご縁が頂けたようで嬉しく思ってます
私だから出来る!”今だから出来る支援!”に行きます

  • 2014/12/29(月) 18:18:04 |
  • URL |
  • hisami #-
  • [ 編集 ]

Re: 復興

仮設住宅で何回もお正月を迎える人たちの気持ちなんて分かってあげられないでしょうね。
私達と同じ物を食べたとしても、美味しさの度合いも違ってくるでしょう。
早く心が落ち着けるように、一定レベルの復興まで進んでほしいと思います。
自分の家でぬくぬくしていると、そういう人たちのことを忘れちゃいそうになります。
友人の辛さを自分のものとできる人間になりたいもんです。

  • 2014/12/29(月) 18:21:56 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

おー!何だかウキウキしたくなるようなお話じゃないですか!
hisamiさんだからできる支援があるなんて素敵な話です。
それも今だからできるっていうのが、どんな内容なのかとっても気になりますね!
もし東北に行かれたら、ぜひぜひリアルタイムにブログにアップしてくださいね。
どのくらいの期間になるのか分かりませんが、hisamiさんにも無理のないような形でぜひ頑張ってください!

  • 2014/12/29(月) 18:27:06 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3119-bc5fd623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad