専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

ドイツ酒事情(つづき)

20141219_072525.jpg

とにかく、輸出って、税務処理も実際の輸送もかなり大変だっていうお話を昨日書きましたが、そういった税関通過のやり取りの方法とか、相手国のアルコール販売の実態や酒税に関しての知識や実務経験なんて全くないわけですから、実際問題として長生社だけの力で輸出なんてできっこないっていう結論になります(笑)。

そんじゃ、実際にはどーゆー方法になるかっていうと、一番簡単だと思われるのは、中間に輸出専門の商社に入っていただくっていうやり方です。単純に言っちゃうと、売り手である長生社と買い手である海外の『○○リカー』みたいな会社があるとして、その間の輸出に関しては別の会社にお任せするってことです。例えば、『××商事』的なお名前の会社です。

この場合、輸出だけの代行っていうわけじゃなくって、長生社とすると××商事さんへお酒を売るっていう形になって、直接○○リカーさんとの商売じゃなくなるんですよね。相手国に輸入された後も、××商事さんが○○リカーさんへお酒を卸すっていう様な形になるんだと思います。

ま、正直な話、私もまだ全然そういうことには不慣れで、実体がどういうことになっているのかすらよく分かっちゃいないんですよね(汗)。でも、○○リカーさんが指定してくる××商事さんを通じて間接的に輸出するっていう方法が、私達にとっては一番ハードルが低くて、ポピュラーな方法みたいです。

そうなると、長生社としては信濃鶴を××商事さんの国内の指定倉庫へ送るだけで、そこから先のややこしい諸々はその会社がやってくれて、相手国でも、買い手の○○リカーさんには税関を通った後の商品を届けてくれるっていうことになるようです。やっぱり、餅は餅屋に任せた方が安心安全ってことでしょう。

ですから、やることといったら、県外の酒販店さんにお酒を送るのとほとんど変わりがなくって、輸出港が神戸だとしたら、神戸界隈の指定倉庫までいつもの宅急便で発送するだけってことになるわけで、海外出荷と県外出荷はやることはほぼ一緒になります。ただし、免税に関する税務書類は別途作成しなくっちゃなりませんけどね。

このくらい簡単だと、実務上はそれほど身構えなくても何とかなりますから、長生社のような小さな蔵にとっても、輸出が現実的になってきますよね。きっと、もっと知識があれば輸出にかかる費用を少なくすることもできるんだろうけど、知識も経験もない私達にはリスクが大きくなっちゃうんでしょうねぇ・・・で、鶴を輸出したのかしないのかハッキリせぇよって話はまた明日(笑)。


□□□ まだドイツ出てこねーし □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2014/12/24(水) 08:48:11 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

時代

今でこそ国内だと、酒造から酒販店に直接お酒を売るルートなんでしょうけど、
「〇〇酒販」みたいな酒類専門の卸屋さんがあって、
そこを通さなきゃ売れなかった時代もあったんじゃないですか?
そう考えると海外販売の場合は特に、卸屋さん代わりの商社が必要になりますね。
今やネットを通じて直接メーカーから個人輸入もできるみたいですから、
言葉や法律の壁が低くなれば、直接の取引きが普通になるかも知れませんよね。

初しぼりの取り置きをお願いした札幌の酒屋さんから入荷の連絡があって、
昨日、早速、引き取りに行ってきました。
頑張ってイブに間に合わせてもらいましたから、楽しみに味わいますね♪

  • 2014/12/24(水) 12:26:57 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

海外で日本酒

海外に行くと、その国の日本酒事情を見てくるんですが(町で眺める程度ですけど)、日本からの輸入品だと、菊◯宗さんとかでもエライ値段で売ってたりしますよね。

まぁ、輸送費と手間賃がかかっているのも事実でしょうが、お金を出しても飲みたがる好事家しか買ってないというのも関係していそうですけど(笑)

  • 2014/12/24(水) 17:06:57 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

Re: 時代

そうです、国内で言ったら問屋さんみたいな会社が必要だってことです。
国をまたいで商品を往来させる商社さんがその役目です。
時代がすすんでくれば、本当に宅急便でポンと外国に鶴が発送できるようになるかもしれません。
そうなったら、送料向こう持ちでやっていただくしかありませんね(笑)。
鶴が北海道にまで飛んでいくようにはなってますが、イブに楽しんでいただけたでしょうか・・・。

  • 2014/12/24(水) 18:48:05 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 海外で日本酒

海外に行けば、嫌でも日本酒のことが気になりますよね(笑)。
種類はあまりないにしても、値段は見ちゃうでしょう。
日本での値段からはかけ離れるでしょうね。
そのうちのほとんどが輸送料ってことにもなりかねません。
そうなると、酒質云々なんてどーでもよくなったりして(汗)。

  • 2014/12/24(水) 18:52:49 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3114-6815354b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad