専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

特異多忙日(続編)

20141026_121425.jpg

超多忙でしたなんていう記事を二日続けて書きたかぁないもんですが・・・超多忙でした(笑)。新人度合いが高い、造りの初期である、杜氏自身が優秀ではない等々の理由が考えられるわけですが、今日も1日パニパニしてましたね。もう、ブログに何書こうなんて考えられないくらいでんがな(汗)。

こんなこと具体的に書いてもしょうがないんですが、かいつまんでお話しすると・・・通常なら午前中にするはずの米洗いを、新人だけだとやれないもんだから午後のお茶過ぎに後回しにした・・・お茶を飲んでから、私がいろいろと解説をしながら必要量を洗った・・・洗ったつもりだった・・・そしたら、それは必要量の3分の2しかなかった・・・(涙)。

私が気が付かなかったのもいけなかったんです。まさか、基本の部分からズレているなんて思わないもんだから、用意してあった量のお米を洗ったんですけど、洗った後にそれじゃ足りなかったと気が付いて大いにアセりましたよ(汗)。でも、考えようによっては、明日になってから気が付いたんじゃどうしようもありませんから、まだ良かったのかもしれません。

まだ良かったとは言え、いつものように午前中にやったことならまだ時間的余裕が残っていたんですけど、もう薄暗くなってからのミスだったもんだから、その対応のために結局残業する羽目になって、他の仕事にも影響したりして、どーして毎日いろいろ起きるのか神様を恨めしく思いながら仕事してましたね。

「洗う量が少なかったなら追加して洗えばいいじゃん」と思われるでしょうが、事はそう単純じゃなくって、長生社ではいろんな方法で酒米を洗っていますが、ザルでひとつずつ洗うやり方以外は、基本的にバッチ処理になってるんです。そんでもって、古いシステムだもんだから、1日1回のバッチ処理しかこなせないようになってるんですよね(汗)。

例えば500キロ洗わなくっちゃならない時に、400キロだけを洗っちゃうと、その400キロは翌日の朝までその経路の中から動かすことはできなくって、同じ処理方法でそこに残りの100キロを追加して後から洗うことができないんです。ですから、別の処理方法で残りを洗ったんですけど、それはそれで時間がかかるわけです(涙)。

若手は慌てながらも頑張ってくれてましたが、案外私は「なるよーになるさー」的な余裕があって、この状況を楽しんでいたような気がします。そう言えば、前任の杜氏も、何かとってもひっ迫した状況にあっても泰然自若としたところがありましたから、私もついにそんな境地に達したのかもしれません(笑)。

どんな状況も必ずケリが付くもんで、今日も何とかやることだけはやり切りました。こりゃ人手が足りないと、事務所に行って帰宅間際の女房に土下座をしてお願いしましたが(ウソ)、快く手伝ってくれて、これも大助かりでしたね。いやぁ、機嫌が悪かったら手伝ってなんてくれませんから、その点だけが今日のラッキーだったかと(笑)。


□□□ なんだかポイントがとても高いんですけど・・・ □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

センサー総動員

パニパニしてた割には、何とかなるさ~と悠然と構えてたんですね。(笑)
とは言え、奥様の手まで借りなきゃいけなくなってたってことは、
それなりの事態だったんでしょう。
まあ、気付いたのが前日で良かったじゃないですか。
当日になって気付いてたら、それこそ大変な事態になってたでしょうからね。
この調子だと、岳志さんのセンサーを総動員して、
色んなことに目を光らせてないといけないから精神的に疲れちゃいますね。
早く軌道に乗ってペースがつかめることを祈っています。

  • 2014/11/12(水) 12:26:58 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: センサー総動員

昔と比べてパニパニの仕方が変わってきているかもしれませんね。
どーしても復旧不可能だってことになれば、本格的にパニパニするのかもしれません(笑)。
ベテランが多ければいろんなミスにもそれなりに迅速に対処できますよね。
ま、ベテランが多ければ大きなミスなんて出ませんしね(汗)。
困った困った言いながらワイワイ若手と苦労しとります(笑)。

  • 2014/11/12(水) 23:30:58 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3071-301370d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad