専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

酒樽作り

20140919_151927.jpg

ネタになりそうな写真、1枚発見(笑)。入蔵する前に、ブログ関係もパソコンの中を一回整理しておきたいんですけど、そう思いながらフォルダーの中を見てたら見つけました。酒樽の注文なんてそうはありませんから、それが3つも並んでいる写真なんて、それはそれで貴重品と言える代物ではあります。

今年の秋祭りは、例年になく酒樽の需要があったらしくて、ここに写った3つだけじゃなくって、本当にたくさん・・・って言っても7つだったかな(笑)・・・樽を作らせていただきました。樽酒はお値段も張りますから、大きなお祝い事でもない限りご注文はないんですけど、今年の年番の皆さんには気前よく使っていただけたってことで感謝感謝です。

さて、なんでこんな写真を撮ったかって言うと、この3つはそれぞれに作った人間が違うんですよね。ひとつはいつも作っているベテラン、あとのふたつは新人の若手2人が作ったものです。どれがどれだか忘れちゃいましたけど、要するに見た目的にはあまり遜色なく作れていて、ほぼ合格点じゃないですかね。

理由は簡単で、今回はベテランが新人を指導しながら作ってくれて、時間もかけて手直しもしてもらいながらだったもんだから、当然ある程度には作れてしかるべきってことです。誰の指導も受けずに次回ひとりで作った時にどの程度に仕上がるのかは、ドキドキしながら見守るしかないでしょう(笑)。

少し解説しておくと、樽の上面が全て見えた状態になっているのは、これらの樽が鏡割りようにっていうご注文だったからです。本来であれば、樽の上部にも菰(こも)がかかっていて完全な形をしているんですけど、持って行った場所ですぐ鏡割りになる場合には、上面を開けて作っちゃっておくと、セレモニーまでの準備が楽になるんですよね。

もう1点、読者のみなさんが思い違いをなさらないように説明をしておくと、どの樽も上部から見て3方向に太い縄が張ってありますけど、正式な作り方ではこれは4方向になるんです。もし、どこかでお酒の樽をご覧になる機会があったらお分かりになると思いますが、後ろの方に1本だけ回っている縄は、本来2方向に分かれて張られるのが正統です。

ちょっとした手抜きの作り方なんですけど、どういうわけだかこの地方では3方向でお作りになるお蔵さんがありますね。私も教わった時から3方向でしたから、正式な造り方をしろって言われると何かサンプルでも見ながらじゃないと慣れてないんですが、特に鏡割りをする時にはこの縄は切っちゃうわけで、それほど重要なポイントじゃないとも言えますけどね。

新人でも簡単にある程度の形に仕上げることができる一番大きな理由は、菰の内側に巻く詰め物を発泡スチロールの成型品が代用してくれるようになったからです。苦労して格好の良い樽型にするのに時間をかけていた昔と違って、カパッとはめて完了ですから涙が出るほどの簡単さで、かつきれいな仕上がりになります。今回この3つを並べて見て、自分の処女作との出来の違いに、ちょっとジェラシーを感じた岳志でした(笑)。


□□□ 昔の苦労話をしたくなる自分はもうお年寄り? □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

経験

例年よりも酒樽の注文が多かったなんて、駒ケ根方面の景気が上向いてるのかな。
以前の記事に製作途中の写真も載ってましたが、
この写真では真ん中の酒樽が縄の縛り方がきちっとして見えるから、
これがベテランの作でしょうかね。
何事にも経験というのは大事で、
最初から上手過ぎても向上心が無くなっちゃて良くないかも。
若手は覚えることだらけですね。

  • 2014/10/27(月) 12:27:46 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

わたしも

真中がベテランさんが作ったに一票!(笑)

樽酒を割るイベントって、実は一度も生で見たことがないんですよね。
お酒関係のイベントなら、なおのこと割らずに好きなお酒を飲むことになるので…(笑)

そういえば、鏡割りを卓上で、しかも何度でも楽しめる「鏡開きセット」なるものが売ってるんですよ。
ちょっと欲しいですけど、それほどおめでたいことがあるわけでもないしなぁ(笑)

  • 2014/10/27(月) 15:45:46 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

同感

皆それぞれ上手く作ってありますが、縄の締まり具合から、真ん中がベテランさんだと思います。
日本酒ならではの鏡割りの豪快さが、もっといろいろな場面で見られるようにしたいですね。

  • 2014/10/27(月) 19:36:45 |
  • URL |
  • 酒ひろし #-
  • [ 編集 ]

Re: 経験

駒ケ根の景気がいいって感じはしないんですけどねぇ・・・(汗)。
お祭りの年番の地区の方々の考え方も大きいですよ。
その地区の持っている予算にも関係するかも(笑)。
どれがベテランの作なのか分からないんですけど・・・。
若手の作はしっかりと見れば判別できると思いますよ(笑)。

  • 2014/10/28(火) 00:19:18 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: わたしも

そんじゃ、真中がベテラン作なのかなぁ・・・(笑)。
そんなに皆が言うんだったらそうなのかもしれません。
もっと近間で見れば、粗が見えてくるとは思いますけどね。
ま、こんなことで粗探ししてもしょうがないし(笑)。
鏡開きセットはどんなものなのか一度見てみたいなぁ・・・。

  • 2014/10/28(火) 00:21:46 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 同感

皆さん真ん中を押されてますね(笑)。
こんなに予想が出てくるなら、しっかりと覚えておけば良かったですね(汗)。
鏡割りも日本の文化だと思います。
多少お金がかかっても、いろんな場面で見られるようになるといいと思います。
海外の方の目にもきっとカッコよく写っているんじゃないですかね。

  • 2014/10/28(火) 00:24:15 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3055-83a6289c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad